> > > 専業主婦で無職ですがキャッシングできるのか

専業主婦で無職ですがキャッシングできるのか

専業主婦で無職ですがキャッシングできるのか

現在専業主婦で無職です。急に現金が必要になり、夫の給料日には返せるのですが、キャッシングは利用できますか?(参考ページはこちら→無職で融資を受ける方法はあるの?

無職の専業主婦向けカードローンでキャッシングできます

専業主婦や無職の安定した収入のない人は、基本的にはキャッシングは難しいでしょう。貸し手も年収の3分の1以上は、お金を貸してはいけない「総量規制」という2006年に成立して2010年より施行されている法律により、特に銀行以外の消費者金融系の貸し手業者は、専業主婦には貸してくれるところは、ほぼないのではないでしょうか。ただまったく借りられないわけではありません。借りられる方法はあります。

先ほどのように消費者金融系では借り入れは難しくても、では銀行はどうかというと、やはり専業主婦に限らず、無職の安定した収入がない人はには基本審査が通りにくいかと思いますが全くないわけではなく、たとえば某銀行では専業主婦向けカードローンがあってそこでキャッシングすることができます。金額にもよりますが、収入証明書も不要で配偶者の収入証明書も不要です。つまり銀行のカードローンを利用する方法が1つあります。

もともと専業主婦など収入がないか低い人は、高額は貸してくれませんが。ただ不利な点は、金利が高くなりがちです。専業主婦や無職のように返済能力が低いし、借り入れ額も低くしか借りられません。そして金利は高いかもしれませんが、計画的に借りて、返済できる計画の元借入しましょう。夫の給料日までにどうしても、数万円必要で。ということが多く、専業主婦の借入額は10万円に満たない、少額を借りることが多いようです。

銀行のカードキャッシング以外に、専業主婦がキャッシングするには、「配偶者貸し付け」というかたちで借りることです。「配偶者貸し付け」とは、無職の専業主婦が借りる場合、まず結婚していることを証明できる書類(戸籍抄本や住民票など)と配偶者の借り入れを行う同意書が必要です。そして借り入れ額を決めるうえでも、借入額によっては、夫婦の収入の3分の1まで借り入れられるので、配偶者の年収を証明する書類が必要です。こういった書類だけでも、なかなか手間のかかる手続きなので、少額を貸すために貸し手業者側は、専業主婦には貸したがらないようです。

審査がゆるくて借りやすいのは、消費者金融系の会社のイメージがあったのですが、今は総量規制もあり、専業主婦やパート、アルバイト、学生も銀行で借り入れでき、銀行からの借り入れ利用者も増えているようです。ただ収入が低いと借入限度額も当たり前ですが、低いです。借り入れできるからと、容易に借り入れせず、返済を計画的に見据えて、借入しましょう。

【参考ページ】
専業主婦がお金を借りる為に必要な物

専業主婦なら無職でも銀行系キャッシングが利用できます

専業主婦は、専業ですので、自分には収入がない。そういう意味では無職と同じです。だからキャッシングが利用できないわけです。(参考ページはこちら→融資による専業主婦の扱い

キャッシングは基本的に事業資金の融資は出来ませんので、融資したお金は必ず何らかの自分の収入で支払うことになります。そう考えると、収入のない無職の人は無条件に利用出来ないのももっともなことだと言えるでしょう。

特に消費者金融では、自分の年収の1/3までと言う総量規制がありますので、収入のない無職の人は専業主婦の人も含めて利用できないことが明快に決まっています。しかしやはり例外もあります。

それは銀行のキャッシングを利用することです。銀行は総量規制を定めている、貸金業法対象外ですので、年収の1/3といった具体的な規制はありません。そのことかrあ、やはり通常は無職の人には融資しないのですか、専業主婦の人にだけは、配偶者の人の収入があるという前提でキャッシングの融資をしています。もちろん利用できる金額は多くはありませんが、それでも多くの銀行は50万円程度まで利用できるとしてます。

年収の1/3なら150万円の年収が必要な金額ですから、年収なしで借入できる金額としては決して小さくはないでしょう。また誰もが50万円借入できrわけではありません。30万円くらいの場合もあります。またそれ以下になる場合もあります。ただしどこの銀行でも専業主婦向けにキャッシングを提供していると言うわけではありませんので、まずは専業主婦でも利用できると宣伝しているところへ申し込むのが良いでしょう。

また銀行同士で利用残高をチェックしているので、何社もから借り入れても総額で多く借入できるわけではありませんので、何社にも申し込むのは得策ではありません。最初に自分に向いているサービスを提供している銀行を選んで、そこに集中して利用するようにするのが信用を育てると言う意味でも有利ですので、出来る限りそうする方が良いでしょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY