> > > 日雇いの派遣だとキャッシング厳しい?返済は自信有りです

日雇いの派遣だとキャッシング厳しい?返済は自信有りです

日雇いの派遣だとキャッシング厳しい?返済は自信有りです

会社員なんて社畜……俺は自由に生きたいんだ……日雇いでも派遣でも、自由には替えられないぜ……なんて思っているわけではなく、単純に新卒で就職に失敗して数年、今に至ります。新卒というカードを有効利用できないまま社会に放り出されてしまいました。仮面留年すれば良かったかもしれないんですが、学費の問題で……実家があまり裕福ではないもので。とほほ。

でも派遣で日雇い仕事でも、毎日それほど困ることはありません。まとまったお金が貯まりにくいからそこだけは気をつけないといけないんですけど、それさえ心がければ暮らしやすいです。現場仕事だと気の良い人も多いし、日雇いという形態でも、同じ現場に長く入ることも多いので、知り合いも増えて楽しいです。これは(負け惜しみじゃなく)会社員では味わえない経験かもしれないです。

でもやっぱりまとまったお金が必要になった時は困ります。今がまさにそう。ちょっと緊急にお金が必要なのでキャッシングを考えてるんですが、ああいうのは審査がありますね。自分は派遣、しかも日雇いですからどうしたものかと思って……。特に在籍確認の電話はどうすればいいのか、とか。返済は本気で自信があるんですが、まず審査に通るか通らないかの問題があります。自分の場合だと厳しいですか?
(⇒派遣は融資審査に通るのか?

日雇い派遣でも定収があればOK!派遣会社で在籍確認!

社畜って凄い言葉ですよね。同然昔からある言葉ではないので、出来たのは最近でしょう。よくこんな言葉を思いつくな~とそのセンスに脱帽しますが、実際に社畜をやっている人からすれば切ない響きがありそうですね。私は社畜というほどではありませんが、自由に生きている人を見るとちょっと羨ましくなる程度には社畜なのかもしれません。

しかし社畜になれなかった自由人というのも面白いものですね。そのメリットを大いに享受して色んな経験を積んでいるようで何よりです。それはそれで羨ましいな、と素直に羨む私です。確かに会社員では味わえない感覚でしょうね。

でも日雇いの派遣というのは、キャッシングには不利だとよく言われます。はっきり言ってしまうと銀行のお堅い系には難しいことは確かですが、比較的申込者への門戸が広い銀行系はそうでもありません。そして何より強いのは消費者金融。お金のやりとりに特化した消費者金融は、初心者でもスムーズに問題なく利用することができるでしょう。

日雇いの派遣でも一定の収入があれば問題ありません。貸したお金を返せる人なのか。キャッシング会社の人の注目点はそこだけです。返済能力があれば全く問題ないとも言えます。

また、キャッシングの審査で必須とされているのが在籍確認です。これは申込書に書かれた会社に本当に在籍しているか?ということを確認されます。これも本当に返済能力があるかどうかを審査するための項目と考えて良いでしょう。この在籍確認、派遣の人は登録している派遣会社に行われます。登録していてリアルタイムで仕事がある派遣なら、会社側がきちんと調べて対応してくれるでしょう。

派遣会社によっては、こういう電話を受けるには事前の申請が必要だとしているところもあります。本人が出られることがまずないので、間違いのないようにという対策だそうです。あなたも申し込みの時に、派遣会社に連絡して、キャッシングの確認電話が来るという話を通しておいた方が後々スムーズになるかもしれませんよ。

日雇いや派遣でキャッシングを利用する際のポイントとは

キャッシングでは、申込者の雇用形態により審査へ通過出来る確率が変化する事があります。これは勤務先が変わる事が多い日雇いや、派遣という働き方をしている場合に該当する要因で、予め基本的なポイントを理解しておくことで、キャッシングの審査に上手く対応することが出来るようになるのです。

この融資の申し込みでは正社員という雇用形態が高く評価されることから、日雇いや派遣といった就労形態が審査に影響を及ぼす事があります。これは貸し出しにおいては収入の安定性が重視されるためで、転職などを複数回繰り返している場合も、審査に影響を及ぼす可能性もある為に注意が必要になるのです。

しかし、正社員として企業に勤務してない場合でも、このサービスを利用する事は十分に可能で、融資を受けやすい金融機関や特定のサービスを選ぶことで、雇用形態に係わらず融資を受ける事ができます。しかし、銀行などの大手金融機関のサービスの場合は、審査基準が厳しくなるところも多いので、より審査基準が緩和された消費者金融系のサービスなどを選んで申込みすることがポイントとなるのです。
(⇒審査に通りやすい金融業者を探してみよう

また、キャッシングの審査で重要なポイントに勤続年数があり、このサービスへ申しこみを行う際には、勤続年数という項目が重視されないサービスを選択することが必要になります。非正規雇用での就労の場合は、半年程度の勤続年数が確認できる場合は、審査に通過出来るサービスもある為に、事前にこのような審査基準が緩和されたサービスを探し、申し込みを行う事が重要になるのです。

また、キャッシングでは現在の借入れ件数や、他社を含めた借入の総額が重要なポイントになりますが、このような審査項目に関する基準も加味した上で、審査基準が低い消費者金融系などのサービスへ申し込みを行なう事が重要になります。各キャッシング会社で、審査項目で重視する項目はそれぞれ異なる為に、申込みの前に検証しておく事が重要になるのです。
(⇒消費者金融を使う為に大事な事は何か?

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY