> > > キャッシング断られたのですが他社では大丈夫でしょうか

キャッシング断られたのですが他社では大丈夫でしょうか

キャッシング断られたのですが他社では大丈夫でしょうか

キャッシングを断られたのですが他社では大丈夫でしょうか(参考ページはこちら→何故融資審査に落ちてしまったのかを考える

審査の基準は銀行や消費者金融ごとにそれぞれですから大丈夫

キャッシングを断られるケースは様々です。銀行や消費者金融ごとにそれぞれ審査の基準は違う、とされていますが、その内容が公開されることはありません。そのため、審査に落ちた場合に、その理由は確定しません。しかし、考えられるパターンは色々とあります。まずは、単純にその銀行や消費者金融の審査の基準に合致しなかった場合です。初歩的な所では、年齢が対象外だった、安定した収入がなかった、勤続年数が浅かったなどが挙げられます。

もう1つは、現在までのあなたのカード利用歴です。他社で既にキャッシングカードを利用していた場合に、もう解約をしていたとしても、過去に踏み倒している、返済が期日を過ぎてしまうことが多々あった、などの利用履歴があると、それはブラックとして判断され、その情報は金融機関で共有されてしまうのです。その場合は、その問題をクリアにすることは難しく大手ではもう断られると覚悟した方が良いでしょう。

次に、債務整理をしていた場合です。これもいわゆるブラックと判断されてしまいます。過払い請求も同じです。この場合は、ご利用になっていた系列の銀行や消費者金融からは借り入れをすることは出来ません。また、およそ10年経たないとブラックという情報は消えないと言われています。街金などでは、現在の返済能力次第で貸してくれるところもあるようなので、街金を当たるしかないでしょう。少し金利は高めです。

次に、他社からも既に借り入れをしている場合の額です。消費者金融の場合は、総量規制という法律で年収の1/3を超える貸し金ができなくなっています。新たにご希望の額と合算して総量規制の額を超えるようであれば、もちろんキャッシングは断られてしまいます。しかし、銀行は銀行法に則り営業しているので、総量規制は関係ありません。この場合は返済の能力を認めてもらえれば、借り入れすることは出来るケースもあります。

始めに申し上げた内容とすこし重なる部分があるかもしれませんが例えば、無職である専業主婦は消費者金融の審査を通過することはできません。消費者金融は安定した収入のある人を対象にしているからです。銀行のカードローンは利用できるところも沢山ありますよ。また年金のみが収入である場合もキャッシングは狭き門になりつつあります。なぜなら、年金の受給できる年齢が引き上げられてきているからです。退職後、再雇用先を見つけておくことがキャッシングを利用するためには必要です。

しかし、以上の様な内容を知った上で、キャッシングを断られたことに疑問をお持ちの方は、諦めずに1社申し込んだら審査の結果を待って、駄目であれば、また他社に申し込むということを続けてください。何社も申し込んで、審査を通過できなくても、あきらめずに審査を受け続け最後には受かったという話はよくある話なのです。注意点は複数の会社に同時に申し込まないことです。頑張ってくださいね。

キャッシングが断られた理由は自分だけに原因があるわけではない

キャッシングは申し込みをすれば誰でも利用できるものではありません。申し込みをしても、場合によっては断られてしまうことがありますが、これは申込者に何らかの問題があることがほとんどです。

キャッシングの申し込みには、申込書に必要事項を記入し、本人確認をするための書類が必要になります。本人確認ができる書類は、申込者が本人かどうかを確認するためのもので、一般的には運転免許証があれば問題ありませんが、健康保険証やパスポートでも可能です。引越しをしたばかりで運転免許証と住居の住所が異なっている場合は、現住所を証明するために住所の記載のある公共料金の領収書や住民票のコピーなどが必要です。

キャッシングの借入額が50万円を超える場合は、収入を証明するために源泉徴収票や給与明細、確定申告書などが必要です。給与明細の場合は直近の2ヶ月分の明細書と1年分の賞与明細を提示します。

しかし、これらのことを行っても断られたというケースがあります。申し込みの際に住所や職業などの情報に嘘を申請していないか、他の借入の有無、遅延・延滞の有無、短期間に複数の金融会社に申し込みをしているという場合は、審査に通りません。

住所不定の場合や勤続年数が1年未満である、転職を頻繁にしている場合は返済能力があやしいとみなされます。また、キャッシングの申し込みをした金融機関に親族や会社の同僚が借入をして、返済状況が悪い場合も断られてしまいます。さらに、他社から借入していて延滞をしている、したことがある場合も断られる可能性が高くなりますし、短期間に複数の金融会社に申し込みをすると、信用情報機関に登録されてしまい、1ヶ月から3ヵ月はその情報は残ります。複数の金融会社からお金を借りているという状況は、お金に困っていて返済が難しいと判断されてしまうことがあります。このような状況を申し込みブラックと言い、ほぼ借入することはできません。どうしても申し込みたい場合は、半年ほどが経過してから改めて申し込みをするとよいでしょう。

このように、キャッシングを断られる理由は、本人だけに原因がある場合ばかりではなく、自分に近い親族や会社の同僚などの借入状況も審査の対象になっています。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY