> > > 学生でもセゾンのキャッシングは利用できますか?

学生でもセゾンのキャッシングは利用できますか?

学生でもセゾンのキャッシングは利用できますか?

近々、学業の専門化に伴って今までよりも多くの講義を受けるため通学にかかる時間を少しでも節約して勉学にあてようと考え、地元を離れて大学の近くにあるアパートを借りて学校に通いたいと考えているのですが、直前に下調べをしたらアパートの家賃の支払いやネットの契約、他にも家電製品や家具など結構な額の物入りになりそうなのでカードローンを利用したキャッシングをしたいと考えています。そこで質問なのですが、学生でもセゾンのキャッシングは利用できますか?(参考ページはこちら→学生という立場でも融資は可能?

はい。学生でもセゾンのキャッシングは利用できます

前提条件として貴方の年齢が20歳を超えていてアルバイトなどで定期的な収入がある方でしたら、セゾンカードを使ったキャッシングを自分の意志で契約して利用することができます。しかもセゾンカードの場合ならキャッシング金額が50万円までなら収入証明書は原則不要です。さらに振込手数料もセゾン側が全額負担してくれる上に、全国14万五千代以上のATMやCDを利用することもできます。この中には最長で24時間の利用ができる店舗や土日祝日にもキャッシングに対応している店舗があるので、困ったときにすぐに利用したい場合にはとてもありがたいです
(⇒融資の審査基準はどうなってるの?

キャッシングが必要な場合は急な時が多いですので、申込みの際の素早い対応と現金を引き出せる場所がたくさんあるという幅広いサービスは、新生活を始める上での物入りな時に非常に便利です。このほかにもセゾンカードは主婦や契約社員にパート従業員といった幅広い層に支持されているカードローンですので、学生であっても計画的に借りて、きちんと返済するのであれば利用に関しての問題は全くありません
(⇒パートにも支持されている融資とは

ここで、少しでもいいな?と思ったら一度セゾンのホームページなどから詳しい内容を自分の目で確認してみてはどうでしょうか?さらにセゾンの場合、インターネットを使った申込みに関しては店舗に自分の足で向かう必要がありません。申込みに必要な書類をこちらで用意さえすれば全国どこからでも申し込みが出来ます。質問者の方は学生でしかも勉学に取られる時間が増えてきているとか。そういった方にはこうした申込みの手間が省けるのは大いに利用できる点です

そこからの全体の流れを軽く説明すると、まずこちらから申込みを行って、それをセゾン側の担当が審査して、そこから本人確認などの様々な手続きを経て契約完了という流れになっています。急な入用があって即日の振り込みも可能ですので、急ぎの場合はスマートフォンアプリを使えばさらに楽に手続きが行えます

セゾンの学生でも利用できるキャッシング10

セゾンはクレジットカード会社としてさまざま商品を続々と販売している会社の一つで大変人気があります。そのセゾンが始めて好評なのが学生向けのキャッシングサービスです。

学生向けのローンといえばこれまでも物を購入する際のローンは提供がありましたが、現金を貸しだすサービスは最近増えてきたサービスと言えます。キャッシングサービスについては所得と借り入れ状況の確認が主に行われます。学生の場合は無職扱いですから通常のローン審査では不利になることが多く、親が保証人になったり、そもそも親が契約して家族カードとしてサービスを利用する方が多かったようです。

しかし、学生が自分の責任の範疇で利用したいと考えた場合、契約できるサービスが少ないと言われていました。そこで、セゾンは学生でも利用できるキャッシングサービスを提供しています。通常のサービスに比べて一部制限はありますが、使い勝手はほぼ一般のサービスと変わらず、また、独自の特典も多く用意しているので利用者が増えています。

一部制限されているのは借入可能額です。収入が少ないこともあり、一般のサービスの最低貸出可能楽である30万は多すぎることが多いです。そこで10万円までの貸出可能額も設定できるようにしたことで利用しやすくしています。貸出可能額は法律で所得の3分の1を超えてはならないという制限があります

そのため、年収で30万円を超えた収入があれば貸出可能となります。一般のカードローンなどでは最低貸出可能額が30万以上担っていることが多く、アルバイトで年収100万円を超える収入を得ている方は少ないこともあり、利用が難しいと言われています。月に3万から5万円程度のアルバイト収入が多いと言われている方々に向けたキャッシングサービスとしては10万円はベストな設定金額となります。また、卒業後、就職した際にも利用実績があるのですぐに利用可能額を上げられることもメリットとして考えている方も多いようです
(⇒融資が受けられる最低限の年収とは?

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY