> > > ローン審査で他社キャッシング利用回数とか金額って重要ですか?

ローン審査で他社キャッシング利用回数とか金額って重要ですか?

ローン審査で他社キャッシング利用回数とか金額って重要ですか?

ローン審査をするときに、他社キャッシングの利用回数とかキャッシングって重要になるんですか?そもそも他社キャッシングを利用していることとかって分かるんですか?

もし他社利用が影響するとしても、ちゃんと返済できれば特に問題ない気もしますがどうなんでしょうか?

キャッシング審査では他社利用経験や金額も重要!

キャッシングの審査で重要視される項目はいくつかあります。年収や勤務先もその1つです。ですが、実際キャッシングを利用するようになって返済していかなければいけなくなった時、ちゃんと返済できるのかを判断するために重要視されるものがあるんです。それが他社利用経験や利用金額ですね。

他社のキャッシング利用経験があるとどうなのかですが、まず過去にキャッシングを複数回利用していればそれだけお金が必要になる事がある状態である、お金に困ることがある状態になるということが考えられます。支出が多いということは返済するにあたって少し不安要素となりますよね。また、その時の利用金額が大きければ、それだけ多額の資金が必要になる状況になっているということで不安要素だと考えられるんです。

もちろん、きちんと問題なく完済していればそこまで不利になる事はないかもしれませんが、少しでも延滞経験があれば不利になる事は間違いありません。特に、現在他社のキャッシングを利用している状態にあればその返済に加えて今回のキャッシング返済も始まるわけです。返済負担が増えてしまうことは間違いありませんから、返済能力について不安要素である、という判断になってしまいますよね。

ローン審査で他社キャッシングをしているからという事だけで落ちてしまうということはあまりないかもしれませんが、審査で落ちてしまう要素の1つにはなり得るという事は知っておきましょう。確実に審査に通りたいのであれば、現在利用している他社キャッシングは完済しておきましょう。もちろん返済時に遅れてしまうという事が無いようにしておく必要があります。確実に毎月返済できているという事が分かれば、逆に信用できるという判断に繋がることもあります。

キャッシング先はきちんと利用と返済を繰り返す人を求めているわけですから、ちゃんと返済できますよ、問題なく利用できますよ、という事を示すことが重要なのです。他にも、安定した収入が無ければ審査に通らないなど重要なポイントはありますが、他社のキャッシング利用もその重要なポイントの1つであることは知っておきましょう。

【参考ページ】
融資審査で大事な事を見失わないように

ローン審査はキャッシング回数と関係ありません

ローン審査は非公開で行われているのでさまざまな誤解を生んでいるようです。その1つがキャッシングの回数が多いとローンの審査が通らないというものです。

ローン審査はキャッシングサービスの審査と同様に収入と借り入れの確認によって行われます。物販系のローンの場合は法律で定められている貸出制限が無いので各ローン会社によって独自の基準で審査が行われていますが、物販系のローンでもキャッシングサービスで行われる審査と基準が同じという会社も多いようです。

キャッシングサービスでの審査では所得の3分の1を超える現金は貸してはならないという法律での制限、いわゆる総量規制があるために収入と借り入れのバランスを厳しくチェックしています。複数の借り入れがあっても問題ないことが多いですが、借りている金額が多い場合は問題となります。また、借入件数そのものをチェックしている審査も多くなたと言われています。借入件数については物販系、キャッシングを含めて審査されることが多いようです。
(⇒総量規制が適用される金融業者とは

そのため、所得が多く、借入額に問題がない方でも借入件数が多いと判断されて審査が通らないという方も少なくないようです。借入件数は月々の返済額に強く影響します。小額ローンと呼ばれる数万円のローンであっても、件数が多ければ月の支払いが厳しくなることもあり、金額の大小にかかわらず、新規のローンの審査を受ける際は注意が必要です。(参考ページはこちら→融資審査に落ちる理由はたくさんあるので注意

借入件数が多い場合にはおまとめローンの利用がおすすめです。おまとめローンは複数のローンを一本化するための借り換えローンの一種です。一括完済を目指すローンでありながら、長期で返済を行うので生活を立て直すためのローンとも呼ばれています。おまとめローンで契約数を減らすことで住宅ローンや車のローンが通ったという方もいるほど便利なローンでもあるので借入額が少ないが、借入件数が多い方などでローン審査がなかなか通らない方は利用を検討してみることをおすすめします

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY