> > > 他人名義のキャッシングカードで借金することはできるのか

他人名義のキャッシングカードで借金することはできるのか

他人名義のキャッシングカードで借金することはできるのか

自分は金銭面で悩んでいたので先日キャッシングで借金を行いました。少しきいてみたいことがあるのですが、自分の名前でなくて他人の名義のカードで借金することはできるのですか?できたとしたらやっぱりこれは違法なのですよね。

他人名義のカードでも借金することは可能

自分の名前でなくても他人の名義だったとしてもカードがあるなら借金することはできてしまう。キャッシングに申し込みをしたけど、借りられないと言った人にはたいへんうまい話。質問の通り、他人名義で借金をした場合は違反行為とみなされる。借金をするなら自分の名前で契約をして行うことが大切だ。
(⇒融資審査に通らない場合は何が問題?

キャッシングを使ったことがあるならわかると思うが、最近のサービスは非常に使い勝手がいいと評判になっている。契約もしやすくなっているところもあるから、個人を特定できる書類が盗まれでもしたら勝手に自分の名前を使われて、カードを作られてしまうという問題が起こることもある。問題も多いから、契約がしやすくて使い勝手がよすぎるのも考えものといえる。(参考ページはこちら→キャッシングはそんなに簡単に借りられるの?

自分の情報が載っている書類なんかは盗まれないようにして自分の身は自分で守るようにしましょう。注意することなのだが、この問題は自分の身近にいる人が犯人ということも少なくないようだ。身近の人なら自分の書類も手に入れることもできるし。大事な書類は自分でわかるところで、見つけにくいところで管理をしておくといいだろう。勝手に使われた場合の借金の返済はだれが行うのか?気になると思うが、犯人が分かれば自分で返済する必要がない。

もし犯人がわからなくて、犯人を証明することができなかった場合はカードの名義人が返済を行わないといけない。余計な支払いをしなければいけないし、いろいろとめんどうなのでこのようなキャッシングの問題にはできるだけ会いたくないものだ。勝手に名前を使われることに注意しなければいけないが、自分が持っているカードの紛失にも注意する必要がある。

紛失したカードをもし万が一誰かに使われでもしたら、この場合もカードの名義人である自分が返済を行う必要がある。これは紛失した時点でキャッシング会社に連絡をしておけば問題がないようなのだが、注意しておく必要もある。紛失してしまった場合は、すぐに連絡を取るということを覚えておくといいだろう。

まあ他人名義のカードであっても借金はすることはできる、ということだ。一応違反行為なので後でそれなりの判決を受けると思いますが。あなたもキャッシングを利用しているようだから、問題に引っかからないように注意しながら利用するようにしよう。

他人名義のキャッシングがもたらすリスクって何?

キャッシングはかつてから多くの消費者が利用するものとなっていました。借金であるため、期日を迎えたのであれば利息を付けて返済する必要がありますが、一時的にでも利用できるお金を増やすということは、家計にとって非常に有効に活用できることとなるのです。

このキャッシングは個人と法人の金銭貸借の契約ですから、そこには必ず法的な責任関係が生じることとなります。しかし中には審査を通過できないというような理由や、また別の都合などによって他人名義のキャッシングを行う人もいます。例えば友人や知人に対してお願いをして、審査を代わりに受けてもらうことによってキャッシングをするというような行為がこれに当たります。

しかしこうした他人名義のキャッシングには様々なリスクがあるため、絶対に行ってはならないのです。特に大きな問題となるのが、「他人名義のキャッシングは違反行為である」ということです。

キャッシングは契約を申請した本人のみがお金を借り入れ、返済することが認められています。であるにも関わらず名義人以外が利用をしてしまうと、それは契約違反とされ、発覚した段階で名義人に対して一括返済の命令が来ることもあり得るのです。そうなってしまうと名義人である友人や知人、家族に対して非常に大きな迷惑をかけることとなってしまいます。

また同様に大きな問題となるのが「返済不能に陥った場合」です。名義人ではない実際の利用者が利用をしていて、名義人である他人は全く利用していなかったというような場合に、返済不能になってしまうと、その返済の請求は名義人に対しても行われます。もし利用者が「利用したのは自分だから名義人には請求しないでほしい」と言ったとしても、聞き入れられることはほとんどありません。場合によっては裁判によってその責任関係や、返済するべき人をめぐって争うということもありますから、他人名義のキャッシングは絶対に行ってはならないことだと言えるのです。

キャッシングを利用する際には、必ず自身が名義人となって利用するようにしましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY