> > > 最初から30万キャッシングする事は出来る?引っ越し費用です

最初から30万キャッシングする事は出来る?引っ越し費用です

最初から30万キャッシングする事は出来る?引っ越し費用です

今回、これが初めてのカードローンキャッシングに申し込む者です。今現在住んでいるワンルームマンションからもっと広い所に引っ越す為に、その費用が必要となって融資を使うのです。その為の費用に加えてその後の買い物などにかかるお金を計算したところ、30万程度借りられないと困るのですが…最初からそんなに貸してくれる業者は居ますか?(参考ページはこちら→大金を借りやすい金融業者なんてあるの?

私の身の回りの話なのですが、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠に申し込んだ人たち曰く、融資枠は最初は10万っていう人が多いのです。10万でもあれば便利って言っていますが、私の場合は明確に欲しい金額が決まってしまっているので、この点については譲る事ができません。即ち借りられないと困るってやつなのですが、周りの人を見ていると、最初から30万で無理で、後から増やしてもらうように交渉したり、或いは別の業者から分けて借りるしかないのかな…と考えておりますが、そうなのでしょうか?(参考ページはこちら→後からもっと大金を借りる方法

最初から30万は可能か無理なのか、誰か分かりませんか?分かる人が居ればで良いので、教えて下さい。

30万は割と現実的な数値ですよ

引っ越しだけで30万ならさすがにぼったくりかと思いましたが、新居向けに色々買い物もしたりするのなら、まあ納得ですね。敷金とかも支払ったりしているとお金は飛んでいきますし、新生活に備えてお金はあるだけ良いですしね。

それで周囲の方がほとんど10万の限度額しかもらっていないとの事ですが、10万というのは多くの金融業者が設定している、最低限のカードローンの枠です。それ以下もありますが、キリが良いからという事で10万が設定されるケースはとても多いです。しかし最低限の枠という事であまり信用が無かったり仕事が非正規だったりすると、こうなる場合が多いです。でも、質問者さんの場合はどうですか?過去に延滞したり、非正規雇用で年収が極端に少なかったりしていませんか?

そうじゃないのなら、あまり心配する事はありません。30万の限度額希望というのは、初回に希望する額としては割と妥当とも言える数値です。というのも、初回の融資では最大でも50万程度と言われているからであり、最低限が10万としたらその中間という事で、大きな問題が無い人なら融資条件をクリアしているケースが多いのです。(参考ページはこちら→融資のクリアすべき審査基準について

消費者金融の場合は総量規制で年収の三分の一をオーバーしていると借りられないのですが、30万という事は年収が90万は必要との事で、基本的に心配が不要な数値です。年収が90万だと、どうやって生きているかがかなり不可思議な状態と言っても良いですからね…。

例外もありますが、問題の無い人なら十分希望できる、それが限度額30万の基準と言えるでしょう。

引っ越しのために30万円欲しい時はキャッシングが便利

一戸建て住宅やマンションなどを購入すると、引っ越しをしなければなりませんが、荷物が多いとかなりの料金がかかるので、業者に見積もりしてもらった後、そんなにたくさんお金が必要なのかと驚いた経験をお持ちの方もあるかも知れませんね。

しかし料金が高いからといって、引っ越しを辞めるわけにはいかないので、手持ちのお金がない場合はどこかで借りるしかありません。会社の同僚や友人等の親しい人に頭を下げれば、いくらかは貸してもらえるでしょうが、あまり他人に迷惑をかけたくないと思うなら、消費者金融や銀行からキャッシングをするようにしましょう。30万円ほどあれば引っ越しも出来るし、新しい家具や家電を買い揃えるためにも使えるので、まずは気軽に申し込んでみてください。

キャッシングの申し込みはパソコンやスマートフォン、携帯電話などがあれば、いつでも出来るので、わざわざお店まで出かけていく必要はありません。来店不要で契約を完了出来るので、申し込み後の審査で合格の判定が出れば、すぐに指定した口座に30万円や50万円などのお好きな金額を振り込んでもらえるので便利です。スピード審査のサービスを行っている会社であれば、30分ほど待つだけで審査結果がわかるので、急いでお金が欲しい場合は助かります。返済するときも振込みなどの方法で出来ますし、コンビニATMを使って返せるので、近くにローン会社の店舗がない方でも安心して利用することが出来ます。

キャッシングを利用できるのは安定した収入のある方なので、正社員でなくてもOKなので、派遣社員やパート、フリーター、自営業の方でも審査に落とされることはありません。学生でもキャッシングをすることが可能なので、大学や専門学校に進学が決まったので、自宅を離れて一人暮らしをしなければならなくなったときは、ぜひ利用するようにしましょう。

出来るだけ金利が低くて、返済しやすいローン会社を選んで申し込むようにしたいですね。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY