> > > 保証人って必要?キャッシングのホントを教えてください

保証人って必要?キャッシングのホントを教えてください

保証人って必要?キャッシングのホントを教えてください

借金するといえば保証人の話がつきものだけど、今じゃ保証人なしでもカネが借りれるなんて聞いたんだよね。知らない相手に保証人ナシで融資なんてあるの?ないの?

ありですよ!アリ!保証人なしでもキャッシングできます

保証人なんか必要ありません。借入れしたら返済を保証してくれればいいわけですから、あえて言うのであれば仕事をちゃんとしていることぐらいでしょうかね。保証人を立てるとなると、相手は友人だったり親類だったりして借金を全て返し終わるまで、お互い顔を合わせるたびに信用の問題がついてまわりますよね。そうなると、どんなに借金をちゃんと返していたって、「いつか裏切られるかもしれない…。」なんていう保証人の神経たるや5年~10年~30年…、半端じゃないですよね。正直な話、信頼関係なんて保証人になった時点で破綻してしまったって感じで。保証人のために友人や親類じゃないって感じですよね。
(⇒仕事をしているかどうかは金融業者にとってとても大事です

「保証人だけにはなるな!」と親から教わったことがあると思いますが、その通り。連帯保証人にも保証人にもなっちゃダメですよ。手錠をはめられて状態で生活しているみたいで。保証人になると、それなりの「借り」をつくるメリットにもなりますが。きっと結構な借金の額の(連帯)保証人でしょうから、自分の借金の(連帯)保証人になってもらうという手もありでしょうね。互いに腹を割って話せる相手同士ならいいでしょうが、人間関係があまり濃くない社会で「保証人」は無理があると思います。

そこで身近なキャッシングというのは保証人というのがありません。そして無担保なんです。融資も即日が基本。これって凄くないですか?やはり普通は見知らぬ相手に10万近く貸すなんてしませんよ。でも今のキャッシングがこれが出来るんですね。初めて会ったお客さんに「保証人ナシ」で融資が出来るワケは、審査の方法にあるんだと思います。キャッシングがブームになったころなんて、もう10年以上も昔の話で、これまでの情報が蓄積されているので信用情報というものを基本に融資することが可能になったんです。

これまでの「保証人」で信用を繋いでいたのが、個人の信用できる情報に置き換わって融資をするんです。このノウハウって銀行にはできなかったんですね。けれども「信用情報」というクレジットカードの使用履歴やこれまでの借金や返済実績を個人ごとにまとめて情報を収集、蓄積することによって保証人ナシで融資が出来るようになっています。「信用情報」って、クレジットカードを作るとその時点から、個人の返済能力の情報が蓄積されるので、いざ直ぐにでも現金の借入れをしたいという時に、消費者金融などカード会社が融資のために参照できるようになっているため、迅速な審査が実現しているのです。審査ほ信用情報をもとにしていますが、これだけが審査のすべてではありませんのでご注意を。
(⇒融資審査は油断しているとすぐに落ちます

わたしの親戚も今、キャッシングでやり繰りしていますが、保証人がないというだけで誰にも迷惑をかけないからストレスが減ってイイなんて言ってましたよ。実際に返済はちゃんとやれているみたいですし、何も問題がないようです。借金をしっかり返してまともな人生ですし、保証人がなくて個人の信用だけでここまでできるというのは不思議に思えるかもしれませんが、余計な負担を確実な情報で審査というほうが、「保証人」よりも正確なのかもしれませんね。借入れしたい人が、借入れできるようになるには。

【参考ページ】
担保も保証人も必要無い融資について

キャッシングするためには保証人必要になるのか

借金は、かなり多くの方の人生を巻き込むことになることもあります。借金するときには、まずは自分の収入状況が大切になってきますが、それ以上に保証人の存在が重要になってきます。しかも、身内以外にももう一人、連帯保証人が必要になってくることがあります。そのような場合には、全く関係のない他人を、その借金に巻き込むことになります。その人間関係に信頼関係がきちんと成立しているのであれば、ほとんど問題ないのでしょうが、信頼関係を破壊してしまうことにもつながりかねませんから、そのことを覚悟しておく必要があります。

基本的には、銀行で借金をするときには、間違いなく保証人が必要になります。さらに、かなり大きな金額の融資になるときには、非常に重要な契約を交わすことにもなりますから、相当関係が強固なものでなければ、連帯保証人になることはできないでしょう。現実問題として、連帯保証人が見つからないために、借金をしたくてもできない、という方が多いのです。
(⇒融資の審査では必要になる条件もそれぞれで違います

それに比べて、キャッシングの場合には、大抵の場合には保証人必要なものは少ないです。ですから、気軽に他人を巻き込むことがない、という点では負担が少ないです。また、保証人がいないために借金ができない、というリスクも回避することができます。ですから、キャッシングは負担が軽いのですが、保証人が必要ないということは、全責任を本人が背負うことになります。

保証人は、最悪の事態に陥った時には助けてくれることがありますが、保証人がいない場合には、そのような救済措置もありませんから、かなり深刻な事態に陥ってしまう可能性もあります。ですから、キャッシングは、自己責任の下に借金ができるというメリットがありますが、その分、自分自身の行動には責任をより持つ必要があるということになります。保証人必要になるキャッシングもありますが、そのような場合には、上限額がかなり広めにとってあったりしますから、その分、借金に幅ができるというメリットがあります。
(⇒たくさんのお金を借りる方法

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY