> > > キャッシングに保険証必要?なくても申し込める?

キャッシングに保険証必要?なくても申し込める?

キャッシングに保険証必要?なくても申し込める?

キャッシングに保険証必要?別になくても申込める?もし必要ってことだったら他に代わりになるものってない?

別に保険証出したくないってことじゃないけど他ので良ければそれがいいなと思って。どうなの?

キャッシングを申し込むときは身分証明書の提出が必要

キャッシングの申し込みにはいくつかの必要書類があります。それがなければ申し込むことはできませんし、申し込みはできたとしても契約することは出来ません。必要書類の1つが身分証明書です。身分証明書は本人を証明するものですから、どのキャッシング先でも必ずチェックされます。どこの誰なのか、生年月日はいつなのか、どこに住んでいるのか、どこに勤めているのかなどの基本情報を知るため、そしてそれが本当かどうかを確かめるために必要なものが身分証明書なのです。

身分証明書として認められる書類はいくつかありますが、その1つが保険証ですね。保険証が社会保険証であれば氏名と生年月日、雇用先と勤続年数を知ることが出来ます。どこで勤めているのかということは収入を得る先を知る上でとても重要ですから、保険証が重要視されるのも頷けます。

保険証が必須というキャッシング先もありますが、多くのキャッシング先では保険証以外でも身分証明書と認めてもらえるケースがあります。例えば運転免許証とパスポートですね。運転免許証は写真がついていますから本人確認書類としてはかなり有用ですし、パスポートも同様ですね。住所、本籍地を知ることが出来るというのも魅力です。きちんと所在が分かるという事は、万が一何かあった時に連絡を取る方法があるという事ですからね。逃げられてしまっては困りますから、連絡がとれるように所在確認をしておくことは重要です。

キャッシング申し込みの必要書類に収入証明書がある場合もあります。収入証明書はその名の通り収入を証明するものです。給与明細書でOKというところもありますが、その際は連続した直近3か月分、そして直近の賞与明細書の提出をしなければいけない場合が多いですね。一番確実なのは源泉徴収票や確定申告書です。課税証明書や納税通知書も収入を証明できる書類になりますが、どの書類を有効としてくれるかについてはキャッシング先に確認しておくと確実です。

ただし、収入証明書は提出不要というキャッシング先も少なくありませんし、借入希望金額が高額になった場合のみ提出、というキャッシング先も多いです。課税証明書を取りに行くと手数料がかかりますから、取り損ということにならないように気をつけましょう。

キャッシングの申し込み時:キャッシングに保険証必要?

キャッシングに保険証必要?、と言う疑問を持つ人が居ますが、これは必ず必要ではありません。保険証は健康保険証の事であり、本人確認を行う目的で必要になるのです。(参考ページはこちら→融資における本人確認の方法について

尚、本人確認は写真が掲載されているもの、住所や電話番号、生年月日などが記載されているものがベストで有り、これらを満たしているのが運転免許証なのです。しかし、運転免許証と言うのは誰もが所有しているわけではありません。車の運転をするための免許証ですので、車を運転しないと言う人の中には免許すら所有していない人も大勢いるのです。

運転免許証が無ければキャッシングの申し込みの時に本人確認を行う事が出来ませんので、この場合は健康保険証が必要になるのです。因みに、運転免許証や健康保険証と言う書類は、インターネットなどでの申し込みの場合、原本を使うのではなく、コピーとなる写しを用意しておけばよいのです。また、インターネットでの申し込みでは、運転免許証や健康保険証はデジタルデータにしてメールなどで添付する事になりますので、コピーではなく、スキャナーを使ってデジタルデータにする必要が有ります。
(⇒ネットからの融資の申し込みとなると勝手も違う?

最近のインクジェット方式のプリンターなどにはスキャナー機能が搭載されている製品が有りますので、それを利用してスキャンを行えば良いのです。もし、スキャナーが搭載されているプリンターを持っていない場合などでは、携帯電話やスマートホンなどについているカメラなどを利用して撮影する事で本人確認用の資料を作成する事も出来るわけです。

尚、本人確認書類と言うのは、申し込み者であることを証明する目的で利用する書類であり、申込書に記載されている住所や氏名、生年月日などと本人確認書類でもある運転免許証や健康保険証に記載されている内容を照合して、本人であることを確認する目的で利用する事になるのです。また、健康保険証には顔写真などが掲載されていませんが、キャッシングの申し込みの中では顔写真はそれほど重要なものではなく、住所や電話番号、生年月日と言った情報が重要視されるのだと言われているのです。
(⇒融資審査に必要だからこそ重要視されている本人確認

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY