> > > キャッシング審査をすり抜けるにはどうすればいい

キャッシング審査をすり抜けるにはどうすればいい

キャッシング審査をすり抜けるにはどうすればいい

お金が必要でキャッシングに申請を出していますが、どうしても審査をすり抜けることができません。いくつか申請して見たけどどこも結果は同じでだめでした。キャッシング審査ですり抜けるにはどうすればいいのか教えてほしいです。いろんなところで審査に落とされているのでやっぱりキャッシングは無理で、あきらめたほうがいいのでしょうか。
(⇒融資審査で何がチェックされているかを考えよう

キャッシング審査ですり抜けるためには

キャッシングの審査ですり抜けるためには、やっぱり自分の状態をよく見直してみることではないでしょうか。質問者さんはいくつか申請を行いすべてだめだったようなので、落ちた理由を見つけて直しておくこと。審査でだめだった理由は詳しく教えてもらうことはできませんが、直しておかないといくら申請を行ったとしてもすり抜けることはできないでしょう。

キャッシングに申請すると自分の仕事のことや収入のこと、自分の情報が審査されることになります。これは借金を行っている会社によって基準が違ってくると思うのですが、審査をすりぬけるためには自分の情報も必要な項目です。今だったら、ネットにたくさん情報があるので審査ですり抜けやすい属性を知ることも可能です。「キャッシング 審査」などのキーワードを使って自分で調べてみるといいでしょう。すり抜けやすいコツなどさまざまな情報があるのでとても参考になります。検索の仕方は上記以外のキーワードでももちろんオッケーです。自分で何かいいキーワードを思いついたのなら検索を行ってみるといいでしょう。
(⇒融資で仕事はどれだけ大事なのか?

借金などの情報でよく「ブラックリスト」ということを見かけることも多いかと思いますが、このリストに自分の情報が載ってしまうとキャッシングの審査をすり抜けることは難しいです。質問者さんが前に借金を行ったことがあるのかわかりませんが、あるならブラックリストに載っていてすり抜けられないことも考えられます。今回の申請の前にもキャッシングを利用したことがあるなら前の情報もよく確認してみてください。ブラックになってしまっていて、借りられないということも結構あります。

まあキャッシングの審査をすり抜けることができない理由はたくさんあります。上記に書いたとおりネットで検索してみると理由を知ることができます。お金を借りたいならよく調べてみてください。キャッシングはローンの種類によってさまざまですが、カードローンなんかはお金に困ったときにとても心強いです。すり抜けられなかった理由を調べて、改善することができたらもう一度申請を行ってみるといいでしょう。

キャッシング審査でのすり抜けは不可能です

キャッシング審査では、通るかどうかが不安で中には嘘をついてすり抜けをしようと考える人もいるかもしれませんが、嘘はやめておいた方がよいです

審査で嘘をつく場合は、職務歴が短い場合や収入が少ない場合、他社からの借入などがあるなどそれぞれ通りにくい状況になっているときです。しかし、嘘を書いて申し込んだとしても相手はプロですから誤魔化しは出来ません。

その理由に、勤務先の情報などは個人信用情報に登録されているためです。個人信用情報機関には、個人の借入や申込状況の他にも住所や勤務先などの情報なども登録されています。登録された日にちなどもしっかりとされているので、勤務先などで嘘をついたり、職務歴などをわざと長く書いても違うと簡単に知ることが出来ます。

また、勤務先に入社したときや退社したときは、源泉徴収票にそのことが記載されていているので提出をしたときにわかります。最近は、原則として収入証明書の提出が不要になっている会社が多くなってきましたが、限度額が高い場合や他社からの借入などがある場合は、収入証明書を提出する必要があります。

消費者金融での貸金業法では、限度額が50万円を超えている場合や、他社からの借入と今回の契約の合計が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要です。

他社からの借入なども同じく個人信用情報に登録されていますから、ごまかすことは出来ません。キャッシング会社で審査を担当している社員は、豊富な経験と知識を持っているプロが行っていますから、雇用形態や従業員の規模や職業などによって賃金相場などもわかっていることもあります。専門家を素人が騙してすり抜けようとしても、ほぼ無理と考えた方がよいです。

もし、嘘をついて申し込んだことがわかってしまうと審査も通らなくなりますし、その会社に正しい情報で申し込んだとしても二度と信頼はされなくなってしまいます。万一、上手くすり抜けて通ったとしても、後からわかったときのペナルティも大きいです。申込時には、嘘などはやめて正しい情報できちんと行いましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY