> > > 年収をオーバーした額をキャッシングすることは出来る?

年収をオーバーした額をキャッシングすることは出来る?

年収をオーバーした額をキャッシングすることは出来る?

わたしはパートで毎月4万円ほど収入がある主婦です。ちょっと個人的にお金が必要になり、家のお金に手をつけたくないので自分でカードローンやキャッシングを利用してお金を借りて、それをあてたいなと思っています。

ここでちょっと困った?ことがありまして、必要なお金は50万円くらいなんです。でもわたしは月4万円程度の収入ですので、年収を超えた金額ということになってしまうんです。年収以上のお金は借りることが出来ない…といったようなことも聞いたことがあって、自分が年収を超えた金額を借りることが出来るのかどうかわかりません。
(⇒年収と融資額の関連性

わたしでも年収を超えた金額(2万円くらいではありますが)を借りることって出来るでしょうか?

借りること自体は可能ですが、借りられるかどうかは別です

年収をオーバーした金額を借り入れるのは不可能な話ではありません。ただし、消費者金融のカードローンや信販系(クレジットカード会社系)のカードローン、キャッシングではお金を借りることが出来るのは「年収の3分の1まで」と決まっていますので借りることはできません。(もちろん3分の1である16万円までは借り入れることは可能になっています)ひとつの会社からまとめて借りたいというのであれば、銀行のカードローンに申し込む必要がありますね。

銀行のカードローンは貸すお金に上限や制限はありませんので、極端な話100万円借りることも可能です。とはいえ「借りることが出来る」のと「実際借りられる」のとは違います。理論上借りることは出来てもやはりそこは審査の結果に左右されてしまいますので、銀行のカードローンであっても30万円までしか借り入れが出来ないという可能性は十分にあります。

ひとつの会社から借りることにこだわらないのであれば、2つや3つなど会社をわけてお金を借りることを考えてもいいかもしれません。また、クレジットカードをお持ちであれば「キャッシング枠」がついている場合があります。キャッシング枠はショッピング枠と違い、現金をすぐに手に入れることが出来ます。家族カードの場合でもキャッシング枠がついていることがありますので一度確認されてみてはいかがでしょうか。ただ、このキャッシング枠はカード名義(本会員の名義)がご自身の場合、自分の借入枠となってしまうので注意が必要です。

仮に質問者様が本会員のクレジットカードでキャッシング枠が10万円ついているという場合、既に10万円お金を借りていると判断されます。ですので消費者金融からお金をかりたいと思ってもあと6万円までしか借りることが出来ませんので、「自分がいまいくらお金を借りることが出来るのか」という確認も含めて一度洗ってみてもいいと思いますよ。

キャッシングで年収をオーバーすることはあり得るの?

キャッシングでは常にそれぞれの業者によって定められた範囲内で利用することとなります。これは限度額と呼ばれるものですが、限度額をオーバーしての借り入れはできません。この限度額はある程度、キャッシングを運営する事業者の判断によって決定されるものとなるのですが、それではこの限度額が年収をオーバーするということはあり得るのでしょうか。

これを説明する際、まず最初に覚えておかなくてはならないこととなるのが「キャッシングには消費者金融系と銀行系がある」ということです。消費者金融系とは消費者に対して消費目的の融資をするということが主目的になっている事業者であり、銀行系とは銀行が預金業務などを行うのと並行して、主な事業ではないが貸し付けをしているという事業者になります。一見するとこの違いは消費者にとってあまり意味のないものにも見えますが、実際には消費者金融系だと「総量規制」が関係してくるという違いがあります。

総量規制とはそれぞれの消費者に対する融資を、「年収の1/3まで」に制限するというものです。これが設定されることによって借り過ぎなどの問題を未然に防ぐことができるようになったのですが、同時に消費者にとっては、どれだけ信用が高くても年収が上がらないのであれば限度額も増えないという状況になります。そのため、消費者金融系では年収をオーバーした貸し付けがされるということはまずあり得ないと言えるのです。

さて、それでは銀行系ではどうなのかと言うと、これは理屈のうえでは「銀行の判断によってはあり得る」ということになります。しかし実際には、一般の労働者がお金を借りる場合、年収を超えて借り入れてしまうと返済のめどが立たなくなるということが予測されますから、限度額がオーバーするということはあり得ないと言っていいでしょう。(参考ページはこちら→銀行融資のルール
(⇒融資の審査はそんなに単純ではありません

よほど特別な事情があるのであれば別ということになりますが、基本的にキャッシングは自身の収入よりも少ない金額を借り入れて、運用していくものであるとして理解をしておくことが必要になるのです。
(⇒融資を受けるなら今現在の自分の収入を把握しておこう

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY