> > > 無職でもキャッシングできる?

無職でもキャッシングできる?

無職でもキャッシングできる?

現在、自分は外では働いておらず無職なのですが、両親から譲り受けたアパートなどがあって収入を得ているので生活に困っているわけではありません。しかしこうした収入は定期的にお金が入ってくる反面、急な出費にはどうしても対応が出来ないところがあります。住んでいる住民からのトラブルを解消するためだったり、季節のあいさつや入退去へ報告等へのお返しなどがそうした出費の主なものです。こうした場合に備えて近々クレジットカードを作ってキャッシングを利用できるようにしたいと考えています

ですが世間的に見て家賃収入だけで生活しているという人間は内情が分からないため一見すると無職に見えることもあるようです。以前はこうしたものは単なるうわさと思っていたのですが、もしも金融機関までもそういう風に考えた場合、自分がクレジットカードを使ってキャッシングを利用することができるようになるか心配です。このようなケースは稀だと思いますが、自分のように無職であっても何かしらの形で収入がある者がャッシングを受けることができるのでしょうか?(参考ページはこちら→無職と融資の関係

無職でもキャッシングを利用できる

今は無職の人間であっても金融機関からのキャッシングサービスを受けることは可能です。ただし、その場合は何かしらの形で収入を得ていることと、それを証明するものが必要になってきますが、質問者の方がきちんと納税行っているのであれば問題はないでしょう。しかし無職というものはやはりイメージとして悪い印象を相手側に与える要因になりますので、少しでも確実にクレジットカードが欲しいと考えるのであれば個人事業主になることをおすすめします(参考ページはこちら→職業によって融資審査はどう変わるのか

個人事業主になる方法については簡単で、あなたの住んでいる地域の税務署にいっていくつかの書類に記載さえすれば誰でも個人事業主になることができます。この届出は一般的に開業届けというもので、これは記入された日から一か月遡って改行したことにできます。その際に白色申告をするか青色申告をするかの選択がありますが、家賃収入が多い場合は青色申告を利用した方が白色申告よりも多くの税金を節約することができます

こうした方法は最初の内は煩わしく感じてしまうことがあるため、中々利用に踏み切ることが出来ない人も多いようですが、もしもの時に備えてキャッシングを利用できるようにしておく、そのための審査を通りやすくするためにも職業欄に個人事業主であることを記載するのは一つの手段として有効だろうと思います

収入さえあれば無職でもキャッシングできる?

無職でもキャッシングできる?とお悩みの方はいませんか。結論からいえば、収入さえあれば無職でもできます。たとえば年金を受給している人や、株の配当金やFXなどでの収入がある人の場合は、キャッシングの申込はもちろん可能ですし、審査に通る可能性もまた大きいです。ただ、無職で収入がない場合は、まずお金を借りることは不可能です

なぜ収入が無いと、お金を借りられないのでしょうか。個人が、特に50万円ほどを上限としてお金を借りる場合は、無担保無保証が原則となっています。つまり、担保も保証人も必要とされないわけですが、その分その人の返済能力が問われるわけです。その返済能力を裏付けるものが何かといいますと、その人の収入となるわけです。そのため、収入が全くない状態でのキャッシングはできません。この場合は、バイトでもパートでも、何かの仕事を見つけて収入を得るのが一番の方法といえます。(参考ページはこちら→非正規雇用でも融資を受けるには十分

バイトやパート以外にも、家での内職などによってお金を得るのも、仕事による収入として認められます。内職の場合は、自営業という形で、勤務先を自宅にし、有限会社ABCといった具合に名前をつけて申し込むといいでしょう。またバイトやパートもそうですが、特に内職の場合は、キャッシング申込時の収入証明となる給与明細がありませんので、その場合は、報酬が振り込まれる銀行口座の通帳を準備するようにしてください。

ただし、どうしても家庭の事情で仕事ができない場合や専業主婦の場合は、家族の名前で借入を行うことになります。特に専業主婦の場合は、配偶者名義での借入となりますが、この場合、消費者金融での申込は気を付けるようにしてください。なぜかといいますと、配偶者の同意が必要になるからです。これは、消費者金融は総量規制による借入限度額があり、配偶者名義で借入を行うと、配偶者の借入枠が小さくなるためです。しかし配偶者に内緒で借入をしたい場合は、総量規制のない銀行を利用するのがお勧めです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY