> > > 山形銀行のカードローンキャッシングについて教えてください

山形銀行のカードローンキャッシングについて教えてください

山形銀行のカードローンキャッシングについて教えてください

カードローンキャッシングを始めようと考えています。消費者金融のカードローンも良いのですが、なんといっても銀行のカードローンが安心できて良いかなと思っていて、地元の山形銀行のカードローンが今の第一候補です。山形銀行のカードローンキャッシングについて、他の金融機関とくらべたときのメリットやデメリットなど教えてください。(参考ページはこちら→銀行からの融資の主な特徴

山形銀行のカードローンでは、特に小額借入時の金利が安いです

山形銀行のカードローンで特徴的なのは、金利と、収入証明書不要という点です。金利については、特に10万円程度の小額の借入時の金利が、最安値とまではいきませんが、非常に安くなっています。高額借入時の金利も銀行のカードローンらしく安いものですが、特徴的なのは、小額借入時の金利の安さです。

ちなみに、一般的な傾向として、銀行のカードローンの金利は消費者金融や信販会社よりも低くなっています。金利が安いほど、審査には通りにくくなるのが通例ですので、審査の通りやすさでいえば、一般的に消費者金融の方が銀行よりも通りやすいといえます。(参考ページはこちら→比較すれば分かる金融業者毎の特徴

カードローンの審査で収入証明書不要という金融機関はかなりあるのですが、たいていは、たとえば利用限度額50万円まで、といった条件付きになっています。そういった金融機関では、利用限度額50万円超のカードローンを申込むときや、利用限度額を増額して50万円超になる場合には、収入証明書の提出が必要になります。山形銀行のカードローンの場合は、特に条件がなく収入証明書不要としているところが特徴的です。

山形銀行のカードローンでは、即日振込にも対応しています。山形銀行の預金口座があれば、来店不要でインターネットで申込むことができ、正式な契約は郵送になるようですが、それでも審査に長い日数が必要になることはありません。もちろん、電話や郵送での申込にも対応しています。

カードローンの場合、個人事業主や専業主婦、パート、アルバイト、年金収入の人が利用できないものもありますが、山形銀行のカードローンではそういうこともありません。契約時の年齢が条件内で安定した収入があれば申込むことができます。もちろんカードローンの審査に通らなくては契約できませんので、ある程度の年収と、その年収の安定性と、他からの借入が無いか十分少ないことが必要になります。

カードローンですので、もちろん無担保無保証人のキャッシングなのですが、山形銀行のカードローンでは、外部の消費者金融が保証会社として介在することになります。カードローンの審査は、その保証会社が行います。もし、返済の延滞が繰り返されれば、その保証会社が債務の弁済を利用者に代わって行うことになります。この場合、以降のカードローンのサポート窓口は、山形銀行から、その保証会社に変更されることになります。

銀行のカードローンの場合、山形銀行に限ったことではなく、外部の保証会社を利用するのが普通です。たいていの場合、保証会社としては、優良な消費者金融会社が選ばれます。銀行では、消費者向けの金融についてはそれほど豊富なノウハウを蓄積しているわけではないので、カードローンという消費者向けの金融を扱う上で、外部の消費者金融会社を利用するのは合理的といえます。

消費者金融は当然消費者向け金融の豊富なノウハウを持っているので、適切でスピーディーな審査が行えますし、銀行からみれば貸し倒れのリスクが回避できることになります。銀行は、カードローンの保証を外部の消費者金融に依頼して貸し倒れリスクを回避するかわりに、金利の一部を、その外部の消費者金融に支払うことになります。

カードでもネットでも選べる山形銀行のキャッシング

山形銀行は山形県山形市に本店を置き県内の内陸部を主要拠点とする地方銀行ですが、仙台や東京にも支店を置いています。そのため、地方のカードローンではありがちな営業管轄内という居住地域の条件も、東京のみならず東北の中心都市である仙台に支店があるので申し込み可能なエリアは広域にわたっています。

キャッシングの種類をあげてみますと、必要なときに必要な金額を借り入れできる「山形銀行カードローン」と、目的に合わせてインターネットのみでの融資が可能な「ネットローンサービス」の2タイプが代表的です。

ひとつめの「山形銀行カードローン」は、利用できる人の条件が他の銀行系カードローンに比べて柔軟であることが特徴です。契約時の年齢が満20歳から70歳までとなっており、専業主婦やパートタイマー、アルバイトはもとより、年齢制限の上限が高いため年金受給者までもが審査をパスすれば借り入れ可能としています

また審査を通過しカード到着前に融資を受けたい場合は、融資の限度額範囲内であれば返済用の預金口座に融資金を振り込むことが可能です。また公共料金やクレジットカードの引き落とし等で預金残高が不足していた場合でも、自動融資機能を申しこんでおけば、自動的に不足分の金額が融資され、余分な遅延損害金を払う等の無駄を回避することができます。

いっぽう「ネットローンサービス」は山形銀行本店の営業地域内に居住する人限定になるものの、ホームページで申し込み内容を入力するだけで審査結果の報告を受けることができる便利なキャッシングサービスです。たとえば、エフリィと命名されたフリーローンは、インターネットを利用した仮審査の後、来店だけでなく書類への署名や捺印は一切不要で、金利もさらにお得なコースとなっています。(参考ページはこちら→ネット申し込みは非常に楽です

気になる融資の可否にかんする回答も午後12時までに申し込みをすれば、原則として即日に融資が可能か回答してもらえるので、山形市およびその周辺に居住し山形銀行の総合口座を開設している人なら是非とも利用しておきたいキャッシングであると言えます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY