> > > ブラックOKのキャッシングなら年収1/3以上借りれる!?

ブラックOKのキャッシングなら年収1/3以上借りれる!?

ブラックOKのキャッシングなら年収1/3以上借りれる!?

最近質問にも増えてきているようですが、やっぱり数も増えているんでしょうか。ブラックOKの消費者金融や銀行系カードローンなどのキャッシングを利用したい、という人が多いようです。ブラックOKのキャッシングを利用したいという人の中で1つ気になったことがありました。

それがブラックOKのキャッシングを利用する場合には、年収1/3以上の借り入れはできないという総量規制について、どういうふうに扱われるのか?ということです。一般的な消費者金融では貸出できませんが、ブラックokのキャッシングの場合はどうなっているんでしょうか?
(⇒通常の融資審査ルールについて

ブラックOKのキャッシングでも二種類が存在する

ブラックOKのキャッシングが増えている、というのはその通りだと思います。最近はそういう話ばかりが質問でも上がってくるようです。質問で年収1/3以上は貸出をするのか?総量規制というのはどういうふうに扱われるのか?ということが気になるということですけれども、これは二種類の業者があるので、それによって対応が異なるというのが正しいと思います。(参考ページはこちら→金融業者はそれぞれで対応も異なります

ひとつはブラックOKの中小消費者金融の場合です。この場合、中小消費者金融はブラックOKなのですが、年収1/3条項をしっかり守っているのです。それ以上の借入というのはできない事になります。もっと言えばブラックOKだけれども無収入の人には貸出できない、というような業者だったりするのです。これは思っていたのと違うという人も多いんじゃないでしょうか。

もう一つがブラックOKでかつ年収1/3以上貸出をしてくれるところです。法律では消費者金融は年収1/3以上貸出をすることはできず、それ以上貸すと罰則があるのですが気にせず貸出をするのです。いわゆるヤミ金と言われているところが当てはまるでしょう。ヤミ金ですから基本的に使うべきではないのですが、法律で決められている以上に貸出をしてくれるから喜んで借りる人も少なくありません。

2つともにブラックOKの業者ですから、見分けるのは難しいかもし得rません。もともとブラックの人たちに貸出をするということ自体、消費者金融でも銀行系カードローンでもありえないことなわけです。にも関わらずあえて貸出をするということは、ルールを逸脱していることは間違いありませんので、利用するならばかなり気をつけないといけないでしょう。

もちろん中小の業者ばかりですから、ブラックOKの業者を借りたらかなりの金利になって、手数料も結構取られるでしょう。その点、覚悟をして利用しましょう。

キャッシング審査ではブラックの有無や年収1/3の限度額も重要

日常生活の中でお金が不足する事態に見舞われた時、その額をスピーディーに補充してくれる消費者金融の存在は何よりも頼りになるものと言えるでしょう。特にキャッシングサービスは手続きも簡単で融資も迅速なので、緊急性の高い支出に関しても十分に余裕を持って対応にあたることが可能となります。(参考ページはこちら→その日にお金を借りる方法

キャッシングとは消費者金融が実施している融資サービスの名称で、主に希望額を銀行口座に一括振り込みしてくれるものを言います。最近ではその申し込みも自宅のパソコンや、移動中でもスマートフォンを用いてインターネット接続するだけで手続きを完了させることができます。その方法は簡単。公式サイトの申請フォームに必要事項を記入していき、申請ボタンをクリック。必要に応じて身分証や年収証明書のコピーを郵送やファックスで送ったり、スマートフォンで撮影した書類の画像データを送信することを求められる場合もあります。(参考ページはこちら→スマホを活かした融資申し込みについて

この後、消費者金融の審査担当者による入念な精査が行われます。その過程で中でも重要となってくるのが総量規制の問題です。これは貸金業法で定められた規則にもとづくもので、消費者金融が融資できる上限は申請者の年収1/3までとなっているのです。それゆえ、申請者の年収はきちんとチェックされ、その範囲内に収まっているかどうかの確認が行われます。

また、その後には信用機関への照会が行われます。ここでは過去の借り入れの返済に問題がなかったか、そのデータが補完されており、もしも返済が遅れたり、返済不能にて法的手続きを行使した過去があるとブラック扱いとして審査に通る可能性がほとんどなくなります。さらに信用機関が補完するデータには現在の他社からの借り入れ総額なども含まれているので、現時点で既に年収1/3の上限に達しているとなるとその人はもはや融資が受けられなくなってしまいます。

さらにもう一点、短期間のうちに多くの消費者金融に融資申し込みを行ってそれを断られていると、その人は申し込みブラックとして、これもまた大きなペナルティを背負うことになります。こういった数々の注意事項に引っ掛かることなく、スムーズに融資を受けることの出来るように心掛けていきたいものです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY