> > > 勤務先が水商売でもキャッシングできますか?

勤務先が水商売でもキャッシングできますか?

勤務先が水商売でもキャッシングできますか?

キャッシング利用したいのですが、申込書に勤務先を書くと聞きました。勤務先が水商売ですが、審査に通りますか。(参考ページはこちら→キャッシングと水商売の関係

学生や専業主婦でもキャッシングできます

キャッシングの審査の時に、確かに申込書に職業や勤務先や勤続年数、収入面が安定しているか査定されますね。それによって借り入れ限度額なども決まってきます。どれだけ借り入れを望んでいるのかわかりませんが、大手企業に勤めているなどと違い、安定継続した収入ではないと判断されれば、審査に通っても限度額は多くは望めないかもしれませんが、今はがアルバイトをしている学生や、専業主婦でも配偶者の収入があればカードローンやキャッシングできますので、審査に通るのではないでしょうか。

ただ過去にキャッシングやカードローンの利用がなくともクレジットカードの利用で、引き落としができなかったとか、携帯電話の支払いがきれいに払えてますか。これらの支払いの仕方も返済遅延があったりとか、さらいに債務整理をしていたりなど金融事故的なことが過去にあると、審査に通りにくいでしょう。過去や現在の借り入れ状況や返済の仕方で遅延があったなど、信用情報機関でわかりますので、申込書に自分に不利な情報を書かなかったり、事実と違うことを書いたりするとわかります。意図的でなく書き間違えでも信用を得られないかもしれません。審査に通らなくなるかもしれませんので、事実に忠実に書きましょう。

キャッシング、カードローンを申込み審査を受ける時、勤務先や勤務先の電話番号などで、勤務先に電話がある事があります。すべての企業ではないですが、在籍確認のためです。ただかかってきても、銀行や金融会社を名乗るわけではなく、個人名でかかってきます。カードローン会社からかかってきたとはわからないでしょう。そしてあなたがいなくてもあなたの在籍の事実が証明されればいいのです。勤務形態が正社員でなくても、アルバイトでも同じことです。

キャッシングもカードローンも審査では、継続して安定収入のある人かどうか、つまり返済能力があるかなど見極められるのですが、その要素として職業も関係してきます。水商売は職種として不利でないとは言えません。安定している職業ではないですので、借り入れの限度額も低くなりがちです。学生やアルバイトでも借りられることはできるので、過去の借入履歴や金融事故などなければ借りられるのではないでしょうか。今後の返済の仕方次第で、借りられなくなることもありますので無理のない借り入れをしましょう。

勤務先として水商売でもキャッシングができます

水商売はローンを組めないと言われてきました。ローンの審査では所得と借り入れのバランスがチェックされますが、以前のローン審査ではさらに職業での審査がありました。

それは勤務先などをチェックして定期収入が確実にあるかを確認することです。そのため、アルバイトやパート、年金生活者などの無職扱い者、また、学生は利用できないことが多かったのです。この中で水商売は特に職場を点々とすることや、辞める方も多いと言われていたこともあり、ローン審査ではほとんど通らないという場合が多かったようです。

しかし、現在のローンの多くは職業での審査がなくなっています。職業での審査がない代わりに所得と借入状況のチェックに重点が置かれるようになっています。所得については水商売の場合は月収制ではなく、不定期収入の扱いになってしまう方も多いようですが、確定申告をしていれば市町村が所得証明書を発行してくれますので年収によるローン審査を受けることができます。

年収による審査は最近のローン審査の特徴であり、職業による差別を無くした画期的な方法と言われています。年収による審査によってローンを利用しやすくなった方がとても多いです。このため、キャッシングのような現金を直接借りられるローンは組みづらかった職業の方にも利用が進んでいます。ただし、借入可能額については単純な収入と借入状況のバランスだけで決まりませんので注意が必要です。

借入可能額については収入の3分の1が目安となりますが、他の借り入れがある場合にはそれも含めて所得の3分の1が限度となります。この計算をする際、気をつけたいのは住宅ローンや車のローンなどは含まないことが多いという点です。また、奨学金についても考慮しないというローンも増えていますので、借入希望額を設定する際は申請書類をよく読んで計算しておくと良いです。また、所得が上がった際も年収による審査が必要となるので翌年まで限度額アップを申請できないのも要注意ポイントです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY