> > > 勤続年数が長いとキャッシングの審査で通りやすいと聞きました

勤続年数が長いとキャッシングの審査で通りやすいと聞きました

勤続年数が長いとキャッシングの審査で通りやすいと聞きました

収入はありますが、いろいろ出費もあって今生活が苦しい状況なのでお金を借りてしのごうかと思っています。キャッシングを利用したいと考えているのですが、審査では自分の勤続年数も重要なのでしょうか。ちょっと自分でも調べてみたのですが、勤続年数はやっぱり長いほうが審査にいいほうに働いてくれるのでしょうか

質問の通り勤続年数は長いほうが審査で有利になることがある

あなたが質問をしている通り、キャッシングの審査は「勤続年数」が長いほうが審査では有利と言われています。お金を借りるなら安定した収入があることも重要で、勤続年数が長いとそれだけ安定した収入を得られているわけですから審査で有利になります。あなたの勤続年数が現在はどのくらいなのかわからないのですが、自身があるのであれば申し込みをしてみるのもいいでしょう。

長ければ長いほうが有利になることは事実なのですが、短いからといって借りられないわけでもないのです。だからもしあなたの勤続年数が短い場合でも落ち込む必要もないから借りられるところを探してみるといいでしょう。キャッシングの審査では、今回の質問のような「勤続年数」といったあなたの属性が審査のカギになってきます。勤続年数のほかにも「収入」や「住居の情報」。「年齢」なんかも審査にかかわってくることがあります。(参考ページはこちら→仕事の内容自体も大事です

ここまでに勤続年数は長いほうが有利、と書いたのですがいくら有利になっても安定した収入がないとキャッシングを利用することは難しい。審査で必要な属性は、お金を借りる会社によっても変わってくるのですが、どれか一つでも満たしていないと借入することは難しいのです。属性についてわからないのであれば、Webを使って一度検索してみるといろいろと参考になるサイトで情報を得ることができるでしょう。

少し前に内定している場合はキャッシングすることができるのか?ということが気になったので調べてみたのですが、内定しているだけではお金を借りることはできないようです。前年度に収入があるのなら別ですが、実際に仕事をして収入を得ないとお金は貸してもらえないようです。逆にいえば仕事をしていて収入があれば、勤続年数が短くてもキャッシングを利用できる可能性もある。まあこれは参考程度になればと思います。
(⇒仕事をしていない限り融資を受けるのは難しい

勤続年数は長ければ長いほうが審査に通りやすいが、短くても審査に通る可能性はあります。審査で有利になる属性を持っていたほうがお金も借りやすいが、質問者さんはお金に困っているようなので、キャッシングの申し込み基準を満たしているなら申し込みをしてみるのもいいでしょう。

キャッシングで審査に通りやすいポイントは勤続年数の長さ

キャッシング用のカードを一枚作っておくと、その限度額の範囲内なら何度も借入が行え、急な出費にもすぐに対応出来るようになります。そして、便利なキャッシングも利用するためにはまずは審査をクリアする必要があります。審査では現在の借入状況や過去のキャッシングやクレジットカードの利用、債務整理が行われていないかなど様々な面から確認し、返済能力があるかどうかを判断していきます。

それから融資を利用するためにはなんと言っても安定した収入があることが大事です。お金を借りるとその元金だけではなく、利息もつけて返済していくこととなります。それゆえに、収入がない、不安定という方の場合は融資を受けることが難しくなります。

キャッシングの場合は、正社員の方だけではなく、派遣社員の方や自営業の方、パートやアルバイトなどの比較的収入が少ない方など幅広く対応しています。そして、融資の限度額についてもそれぞれの年収に合った金額が提供されることとなります。

そして仕事を持っていることはとても大切となりますが、ただ仕事を持っていれば誰もが融資を受けられるというわけではありません。まず、仕事を持っていてもまだ仕事を始めて間もないという場合もあれば、何年も長く勤続されている場合もあります。この場合もやはり通りやすいのは勤続年数が長い方と言えます。

仕事を持っていても、勤続年数が短い場合はすぐに退職してしまう、転職してしまうなど、無職になってしまう可能性がないとは言えません。職を失ってしまうと、無収入となり貸し倒れのリスクも高くなってしまいます。それに対して同じ職場にかなり長く勤続されている方の場合は、転職や退職のリスクも少なく、それだけ信頼性も高まると言えます。

それゆえに仕事を持っている方の場合も、まだ職について間もないという場合は審査も厳しくなる場合もあります。やはり一年以上は勤続している方のほうが審査についても有利になると言えます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY