> > > 就職内定中にキャッシングローンに申し込むと内定取り消しになる?

就職内定中にキャッシングローンに申し込むと内定取り消しになる?

就職内定中にキャッシングローンに申し込むと内定取り消しになる?

就職を希望している企業から内定をもらいました。就職活動のためにバイトをやめて就職活動に集中していたのでこれから残りの学生生活を楽しみたいと思っています。就職活動を理由に断っていた友達の誘いもこれからは応じていこうと思いますが、バイトをやめていたのでお金がありません。

バイトも始める予定ですが、キャッシングローンも申し込みたいと思っています。仕事を始めればそれなりのお給料をもらえるので今だけでもお金を借りようと思っているのですが、就職内定中にキャッシングローンに申し込むと会社にばれて内定が取り消しになったりしますか?
(⇒内定だけで融資を受ける事は可能?

就職内定中にキャッシングローンに申し込むと内定取り消しになる?

キャッシングローンの申し込みは個人情報なので就職先にばれることはないので内定が取り消しになることはないでしょう。仮に、何かの理由で会社にわかったとしても借り入れ自体は個人の自由ですし、会社に迷惑さえかけていなければ取り消しになることはないと思います。

ただし、就職先が金融機関の場合は気を付けた方がいいですね。申し込みなどの個人情報は金融業界では確認することもできます。例えば自己破産者などは金融関係などのお金を扱う仕事には就けないので就職前にキャッシングローンの利用がわかると内定が取り消しになることもあるかもしれません。

キャッシングローンを利用されることは悪いことではないですが、遅延や滞納などは絶対にないように心掛けて返済されるようにした方がいいとは思います。現在はバイトもされていないということであればキャッシングローンで借り入れることは難しいでしょう。ほとんどのキャッシングローンの最低条件は20歳以上の安定した収入がある方となっています。

借り入れ限度額というのは収入によって月々の返済額がどれくらいあるかということを査定して決定されます。すなわち、収入があるから返済できるという信用が成り立っています。収入がない場合は返済能力がないと判断されるので審査には通らないですね。

一番手っ取り早い方法としては派遣会社に登録するという方法があります。キャッシングローンの提出書類には勤務先を記入する欄があり、本当に勤務しているかを確認する在籍確認というものがあります。勤務先を派遣会社にしておけば、働いているという証拠となるので借り入れができるようです。派遣会社によって対応が違うので絶対に借りられるという保証はないですが、現状バイトを探して働き始めてから借り入れ申し込みするよりも簡単に申し込みができる方法だと思います。

キャッシングで内定取り消しになるのでしょうか?

カードローンは学生でも利用することができます。審査が早くて、突然の出費に備えるには便利です。キャッシングの業者によっては、利用限度額を設定せずに貸し出しを行っているところもあります。気になるのが、カードローンを利用している場合に、内定取り消しがありえるのかどうかという問題です。

先に結論を言ってしまうと、カードローンの利用は内定には関係がありません。その人の借り入れ状況は信用情報機関で確認すれば知ることが出来るのですが、利用できるのは貸金業者に限ります。たとえ、大企業であっても個人の借り入れの状況を確認することはできません。確認する場合には、本人の同意が必要になります。勝手に調査を行うことは許されていません。大学が調べることもできません。
(⇒融資審査の為なら借入状況をチェックされます

現在はカードローンの悪いイメージも払拭されてきています。では、貸金業に就職したい場合はどうなるのでしょうか?個人のお金に関する問題は、貸し付け与信判断の時のみに利用できると決まっています。つまり、就職活動はお金を借りる行為ではないので、貸金業の会社であっても個人の借金の状況について勝手に調べることはできません。面接などで、自分から話してしまうようなことがない限りはプライバシーはしっかり守られるということになります。

そもそも、会社に言う必要のない情報に関しては話さないのが一般的です。万が一、詮索が入るようなことがあれば、怪しい会社なのかもしれません。興信所は個人破産者の場合にしか調査をすることができない決まりになっています。以前は、業者の人が実際に家を訪ねたり、近所の人たちに聞き込み調査をすることがありました。しかし、それは昔の話です。現在は、プライバシーは固く守られるようになってきているので、調べられることはありません。

もし、カードローンでお金を借りている場合でも、就職活動とは全く関係がないことなので、別の問題として処理することを心がけましょう。
(⇒貸金業者の今の姿

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY