> > > ブラックリストでもキャッシング可能かどうか知りたいです

ブラックリストでもキャッシング可能かどうか知りたいです

ブラックリストでもキャッシング可能かどうか知りたいです

キャッシングってブラックリストに自分の名前が載ってしまったら、利用することはできませんか?過去にキャッシング、お金を借りていて返済事故を起こしてしまった経験があります。多分ブラックリストに載ってしまっていると思うのですが、この状態でキャッシングが可能なのか知りたいです。

ブラックリストに名前が載ってしまうとキャッシングは厳しい

ブラックリストに名前が載ってしまうと借入できないことはないが、キャッシングは厳しいだろう。お金の借入はあきらめるか、リストから自分の名前が消えたらの借入になる。自分の名前はお金を完全に返済してから5年たつと消える、といわれてるからそれまで待つしかない。ちなみに、返済が終わっていないと消えることがないから借入した額はきっちりすべて完全に返済をしておく必要がある。

キャッシングは便利だが、ブラックリストに載らないよう計画的に利用しないとお金に困った時に自分がとても困る。すでに載ってしまってるなら、次からは計画的にしてお金は借りるようにしよう。ブラックリストに載ってしまうと、しばらく借入することはできないが絶対に無理というわけでもないから別にあきらめる必要もないのだ。名前が消えるまで待てないなら、大手ではない中小の消費者金融で借入ができる場合もある。

この中小の消費者金融はネットで検索してみると見つけることが可能だ。中にはあやしいところもあるから、利用する場合は自分の責任で。個人情報だけを抜き取られて借りられないということも結構あるようだ。金融の名前がわかったら、その名前で検索してみると評判や口コミを確認することもできる。こういった情報を確認すれば、ホントに借入ができるのか確認することができるから一度は調べるようにしよう。

申請するのに条件があることもあるから、そっちのほうもよく確認して自分が対象になっているのか確認しておくようにしよう。ブラックリストに載っていても、キャッシングすることは可能といったが、これは確実ではなく申請して審査を行ってみないとわからない。条件に当てはまっていれば借入することもできるが、借入することができない場合も十分に考えられるからそこだけは覚えておくようにしよう。

一度ブラックリストに載ってしまうと、その後にお金を借入するときに影響することも少なくないと言える。だからお金を借りたら返済はきっちりと期日までに行ってリストに名前が載らないよう注意。

消費者金融ならブラックリストでもキャッシング可能か

よく言われるようにブラックリストと言うリストが出回っていて、そこに載るとキャッシングなどの借り入れができなくなると言うのは実際とちょっと違います。そうではなくて延滞や不払いなどのブラック情報を金融会社で共有するための信用情報会社があり、そこにブラック情報があると、借り入れができなくなるのです。

しかし信用情報には金融事故とも言うべきブラック情報だけでなく、積極的な情報であるホワイト情報もあり、そのバランスで審査しています。そして自己破産しての免責や、任意整理による不払いなどの情報でも5年もしくは10年で信用情報会社から消えるのが大きな特徴です。つまりある程度時間が経つとどんなに大きな不払いをしていても金融会社には分からなくなるのです。その後申し込まれれば特に断る理由がないので審査が通ってしまいます。この状態ではもうブラックではないからです。(参考ページはこちら→ブラックリストにも期間があります

そう考えるとブラックでなくなる前に、少し早めに融資すると言うのも貸主から見れば良いかもしれません。今なら他社は利用していないわけですし、少なくとも任意整理して少なくなった負債は完済しているわけですし。最近はそういう動きが消費者金融、特に地方の中小業者にあります。そういう業者がブラックリストでもキャッシング可能かと話題になっているのです。(参考ページはこちら→ブラックOKな金融業者を探そう

どんなブラックでもキャッシング可能なわけではありません。ブラックリストの期間が終わりかかっている人がまず一番有利です。またどんな業者でもやっているわけではありません。口コミでブラックリストでもOKと評判になっている金融業者から選ぶのがいいでしょう。それに審査の基準は各社様々ですので、実際に申し込んで見なければ本当に融資可能かどうかも分かりません。何せブラックリストなおですから。

でももし審査が通って少ない金額でも融資が出来れば早めに完済してホワイト情報とすることで他の金融業者から借り入れが出来るようになる場合があります。そうなればクレジットカードの契約だって出来るかもしれません。まずはブラックリストから脱出することに大きな意味があります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY