> > > 自己破産経験ありだけど審査甘いとこならキャッシングできる?

自己破産経験ありだけど審査甘いとこならキャッシングできる?

自己破産経験ありだけど審査甘いとこならキャッシングできる?

実は数年前に自己破産をしたことがあります。その後、もう借金はしないぞ!と思い、これまで頑張ってきたのですが、やはりどうしてもお金が足りず、どこかで借りれたらなあと思うのですが、過去の自己破産経験があるため、貸してくれるところがあるのかどうかが不安です。周囲の人に聞くと、自己破産していても何年かたっていれば、審査が緩いところは貸してくれるというんですが、それは本当なのでしょうか?
(⇒この場合はどんな金融会社を選ぶべき?

自己破産していても数年たっていれば借入可能

まず、自己破産したと言っても、7~10年ほど経てば、信用情報などからその事実は消えてしまいますのでそれだけの年数がたっていればまた、普通に借り入れができるようになっています。それよりも前に借り入れしたいというのであれば、自己破産歴があっても貸してくれるような審査が緩いところで借りるしかないですね。

自己破産歴があっても貸してくれる可能性があるのは小さな消費者金融だけです。銀行や銀行系、大手の消費者金融はわざわざ自己破産者に貸さなくても顧客はいっぱいいますので自己破産者は審査で落としてしまいます。しかし、小さな消費者金融は自己破産者であっても貸さないと顧客獲得ができないのです。もちろん、それだけのリスクを背負うのですから、確実に回収するために保証人や担保を求めることがあります。
(⇒融資の審査基準は大手と中小で違う?

ただ、貸してくれるとはいっても、あくまでも可能性です。自己破産直後はどこの消費者金融も貸してくれないでしょう。大体4~5年経ってからでないと貸してくれる可能性は出てきません。ですので、それ未満の年数しかたっていない場合は残念ですが諦めたほうがいいでしょう。

もう一つの注意事項としては、自己破産当時に借り入れしていたところ、つまり、自己破産したがためにお金を支払わずに済んだ会社からは、何年たっても、永遠に貸してもらえない可能性がとても高いです。信用情報とは別に顧客情報と言って、店で管理している情報に残してある場合があるからです。金融会社から見れば、せっかく貸したお金を返してもらえなかったという事実があるのですから当然かもしれませんね。

闇金は自己破産者でも貸す場合があるようですが、高利で貸し付けたり厳しい取り立てを行ってきたりします。しかも、法律なんて無視!な会社ですので誰も助けてはくれません。自己破産しようにも、もうすでに破産中ですし同市湯もないという状況に立たされてしまいますので闇金には手を出さないようにしましょう。

審査甘いキャッシングは自己破産の場合はどうなの?

「審査甘い」と言われているキャッシングが出来る貸金業者は沢山あります。インターネットの中にはブラックの状態でもキャッシングが出来ると言う金融業者が在ると言いますが、ブラックの状態でお金を貸す業者は、合法貸し付けを行う業者は無いのです。

また、「審査甘い」と言っても、お金を貸す上で重要な事は返済能力が在るのかどうか、申し込みに来た人は返済期日にきちんと返済を行ってくれるのが、また、返済は元金と利息を合わせた形でしはらってくれるのかと言った信頼性を重視していきます。(参考ページはこちら→融資審査で見るべきところは同じ?

利息と言うのは金融業者の利益になるものであり、利息を支払わずにいれば金融業者の利益は無くなりますので、それだけ売上と言うものが減少する事になります。それ故に、返済をきちんと行ってくれるのか否かが重要となるのです。

因みに、金融業者の中に闇金と呼ばれる業者がいます。悪徳とされている金融業者であり、高い金利を適用して貸し付けを行うのが特徴です。また、この金利は利息制限法と呼ばれる金利の法律を無視したものであり、違法行為を犯している業者であることからも利用すべきではないのです。

一般的な貸金業者は貸金業法と呼ばれる法律や、利息制限法で定められた上限金利を超える事無く営業を行っており、合法での貸し付けを行っているのが特徴です。

そのため、「審査甘い」と言っても、基準を満たしているか否かの確認を行った上で貸付を行っており、自己破産や延滞と言った金融事故を起こしている場合には審査に通ることは難しくなるのです。

また、自己破産と言うのは裁判所に対して申立てを行い、裁判所が破産を認めた場合に限り成立するものです。また、破産を認めるためには債務者の返済能力がゼロに等しいという条件が必要となるのです。

そのため、自己破産は返済能力が無いと判断された場合に限り認められるものであり、自己破産をした人と言うのは返済能力が有りませんので、個人信用情報に破産の記録が有れば審査に通ることは難しくなると言う事なのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY