> > > 現在無職ですがキャッシングカード限度額の増額審査を検討中です

現在無職ですがキャッシングカード限度額の増額審査を検討中です

現在無職ですがキャッシングカード限度額の増額審査を検討中です

現在無職が審査でキャッシングカード限度額を増額というのは可能でしょうか?実を言うと、つい最近になって無職になったというだけで、収入についてはまだ発生しているような状態なのです。また、将来的には手当などを受け取れるようになっているので、ローン返済について困っているわけでもありません。
(⇒融資増額でまず必要なのは何かを考える

また、無職が審査でキャッシングカード限度額を増額するという場合には、どれだけの金額で増額がされるようになっているのでしょうか?他にも、カードローンとキャッシングやクレジットカードなどを使っていく場合には、どれを率先して利用するようにしておくと、増額しやすいのかも教えてください。金額は10万円程度の増額でいいと思っています。

無職の際には増額は検討次第となります

大事なことなので回答を先に行っていきますが、基本的に無職が審査でキャッシングカード限度額を増額させるのは難しいとなっています。これは業者が意地悪なので、そのような対応がされるというわけではありません。そうではなく、キャッシング業者などでは個人信用情報をネットやシステムのみで管理出来るようになっているので、今は仕事をしていて収入もあるような素振りをしていても、後でバレるようになっているからです。

ちなみに、過去において増額が行われた場合であっても、規制などによって減額対象となった場合には通知がくるようになっています。これらを退けて使っていると、カードローンとキャッシングなどを同時に使えないようにされるケースもあります。基本的に減額については、あくまでも自己責任となっているので、勝手に減額がされるケースというのは少ないのです。ですが、無理に無職が審査でキャッシングカード限度額を増額させようとしている場合は別です。

このような場合には、何度も増額申請をされているはずかと思います。何度も落ちるような状態になっているはずなのですが、その際には業者のほうで返済不能の可能性を考えて、あらかじめそのような対応をしているのです。ただ、あくまでもカードローンとキャッシングの場合にそのようになっているだけです。クレジットカードなどについては、基本的に審査が甘くなっているので、無職が審査でクレジットカード限度額を増額というのは可能です。ただ、クレジットカード業者は対応がスピーディーでないケースが多いので、2週間ほど経過して増額となる場合が多いので注意してください。
(⇒無職のうちは融資とも距離を置くべし

キャッシングカード限度額の増額審査は無職でも通ることができる

みなさんはキャッシングカードはお持ちでいらっしゃいますでしょうか。突然現金が必要になってしまったときにはとても便利に使うことができるキャッシングですが、時には少し限度額を増額して万が一の事態に備えたい、という方もいらっしゃることかと思います。(参考ページはこちら→そもそも融資限度額って増やせるの?

しかし、キャッシングカード限度額の増額というものは所定の審査が必要になるものですので、今現在無職の方は審査には通らないとあきらめてしまっている方も中にはいらっしゃるかもしれません。しかし、そんなことはありません。無職の方でもキャッシングカード限度額の増額は十分可能なのです。(参考ページはこちら→無職の融資活用術

もちろん、定職をお持ちの方と比べて審査に通りやすいかと言えばそれは間違いになってしまいますが、キャッシングカード限度額増額の審査には、今までの返済に滞りがないかどうかという点が大いに関係してきます。そのため、毎回借りたらきちんと返すことができているのであれば、それはそのまま実績としてみなさんの信用度につながるのです。ですから、無職の方でもその信用度が高くなっていれば十分に実現可能であるということが言えるのです。

そのためには、借りたら返す、無理な使い方はしないなどの普段の行動が大切になってきます。しかし金利を高く払え、などといった無理を押し付けているわけではありませんので、要は当たり前のことを当たり前にできる人であるということを金融機関に示し続けていれば良いわけです。

普段キャッシングを利用する人であればあるほどその実績は積み重なっていきます。もし本当にみなさんがキャッシングカード限度額の増額をしたいということであれば、ある程度の実績を持っている方は初めから無理だと決めつけずに一度審査をお願いしてみましょう。希望通りの金額にはならずに、すこし少ない金額に落ち着くこともありますが、申し込む価値は十分にあるはずです。返せる範囲の限度額に設定して、うまく状況に応じて使っていくと良いのではないでしょうか。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY