> > > 北洋銀行のキャッシングカード「スーパーアルカ」を作るには

北洋銀行のキャッシングカード「スーパーアルカ」を作るには

北洋銀行のキャッシングカード「スーパーアルカ」を作るには

北洋銀行のキャッシングカード「スーパーアルカ」を作るには

北洋銀行のキャッシングカードでもある「スーパーアルカ(SUPER arca)」を作ろうと思っています。北洋銀行の口座を持ってなくても作れるのでしょうか?また申し込みの方法について教えて下さい。
(⇒銀行カードローンの作り方

申し込みにはネット・電話・郵送・ファックスの4つの方法がある

スーパーアルカについてだが知っている範囲で説明したいと思う。これくらいググれと言いたくもあるが説明も簡単だから言わないでおこう。

申し込み方法は4つ。インターネット・電話・書類の郵送・ファックスだ。電話での申し込みは調べて電話をしてくれ。それ以外に説明することはない。インターネットでの申し込みも同様に「スーパーアルカ・申し込み」で検索をかければすぐに出てくる。

郵送とファックスでの申込みだがホームページから申込書と契約書をダウンロードし、印刷して送ることになる。また北洋銀行が近くにあるのであれば、申込書があるはずだから取ってきても良い。ダウンロードして郵送やファックスをするくらいならインターネット経由で申し込んだ方が早いな。だからわざわざ書類を検索して探し出し、ダウンロード、印刷、郵送なんてことをする人は少ないだろう。もっとも申し込む前に契約書に目を通すという意味ではダウンロードをしてみるのも悪くはない。

申し込み方法についてはこんなものだろう。補足するなら300万円以上の借入枠を必要とするのであれば、収入証明書が必要となる。主な書類としては直近の源泉徴収や給与明細などだ。300万円以下であれば自己申告ということになる。これは銀行系列だからできることだ。
(⇒希望額によって融資審査も変わっていく事に注意しよう

本題に戻ろう。ここのローンを申し込む場合に北洋銀行の口座を持っておくべきか否かについてだが、即日の融資が必要であれば作っておいたほうが良い。北洋銀行の口座を持っている場合は審査が通った場合に口座に入金して貰える。審査も1日で完了するということだから口座を持っていれば即日融資も行っているようだ。もちろん口座がなくても問題はない。この場合はカードが届くまでは借り入れができず待つことになる。

質問に関しての回答であればこの程度で十分だろう。それ以外の注意点としては申し込んだお金はあくまでも自由に使えるが「事業などに関する資金」として活用してはいけないというルールがある。そういった目的で借り入れを行うというのであれば相談のしてみるといい。この点だけは注意してくれ。自分に合った方法で申し込んでくれ。以上だ。
(⇒職業によって使っていく融資を変えていこう

賢くキャッシングカードを作るなら北洋銀行が便利です

「給料日前なのに、結婚式や飲み会が続いて10万円が必要」とか「複数のキャッシングやローンの返済が大変なので、一つにするために400万円が必要」ということは「社会人あるある」です。でも、キャッシングするなら、「賢くキャッシングカードを作る」ことが大切です。そして、誰でも「どうせカードを作るなら銀行がいいな」と思うのものです。(参考ページはこちら→何故消費者金融と比較して銀行は人気なの?

そのような時は、北洋銀行で賢くキャッシングカードを作るのが便利です。北洋銀行のキャッシングカード「スーパーアルカ」なら、利用可能額に相当する貸越限度額が10万円から1,000万円なので少額から大きな金額まで対応可能、金利は年2.95%から年14.7%で非常にお得です。そして、安定した収入がある人ならパート・アルバイトの人はもちろん契約社員や派遣社員の人でも申込可能で、専業主婦の人でも配偶者に安定収入があれば申込可能なのが嬉しい特徴です。(参考ページはこちら→実は専業主婦でも融資が使える理由

しかも、北洋銀行のキャッシングカード「スーパーアルカ」を作る場合、申込はスマートフォン・携帯・パソコン等からのWEB申込が24時間可能なだけでなく、電話・FAX・郵送での申込も可能なので来店不要です。また、審査後の契約もFAXや郵送で可能なので、「申込から契約までが来店不要」であることも嬉しい魅力です。

ちなみに、北洋銀行のキャッシングカード「スーパーアルカ」の返済に関しては、北洋銀行のATMだけでなく、セブンイレブンに設置してあるセブン銀行ATM・コンビニのローソンにあるATM・同じくコンビニのセイコマートやファミリーマートにあるイーネットATMでの「手数料が無料」なので、便利なだけでなく「賢く返済ができる」ことも大きな魅力です。

更に、このカードでキャッシングした場合の月々の返済額は、10万円以下なら月々2,000円から、50万円以下なら月々1万円から、300万円以下でも月々4万円からなので、ゆとりのある返済計画をたてることが可能なことも大きな特徴なのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY