> > > 専業主婦はクレジットカードのキャッシングできるもの?

専業主婦はクレジットカードのキャッシングできるもの?

専業主婦はクレジットカードのキャッシングできるもの?

専業主婦ですがクレジットカードを持っています。このクレジットカードでキャッシングできますか?

そのクレジットカードはキャッシング機能はついていますか

あなたのクレジットカードにはキャッシング機能はついていますか?例えば、働いているときに作ったクレジットカードを更新しながら使っているものはありませんか。クレジットカードはいろいろな特典がついていて、ポイントも貯まるし、お店の優待が受けられたり、マイレージがたまったり、使わないと損のような気さえします。そしてクレジットカードの機能には、海外旅行の保険がついていたり、ETC機能も付随できたりのほかキャッシング機能もあります。すべての人についているわけではないのですが、審査に通ればキャッシングもできるのです。

学生専用のクレジットカードがあるように、主婦向けのクレジットカードもあります。専業主婦のように収入がない場合は配偶者が安定した収入があればカードが作れるというものもあります。収入証明書が不要でカードが作れるときは、キャッシング枠はつけられないことが多いかもしれません。クレジットカードのキャッシングは金利が高いことが多く、その点にも注意して利用してください。もともと主婦前提で、クレジットカードを作るのであれが、クレジットカード自体の限度額も低いでしょう。

クレジットカードでは使えず、現金でなければいけないことはまだ多いですが、キャッシングをするのでも、クレジットカードにその機能がついていれば、すぐに使えるという速さがメリットですね。カードを作るときには、キャッシング機能は使わないし、手続きが手間がかかるからと、申し込まなかったのですが、クレジットカードでない他の会社にキャッシングを申し込むなら、クレジットカードにキャッシング機能を着けておいた方がよっぽど楽でした。(参考ページはこちら→クレジットキャッシングの良さについて

キャッシングの支払い方法は、今では返済日に一括払いという方法だけではなく、今ではよく選ばれる支払い方法はリボルビング払い(残高スライドリボルビング)です。そのリボルビング方式は1つだけではなく、元利定額リボルビング方式と元金定額リボルビング方式があります。元利定額方式は毎月の返済額の中から利息を差し引いて残りが元金の返済なので元金が早く減っていくわけではありません。元金定額方式は元金の返済額を決めて、それに利息分を足しますので元金を確実に支払っていけます。後者の方が元金を確実に支払いますので早期に返済ができます。

【参考ページ】
専業主婦と融資の関係

専業主婦でも銀行発行のクレジットカードならキャッシング

専業主婦でもクレジットカードは作れますし、ショッピングなら割賦のリボルビング払いも利用できます。と言うことは同じようにクレジットカードの分割払いであるキャッシングも利用できるように思いますが、実は出来ません。これはなぜかと言うと、ショッピングはか割賦販売法に規制されていますが、キャッシングは通常消費者金融扱いになっていますので、貸金業法に規制されているからです。(参考ページはこちら→金融業者によって細かなルールが異なる

貸金業法の対象になる貸金業者つまりノンバンクは無担保、無保証人の信用融資では年収の1/3までしか融資できない総量規制があるからです。年収で融資可能額は決まりますので、専業主婦で自分名義の収入のない場合には融資できない。つまりクレジットカードのキャッシングは利用できないのです。これは法律による規制ですから、例外があったり甘いカードがあったりはしません。みんな同じです。
(⇒融資基準は一定?

しかし実際には例外があります。クレジットカードを発行しているのが銀行本体である場合には、キャッシング機能も銀行系ということになり、総量規制の対象外になるのです。つまりそういうカードの場合には年収の1/3までと言う総量規制がなくなり、また総額で100万円までと言う総量規制もなくなります。

この様な銀行系カードを利用する場合には専業主婦であって収入がなくても、配偶者の人の収入があることを前提に、利用できる可能性があります。もちろん上限額は低めで最大でも50万円程度ですが、50万円と言うのは基本的に収入証明書を出さなくても済む上限金額でもありますので、例えパートなどの収入があって自分の収入で利用するとしても、やはり50万円くらいが実際に利用できる上限金額になると思いますので、十分な金額と言えます。

銀行系と言っても、みんながイメージする銀行でなくて流通系のセブン銀行やイオン銀行も現行系ですから、既に手持ちのカードをお持ちの方も多くいると思います。まずは自分のカードのキャッシング枠を確認してみることをおすすめします。
(⇒イオン銀行の良いところとは?

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY