> > > 破産後でも利用できるキャッシングサービスはありますか?

破産後でも利用できるキャッシングサービスはありますか?

破産後でも利用できるキャッシングサービスはありますか?

キャッシングについてちょっと調べているのですが、「ブラックリスト」とか「破産」といった言葉をよく見かけるような気がします。借金は破産後だったりするとできないようになっている?自分は「破産後」じゃないのですが、よく見かけてちょっと気になったのでわかるだけでいいので教えてほしいです。破産後にも借りられるキャッシングサービスもあるのかどうか教えてください。(参考ページはこちら→どんな場合でも比較的期待出来るキャッシング方法といえば?

破産をしていても利用できるキャッシングは存在する

確かにキャッシングについて調べてみるとブラックリストとか破産といったことを見かけるような気がしますね。最初に伝えておくと、借金関係で事故を起こしてしまったいわゆるブラックでもお金は借りられる場合があります。破産後も同じく借りられる場合があります。借りられないようなイメージが思い浮かんできますが、借りることはできるので借金をあきらめる必要もありません。

キャッシングについて調べたのであれば、「ブラックでも借りられる」「破産後でも借りられる」といった言葉も見かけたのではないでしょうか。これは言葉を聞くととても魅力的だと思いますが、詐欺だったり悪徳な業者の場合が多いので魅力的だからといって安易に手を出さないようにしましょう。どうしてもお金が必要で利用する場合には十分注意して、情報をよく調べて安全なのか判断できた場合にだけ申し込みをするようにしましょう。

破産するとブラックリストにも載るのですが、このリストに自分の情報が載ったままだとキャッシングは契約を取るのが難しいです。破産してブラックリストに載った場合は7年くらい年数が経つと情報がなくなるといわれています。情報がなくなればまた借金することができます。「ブラックでも借りられる」というところはブラックに載っていても借りられると、といったサービス。中には正規の会社でちゃんとお金を貸してくれるところもあるようですが、上記に書いたとおり詐欺にあったりすることもあるから危険です。

「破産後」「ブラックリスト」に載ってしまってキャッシングを利用したいなら、情報が消えるのを待ってから利用したほうが安全です。最近のキャッシングはとても便利なので、破産してしまったり、ブラックリストに載らないように注意して利用することが大切。破産以外にも返済が遅れてブラックに載る、ということもあるので返済は遅れないようにお金は用意しておきましょう。長々と書いてしまいましたが、破産後であっても借金をすることは可能なのですが、キャッシングを利用できない期間もあるのでお金の管理はきっちりと行っておきましょう。

【参考ページ】
出来ればすべきでない自己破産についての解説

破産後はキャッシングが利用できなくなるのか

自己破産をすると社会的な信用を失うため、ローンを組めなくなると言われています。しかし、実際には破産後であってもキャッシングを認める金融機関もあります。正式に認可されている金融機関でも利用できるため、安易に闇金融に手を出さないようにします。(参考ページはこちら→金融業者には安全なところも多いのでそちらを優先して探しましょう

破産後にキャッシングを利用するための前提条件として、免責が認められていなければなりません。免責が認められない場合、債務は残っており、返済能力に問題があるため利用できません。また、免責が認められても税金や賠償債務など、残ってしまう債務もあるため、これらが多すぎると利用は難しくなります。

前述のような債務が残っていない状態であれば、安定した収入があれば審査に通る可能性があります。しかし、銀行や大手消費者金融の利用は難しく、中小の消費者金融に申し込みます。中小であれば金融事故を起こしていても、継続していなければ利用を認めているところがあります。ただし、自己破産は対象外にしているところもあるため、利用条件の確認が必要です。
(⇒収入の安定はお金を借りる上で重要です

また、銀行や大手消費者金融についても破産後に2度と利用できないということではありません。この破産した情報は個人信用情報機関に登録され、最長で10年間残ります。金融機関は審査の際にこの個人信用情報機関に登録された情報を基にして判断するため、ここから情報がなくなっていれば自己破産したことを把握できなくなり、審査に対して影響がなくなります。

ただし、情報が削除されてからも影響することもあります。まず、破産の際に債務があった金融機関は破産した情報を自社で持っているため、個人信用情報機関から削除されても把握できます。複数の金融機関で情報を共有していることもあり、これによって把握されることもあります。また、5年間残る買い物や借り入れの利用履歴が何もない不自然な状態になることから金融事故を起こしていたと判断されることもあり、個人信用情報機関から情報がなくなっても安心とは言い切れません。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY