> > > パートなので審査の甘いキャッシング枠増枠できるところはある?

パートなので審査の甘いキャッシング枠増枠できるところはある?

パートなので審査の甘いキャッシング枠増枠できるところはある?

パート、アルバイトや学生、主婦など安定して継続した収入が見込めない場合、確かにカードローンやキャッシングの審査に通っても、利用限度額が低いでしょう。初めの審査の時に低い限度額でも、その後の返済の仕方次第で、増枠できることもあります。増枠してもらうにはそれまでの返済が、遅延することなく返していて信用を得ていないといけませんね。ある程度の期間遅延なく返済ができていれば、会社から増枠の案内が来ることもあるようですが、それを待っていられないのであれば、増枠の申込みをしてみるといいでしょう。(参考ページはこちら→もっとたくさん金融業者から借りる方法

ですが、増枠の申込み審査で落ちることもあります。ちょっとリスクがありますね。増枠せずに他の会社に申し込む人もいます。ただ複数の会社に申し込んでもそういった申し込んだという履歴も信用情報に登録されますし、複数社の返済日を管理するのも煩わしいです。それでおまとめローンといわれる、複数借り入れをまとめる借り換えもあるのです。
(⇒融資審査では何をもってして判断するのか

パートなのでキャッシングしたくても審査があまいところがいいのですが、今後もキャッシングの枠を増枠できるところはどこかありませんか?

パートは審査に通るおもいますが、増枠はその後の返済の仕方です

あなたの持っているクレジットカードにはキャッシング機能はついていればクレジットカードでキャッシングしては?クレジットカードはいろいろな特典がついていて、ポイントも貯まるし、お店の優待が受けられたり、マイレージがたまったり、私は使わないと損のような気さえします。そしてクレジットカードの機能には、海外旅行の保険がついていたり海外でもキャッシングできたり、ETC機能もつけれたり。キャッシング機能はすべての人についているわけではないのですが、審査に通ればキャッシングもできるのです。

確かにキャッシングの金利は低くないですよ。なので私の場合、無利息期間で利息が少なくなったり、返済日を待たずして一括返済したり、ATMでも場所によって手数料がかからない場合で利用します。キャッシングは借り方返し方次第で、できるだけ利息や手数料などかけずに利用して、助かっているときがあります。

わたくし事ですがキャッシングで大変助かりました。クレジットカードにキャッシング機能がついていたので、夫の給料日前に急にまとまった額の現金が必要な時でもATMでキャッシングできました。初めて利用する時はいろいろ不安で金利が高いかと、心配でしたが日割りで利息が付くので返済日前に早く返しました。少額だったのと返済日前に返したので、利息は銀行の時間外引出手数料以下でした。キャッシングの会社によっては○日間無利息をやっている時に借りると更に利息が減ります。

パートでもキャッシング枠増枠ができる審査が甘いローン

アルバイトやパートでもキャッシングサービスが利用できるようになっていますが、ローンは借りられてもキャッシング枠増枠はできないのではないかと心配される方が多いようです。

キャッシングサービスの利用可能額については各ローン会社で上限の除いて独自に決められます。そのため、かなり低いキャッシング利用枠になっている方も少なくないようです。ローンの借入可能額については総量規制が関係してくるので一般的には所得の3分の1を超える現金は借りられないと考えたほうが良いです。一部、金融機関の融資はこの制限が無いこともありますが、消費者金融のローンはすべて制限があると考えておくと良いです。

ただし、収入がかなりあり、総量規制にはまだ余裕が有るのに借入可能額が低いという方については特に制限は無いのでローン会社が設定したと考えるしかありません。利用可能額が低い場合にはキャッシング枠増枠を申請できます。その場合はいくつか考えておくと良いことがあります。

1つ目はは利用期間です。契約後すぐにキャッシング枠増枠をしても通らないことが多いです。最低でも半年以上たってから申請すると良いです。

2つ目は利用実績です。審査が甘いローンであってもキャッシング枠増枠については利用実績がないと通さないというローンも少なくありません。小額でいいので借りて返すという実績作りはとても大事です。

3つ目は所得が上がったから申請する場合です。アルバイトやパートは所得が上下することが激しく、特に仕事を増やした際に所得が急上昇する方も珍しくないのですが、アルバイトやパートでローンを通した場合は年収による審査となっていることが多いので所得が増えてもすぐに申請できません。審査は市町村が発行する所得証明書を利用することが多いので早くても翌年4月以降でなければ今現在の所得を証明できないので注意が必要です。

ただし、サラリーマンに転職した場合は数ヶ月経てば申請は可能です。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY