> > > キャッシング審査では年収が多くてもブラックなら意味ないです?

キャッシング審査では年収が多くてもブラックなら意味ないです?

キャッシング審査では年収が多くてもブラックなら意味ないです?

聞いた話なのですが、お金を借りる為のキャッシング審査では、どれだけ収入が良くてもブラックリストに登録されていれば関係無いってきいたのですが、本当ですか?

私自身はブラックリストでも無いし収入も目立って良いわけではありません。ただ、収入が良ければ借り放題なのがキャッシングの姿だと思っていたので、収入が多くてもダメなケースがあるというのが少し驚きがあるという感じです。近々キャッシング用のカードを作ろうかなと思っていたので、この情報というのはやけに気になってしまう感じなのです。気にしても仕方が無い事かもしれないと思う反面、気になる以上は調べてはっきりさせておきたい…なんていっちょまえに考えてしまうのです。

というわけでして、キャッシングにおいて収入が多くてもダメなケースとして、ブラックリストは影響しているのかを教えていただけませんか?そうした制約があるとしれば、利用も慎重になると思います。無駄遣いしない為の自制としても、是非ご意見をお聞かせ願います。
(⇒融資審査では年収が全てではない?

確かにブラックでは収入が多くても無意味ですね

キミの言う通り、収入が多いっていう事は融資審査を受ける上では大きなアドバンテージだろう。仮に年収が1500万あったとしたら、総量規制がある消費者金融であっても最大で500万まで借りられるという算段になる。年収がそこまで高い人というのはほとんど居ないだろうけど、収入が融資に直結するというのは、疑う余地が無い事実と言えるだろうね。試しに自分の収入と総量規制を比較して、今の借りられる限界額を診断してみるのも参考になるだろう。

しかし、ここで気になる要素がブラックリストだ。ブラックリストというのは、お金を借りたのに返済に遅れて延滞してしまったり、或いは自己破産をして借金を帳消しにしてしまった人たちの俗称とされている。この状態は信用情報機関を通してほとんど全ての金融業者が把握可能となっているから、一度そうなってしまうとどの金融業者からもそう見られると思った方が良いだろう。お金を返せないと言っているようなものだから、融資が受けにくいのは当然だろう。

でも、仮にそうしたブラックリストになった後、ビジネスが大きく成功して短期間にて億万長者になる…そんな可能性は0とは言えない。そうなると金融業者も手のひらを返してくる…と言いたいけど、それは現実的では無いんだよ。つまり、ブラックリストの効力というのは収入を大きく上回っているという事になるわけだ。

だって例え年収が1000万を超えていても、返済日を守らない事や無駄遣いしてお金が一切残らない人っていうのは存在し得るわけだ。そしてブラックリストに登録されている以上、そうしたリスクが高いのは誰の目にも明らかだろう?だから、ブラックリストというのはそれだけ罪深い事をしてしまったという自覚が必要で、その記録が消えるまでは質素に生きていくしかないんだよね。

ブラックリストが想像以上に厳しい状態だと分かったなら、これからもそうならないように気をつけて生きていくべきだね。
(⇒最悪の場合、ブラックリストでも使える金融業者がある?

キャッシングで年収やブラックなことを偽ってもわかってしまう

キャッシングに申し込むときに、年収は審査の中でも重要なポイントになります。年収が高いほど審査には有利ですし、融資限度額も高くなります。消費者金融では、総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上は借りられません。そのため、年収が多い方が借りられる幅も大きくなります。

中には、少しでも融資限度額を上げるために水増しして申し込む人もいるかもしれません。しかし、嘘をついて水増ししても審査では見破られてしまいますから通ることはないでしょう。原則的に収入証明書が必用なときには、それが証拠になって直ぐに知られてしまいますし、不要の場合でも審査のときにおかしいと判断されると、改めて収入証明書などの提出をしなければなりません。

また、貸金業者は審査のときに判断するために情報機関の情報を確認しますから、そこで本当のことがわかってしまいます。情報機関には、借入や申込状況、名前や勤務先や住所などの情報が登録されています。そのため、他の借入や勤務先などで嘘をついても直ぐにわかります。また、ブラックになっていると、その記録もある一定期間は登録されていますから、その情報が消えるまでは申し込んでも審査に通りません。

更に、個人情報機関以外にも貸金業者は審査のために独自の情報を持っています。かつては、総量規制などもなくかなり緩くなっていましたが、現在は厳しくなっているため誤魔化しはききません。この職業でこの会社で、この程度の規模で、このぐらいの年齢だったら大体はこのぐらいだろうという情報を持っていますから、それよりも明らかに高すぎる場合は、おかしいと判断されてしまい収入証明書などの提出を求められます。

また、似た属性の人の過去の返済状況などを見て、その人が延滞をしていたり債務整理などを行っていると審査に響いてきます。審査で最も重要になるのは、返済能力があるかどうかです。確かに年収が高い方が有利ですが、それよりも少なくても安定した収入があるかどうかが重要になります。水増しして書いても審査に落ちてしまえば意味がありませんから、正しく書いて収入が安定していることをアピールした方がよいです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY