> > > 個人的な理由でキャッシングができないのですが、その理由は

個人的な理由でキャッシングができないのですが、その理由は

個人的な理由でキャッシングができないのですが、その理由は

私は、個人的な理由でキャッシングができないのですが、その理由は何だと思いますか?そもそも、普通に生活していれば、キャッシングなんて不要に思うし、私にとっては意味不明な事です。
(⇒融資の審査に通らない理由

身内がキャッシングで破産状態になるのを見ていたからじゃない?

キャッシングが出来ない、つまりは、キャッシングという行為に何らかのトラウマがあるっていう事よね?そのトラウマとして考えられるのが、借金に追われた人の存在があると思うの。それは、借金癖のある親御さんじゃないかと推測するわ。どうかしら?ここからは推測になるけれども、父親に借金癖があって、それを苦しみながら返済する母親を見てきたんじゃないかしら?

あなたのトラウマは、根深いとは思うけれども、でも長い人生、1回は借金を背負わないといけないような気がするわ。それは、あなたにとってきっと、糧になるものだと信じているわ。借金を返すという行動はね。貴方が借金をしたならば、返済も定期的に実施するような、非常にいい人に育っているように思うわ。

少なくとも、あなたのトラウマは、あなたという人に大きな影響を与えているわね。きっと、全てをキャッシュで支払うような習慣が付いているんじゃないかしら?きっと、ネット通販すらも、プリペイドカードを購入しておくくらいの習慣が付いていると思うわ。

ただ、気軽にカードを使って支払いをしているというのは誤解よ。カードというのは、ある意味支払いを先送る事だから、借金作りの一歩のようになりがちだけども、別の使い方もあるという事ね。借金になる前に=使用した代金として引き落とされる前に振り込んでしまえばいいと思うのよ。

カードを作りたくないと言っていても、例えば、カードでしか支払えないようなそういうネット通販でしか扱っていないような商品が欲しくなったらどうするの?「カードを持っていないから」と諦めてしまうの?

それは悲しいことだと思うわ。クレジットカードにキャッシングを付けないとか、あなたなりにその脱却方法を考えてみるだけの価値はあるでしょう?

ただのお守りとして持っているといいわよ。クレジットカードは。キャッシングは要らないと思うから、切ってしまっていいんじゃないかしら?身内がキャッシングで何らかの苦しみを受けたとしても、あなたまで苦しむ必要はないという事ね。定期的に収入はあるようだし、カードを作るのに支障になりそうなことはないわよね。
(⇒クレジットキャッシングを使う場合のポイント

個人向けローンなどキャッシングができない理由とは

銀行や消費者金融では個人向けのローン商品の一つとしてカードローンを用意している金融機関が多くあります。カードローンは審査を受けることで、返済能力に見合った利用限度額が決められ、決められた限度額の範囲内で繰り返し何度でもキャッシングを利用できると言った便利なローンです

また、最近はインターネットを利用する事で来店不要でキャッシングの利用開始となるのも特徴と言えます。因みに、カードローンは専用のカードを発行し、そのカードを使ってATMを利用してキャッシングを行う方法と、銀行などでの普通貯金口座で利用をしているキャッシュカードにカードローンの枠が設けられ、利用する事が出来るようになると言う2通りの方法が有ります。更に、指定の口座に現金を振り込んで貰う方法なども有り、インターネットのみで完結する事が出来るカードローンもあり、利便性が高くなっているのです。

尚、カードローンを利用する場合は審査が行われることになるのですが、中には審査に通らずにキャッシングが利用出来ない人も居るのです。(参考ページはこちら→融資が受けられない場合の問題点

キャッシングができない理由とはどのような事なのかです。

カードローンは金融機関や金融業者が定めている利用限度額、もしくは極度額と言うものが有ります。

銀行などの場合では最大で1000万円と言う金額の融資を受ける事が出来る金融機関もあるわけですが、申し込みをする時に返済能力見合わない金額で申し込みをすると審査に通らない事も有ります。また、申し込みブラックと言うのは多数の金融業者に対して申し込みを行うことでこの様な状態になるのですが、返済能力に見合わない額の申し込みを続けている事で審査に通らなくなることもあるのです。

審査を行う時には、個人信用情報と呼ばれるデータベースを利用して、申し込み者が信頼できる人物であるかどうかを審査しています。この個人信用情報の中に、多数の申し込みが有ったり、借金をしている中での返済における遅延、金融事故となる延滞や破産と言った記録が残されている事でキャッシングができない理由ということになるのです。

因みに、申し込み時の利用限度額と言うのは、希望額であり、審査により利用限度額は希望額よりも減額されることも有ります。この場合は減額が行われた上でキャッシングの利用が出来るようになるのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY