> > > 未成年キャッシングすぐには借りれないってホント?

未成年キャッシングすぐには借りれないってホント?

未成年キャッシングすぐには借りれないってホント?

キャッシングは未成年お断りってホント?

そうですね。未成年はキャッシングはできません

未成年はキャッシングができません。たとえ18歳であったとしも10万~30万近くのまとまった現金が必要なときってないでしょ。どうしても欲しいものがあって現金が必要なときは家族会議で「お小遣い」をもらうといいですね。例え10代後半とはいえ利息を加えて返済をしてゆくのは、負担が大きいものです。知人からまとまった現金をせがまれたら、自分で解決しようなどとは思わずに警察や家族に相談したほうがいいですね。

未成年がキャッシングを利用する目的として学費などがありますが、学費のために多額の現金を必要とする場合は奨学金の制度があるんです。これを利用するといいでしょう。未成年にキャッシングをしない理由は、キャッシングでのトラブルが絶えないこと。給料を得て自活をしている成人であれば、生活のためにセーブしなきゃいけない生活費もあるし、バランスの取れたおカネの使い方が出来るけど、未成年者の場合は現金を使う理由がほとんど遊びだったりするわけでしょ。

「お小遣い」を使っての買い物で少し使い過ぎた、2000~3000円損した気分になるぐらいならカワイイけれど、カードを利用し始めると「損した気分」では済まされず、「実際に5万~10万の損」を一度の買い物でしてしまう恐れがあります。カードで借入れできる額が大きいので、損も大きいんです。返済の時に利息や振り込み手数料まで必要になりますので。カードで現金を借りいれ返せばいいという話では全くないんですね。
(⇒融資を受けるなら小口を意識しよう

学校の先生は、宿題を忘れても猶予してくれるでしょうがキャッシングの場合はそうはいきません。ペナルティーとして一度でも返済を怠ると延滞損害金が出ます。「どうしても許してくれ」なんて話はなく、すでに契約で延滞した場合は延滞損害金を支払う同意を交わしています。月々の返済が確実に来てしまうので、今月は風邪をひいてしかも学校のテストも重なってバイト収入が少なく、返済できなかったではキャッシンング会社は都合をつけてくれません。キャッシングもビジネスで、利益で売上を伸ばしている以上は未成年者が風邪をひこうと学校のテストがあろうと関係ないんです。

このようにキャッシンングをしてしまうと未成年者が学業に専念できない環境になってしまいます。「未成年者」という法律でも保護され、就労の義務からも免除されている間は一生懸命勉強をした方が得策ですね。大人になると本一冊読む時間だってありません。わざわざ勉強の時間を作ってお勉強するために収入をつぎ込む人だっているわけですから、学生時代はとりあえずキャッシングで頭がいっぱいになるのは止めた方がよさそうね。

未成年キャッシングすぐ利用するためには、どうすべき?

未成年の場合、キャッシングを利用することは実際問題として難しいといえます。

これは貸金法によって未成年への貸金が禁止されていることが理由です。とはいっても、未成年は誰もがキャッシングできないというわけではありません。定職に就いており、安定した収入がある場合は未成年キャッシングすぐ利用も可能です。また親と同居しているような場合は、親の収入から審査を行うこともあり、それに通過すればキャッシングが使えるようになります。(参考ページはこちら→お金を借りる為には欠かせない審査とは

ただし注意したいのは、街中の小さなキャッシング会社で、未成年も学生もOK、収入がなくてもOKと宣伝しているような場合です。先にも述べたように、基本的に未成年に貸金することは法律違反となるのに対し、やたらと甘い条件だけをうたっているようなところは金利が高かったり、後々のトラブルに発展する可能性が高いと思いましょう。

未成年キャッシングすぐ利用したいというのは、なかなか難しい問題といえます。しかしながらいくつか方法はあり、例えばすでに持っているクレジットカードのキャッシング枠を使用するという方法なら、手間をとらずにキャッシングすることができます。この場合高額は無理だと思いますが、ちょっとした予定外の出費などは賄うことができるでしょう。

学生で未成年であり、なおかつまとまった額が必要というのであれば、学生ローンを利用するのも一つの方法です。これはクレジットカードのキャッシング枠を利用するようにすぐ、というわけにはいきませんが、学生対象のものですから、比較的ハードルが低いといえます。また利用する側にしても扉をたたきやすいのではないでしょうか。

未成年の場合、アルバイトなどでもよいのである程度収入があるとキャッシングに対するハードルがぐんと低くなります。ですがもしアルバイトもしていないような場合は、親の同意書を提出すればキャッシングの審査に通りやすくなります。自分の状態を把握しておけば、自然ととるべき道が開かれてきます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY