> > > 生活保護でお金がないのですがキャッシングしたい状況です

生活保護でお金がないのですがキャッシングしたい状況です

生活保護でお金がないのですがキャッシングしたい状況です

1年ほど前から生活保護を受けている生活保護受給者です。また、生活保護でお金がないがキャッシングしたいという要望もあるので連絡させて頂きました。生活保護でキャッシングローンを組むと、場合によってはバレるとされているのですが、実際はどのような扱いになってしまうのでしょうか?(参考ページはこちら→自分の状況と融資の関係

また、キャッシングローンを組みたいものはパソコンです。以前からパソコンが欲しかったので、20万円ほどのものを購入しようと思っているのですが、そのような場合であってもキャッシングはできるでしょうか?それと、パソコンなどを購入する目的の場合には、生活保護においてデメリットはあるのでしょうか?その点について詳細の案内をお願いします。

特にデメリットなどについてはありません

パソコンを生活保護でお金がないためにキャッシングしたい際ですが、そのままキャッシング業者に相談を持ちかけてみるといいです。生活保護がおりるようであれば、基本的になにもいわれませんしキャッシングローンを組むのも自由になっています。パソコン購入の際には、「パソコン購入」としてキャッシングローンを組むだけでもいいです。さすがに、パソコン購入としておいた他の物を購入すると問題になりますが、現状ではそのままのほうが問題がなくていいでしょう。
(⇒融資審査で注意しておきたい点

ただし、生活保護でお金がないがキャッシングしたい場合に、大きなローンを組むのはNGです。このような用途について不明なものにローンを行うというのを、役所については認めてくれないケースが多いからです。また、ローンについては連続して行ってはいけないという点についても注意しておいてください。これについても、今ではローンをしていると業者からの連絡が多くなって、行政側で判断をされてしまうケースがあるからです。通常の利用ではまず判断されることもありませんし、制限などがかかることもありません。
(⇒融資は慎重に使わないと後で後悔します

後、パソコンでもそうですが、このような商品を購入する際にはネット購入などをするのが理想であったりします。近年では、ネットからの購入では数%程度の値引きを受けれるようになっているものもありますし、少し古い型のパソコンであれば値段交渉ができるようになっているものもあります。すると、当初は20万円で購入予定でローンを組んでいると、その値引きできた金額分でキャッシュバックが発生するようになります。すでに借りた金額については、後になって使う金額を変更できないようにもなっていますので、わざと少し安いものを購入してキャッシュバックを受けるのも一つの手段となります。

生活保護お金がないのでキャッシングしたい

一般的に、お金に困っているときにキャッシングしたいと思う人が多いです。その理由には、今月給料までの合間や葬式などでの急な出費など様々なものがあります。また、他にもお金に困っている人の中に生活保護者というのがあります。これは、働きたくても働けない方や、病気や高齢者のために働けないために国からの援助を受けるものです。(参考ページはこちら→基本的にどんな用途でも融資は受けられます

生活保護は最低限の生活が出来るだけのお金を支給してくれるわけですが、その支給されたお金だけで全てが賄えるかは人それぞれです。中には、生活保護お金がないと困っている人もいます。実際、支給されているお金だけでは足りないので、キャッシングしたいと考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、生活保護を受けていてキャッシングをすることが出来るのでしょうか。保護を受けていて一定のお金は支給されているので、利用出来るように感じます。でも、保護を受けている人は利用は出来ません。生活保護のお金は最低限の生活の保障のために支給されているもので、自分で働いて稼いだお金ではありません。自分で働いたお金を持ってない生活保護者では、キャッシングを利用者としては認められません。(参考ページはこちら→無収入では融資は不可能です

生活保護お金がないと思っても、返済が出来るとしてもキャッシングをすることは出来ません。受給を受けている人が利用するためには、受けるのを止める必要があります。生活保護を受けなくても、自分で働いて一定の収入があればパートやアルバイトでもキャッシング会社は利用出来ます。

もし、キャッシングしたいと感じたときには、どうしても働けない事情がない以外は生活保護を受けるのを止めて、アルバイトやパートでもよいので仕事に就職してからになります。キャッシング出来る限度額などは低くなりますが、保護を受けてないので申し込むことは出来ます。生活保護は、どうしても止む得ない事情があって最後の方法として受けるものですから、自分で働ける人は一時的に受けていても仕事に就職してキャッシング出来るようにした方が、生活の上でも色々と便利になります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY