> > > 通りやすい使い道がキャッシングの審査であると聞きました…

通りやすい使い道がキャッシングの審査であると聞きました…

通りやすい使い道がキャッシングの審査であると聞きました…

最初にキャッシングをするときにどういうようなことにお金を使うのかっていうのを書きますよね?キャッシングの使い道ということですけれども、審査の通りやすい使い道というのがあるというのを聞いたことがありますが、それはどういうものなのでしょうか?
(⇒融資審査に通るコツ

実際に借りたとして、通りやすい使い道を書いた場合には、借り入れしたお金というのはそのとおりに使わないといけないものなのでしょうか?どういうふうになっているのか、審査との関係なども教えて守らればと思います。

審査の通りやすいキャッシングの使い道というのはない

どういうことのためにキャッシングを使うのかということで、色々と紙に書かないといけないし、ネットで申し込みをするときにも書かないといけないと思うのですが、この時に使い道によって借りられるかどうかが変わるというようなことは昔から言われていますね。実際にはそんなことはないと、最近では結論付けられています。

なぜならたくさんのもともと消費者金融などで働いていたという人が証言しているからなのです。消費者金融にはそれこそいろいろな目的のためにお金を借りたいという人がやってくるようです。慰謝料を支払うとか養育費を支払うとか、デートのためだとかそれこそいろいろです。生活費や旅行というのが多いと言われていますが、この部分で審査を落とすことはないと証言されています。

なのでこの証言はだいぶ信ぴょう性が高いということで、まず使い道によって変わるということはないだろうと考えられているのです。おそらく使い道によって変わるなら多くの人は生活費であるとか子供のためにというような、良いことのためにお金を使うというように書きたいでしょう。しかしそれが本当かどうかはわかりませんから重視していないと言われています。

なので特に何を書いてもらっても問題はないし、審査に影響はないと考えてもらっていいかと思います。ただし落ちるようなものも中にはあるので、そういうものは正直に書かないようにした方がいいでしょう。例えば借り換えのための借入と言うのはダメというところも多いですから借りたお金で借金返済をしたいというのはやめておきましょう。また事業のためというのも禁止されています。

こういったやめておいたほうがいいことだけは避けて、後は自分の好きな様に使い道については書いても問題がないということです。それ以上に今は返済してくれる人なのかどうか、ということだけを見ているというように考えられるので、返済可能性を上げるほうが重要でしょうね。
(⇒キャッシングで借りたお金は原則自由に使えます

キャッシング審査で通りやすい使い道はどんなのがある?

キャッシングの申し込みをすると、確実に使い道を聞かれるかと思います。本音としては旅行をし体だとか、日々の生活費のちょっとした補てんに使いたいだとか、高い買い物をしたいなどの理由があるかと思います。しかし、そういった個人的な理由だとあまり審査に通りにくいというイメージがありますよね。(参考ページはこちら→実際どんな事が融資審査に落ちやすくするの?

では、どういった理由が審査に通りやすい使い道となるのでしょうか。基本的には冠婚葬祭を例に動機を上げてみてはどうでしょうか。お葬式でも百万円以上のお金が必要となりますし、結婚ともなりますと自分たちが式を上げるにしても非常にたくさんのお金が必要となります。そういった冠婚葬祭を動機にしてキャッシングの申し込みをすれば相手も納得してくれるはずでしょう。
(⇒ちょっとした事でも融資審査結果は変わる?

また、他の動機としては引越しや急な出張などを上げるのも良いかもしれません。引越しと簡単に言っても、引越し業者への依頼や、引越し先への敷金や礼金の支払い、そして家賃の振込、さらには最低2カ月分の生活費などが必要となるはずです。貯金をしていない人にはこれらのお金はかなり痛手ですよね。出張も同様に、いくら収入があるとはいえ貯金が無ければこれらの引越しのイベントに対応するのはかなり難しいと言えるでしょう。このように、突発的な引越しイベントもキャッシングの使い道としてはまっとうな理由に入るはずです。

キャッシングをいざ契約するとなって、いざ悩むのがキャッシングの使い道ですよね。やはり、使い道として述べるべきなのは、大量の出費を強いられているという動機が一番良いかもしれません。上記に挙げた冠婚葬祭や、引越しや出張以外にも、病気の治療費や教育費などの理由を述べることができるかもしれません。考えればたくさんあるでしょう。なるべく、自分の贅沢に理由を述べるのではなくて、致し方ない使い道を理由とするのが一番良いかもしれません。この点、しっかりと契約と申し込みの際には相手にはっきりと伝えるようにしましょう。
(⇒融資の申し込み前にしておきたい事まとめ

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY