> > > ブラックリストに入ってキャッシングを借りるノウハウについて

ブラックリストに入ってキャッシングを借りるノウハウについて

ブラックリストに入ってキャッシングを借りるノウハウについて

返済をしようと思っていたけれどもできなかったとか、いろいろな理由でブラックリストに入ってしまうこともあるかと思います。いいことではありませんし、どちらかと言うと恥ずかしいことかと思いますが、それでも生活はしていかないといけません。必要なお金もたくさんあるでしょう。

であれば、ブラックリストに入ったところでキャッシングを借りることもできたほうがいいと思うのです。何かブラックリスト入り指定ながらもキャッシングを借りることができるような、そんなノウハウのようなものは合ったりするのでしょうか。

ブラックリストに入ったらキャッシング業者は諦めよう

ブラックリストに入ってもお金を借りることも必要というのはたしかにそのとおりでしょう。そういう時期もありますし、生活は続いていくわけですから必要です。ただし、ノウハウのようなものは基本的にはなくて、キャッシング業者からブラックリストに入った時点でお金を借りるのはやめるしか無いでしょうね。特に大手の場合はかなり厳しいので時間の無駄になってしまいます。(参考ページはこちら→大手だとやっぱり融資の審査基準もシビア?

しいてノウハウというのであれば、ブラックリストに入った時にキャッシング業者や消費者金融に頼らなくてもいいような、そんな状況を作っておいたほうがいいということです。ひとつは貯金をたくさん作ることですが、貯金しているくらいならキャッシングでお金を借りることもないでしょうから、それは難しいと思いますもう一つは知人や親戚・地方業者から借りるという方法です。

知人や友人というのはブラックリストに入ったからといって別に付き合いを変えるわけではないでしょう。血のつながりがある親戚や親兄弟も同じです。こういうところからはブラックリストに入ったとしても借りることができる可能性は高いですから、借りられるような関係性は作っておいたほうがいいと思います。

もう一つの地方の業者から借りるというものですが、これは地方の中小零細の消費者金融を利用するというものです。大手の全国区のものや銀行系カードローンについては信用情報の問題から借りることはまずできないでしょう。しかし地方の業者であれば、貸してくれる可能性も高いのです。信用情報でのブラックリストなどを気にしないという人も多いからです。(参考ページはこちら→安心して使えそうな中小消費者金融を探す

ですのでこれらの関係性を作っておくということは必要になるかと思います。ブラックリストに入ってから急にお願いをしても厳しいですから、常々関係性を保つための努力をしておかないといけないでしょう。そうすればいざというときにでも頼ることができるというわけです。

ブラックリストの方はキャッシングで借りる事が出来ません!

キャッシングを利用出来る消費者金融では、他社の消費者金融と共有のブラックリストを持っています

ブラックリストとは、色々な消費者金融から借入し、返済が滞っている人達が掲載されています。キャッシングはパソコンや携帯電話などから簡単に借入出来る事から、簡単にお金を借りてしまう方が多いのです。しかも、学生や主婦、フリーター、年金暮らしの無職の方なども借入が出来るのです。アルバイトやパート、年金や保険などの一定の収入あれば、審査に通るのです。5万円などの少額から借入が出来るので、若い方も簡単にキャッシングを利用してしまいます。

キャッシングの利用は最初はお金を借りる事に対して不安がありますので、少額の金額でも緊張して借入しますが、何度もお金を借りる事を繰り返しているとお金を借りる事に抵抗が無くなって行くのです。最初は一社だけだったのが、数社から借入し、その内借金が膨大な金額になり、その結果返済が滞って行くのです。返済出来なくなった方は、ブラックリストに載ってしまい、一般の消費者金融は何処も貸してくれなくなります。

お金を借りる事が出来ないと返済も出来ず、結局闇金からしか借入する事が出来なくなる状況になります。闇金は誰でも簡単にお金を貸してくれます。しかし、金利は高く、取立ては強引です。放って置くと利息はどんどん吹膨れ上がり、利息の返済だけでも大変な事になるのです。取り立ても自宅は勿論、勤め先にも来る事があります。勤め先に電話が直接来てしまうと会社に借金をしている事がバレて、会社に居られなくなります。自宅にも来ると近所にバレてしまう事にもなります。最終的には、自己破産となってしまうのです。

キャッシングは大変便利ですが、あまりにも簡単に借入するのは止めましょう。お金の借入は突然の入院や生活費が足りないなど、本当の緊急時のみの利用に留めて、ブラックリストに載るまでの借入は決してしないで下さい。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY