> > > 三井住友VISAの海外キャッシングをリボ払いにする方法は?

三井住友VISAの海外キャッシングをリボ払いにする方法は?

三井住友VISAの海外キャッシングをリボ払いにする方法は?

初めての海外旅行で三井住友VISAカードを現地でのキャッシング用に持っていくんですが、海外キャッシングって返済が一括ですよね?使いすぎないように気をつけるつもりではいますが、一括ではキツイな…というときにリボ払いにしてもらうことってできるでしょうか。するとしたら、事前と事後のどちらになるのか、手続き方法などもアドバイスしていただけないでしょうか。
(⇒リボ払いの仕組みはしっかりと把握しよう

海外キャッシングとは別に、キャッシングリボの手続きが必要です

ご存知の通り、三井住友VISAカードでの海外キャッシングは、基本一括返済になっています。海外キャッシングをするにはキャッシング枠のほか、海外キャッシングの手続きが必要なのですが、それをリボ払いにするにはまた別に「キャッシングリボ」の設定手続きが必要になります。

まず、海外キャッシングですが、日本国内で利用するキャッシング枠の範囲内で海外キャッシングの申し込みを行ないます。三井住友VISAの公式サイトにある「インターネットから申し込み」をすると便利ですよ。海外キャッシングを設定したら、今度は「キャッシングリボ」の申し込みが必要です。こちらも公式サイトの申し込みリンクから手続きされると便利でしょう。
(⇒海外キャッシングを使うまで

これもご存知だとは思うのですが、一括返済よりもリボ払いの方が返済額を抑えることができるメリットがある反面、手数料が余分にかかってしまうことを理解しておいて下さい。1回で済むなら、一括返済で清算してしまう方がお得ではありますよ。

三井住友銀行でキャッシングする方法とメリットとは

三井住友銀行でキャッシングを行う場合、全国にあるSMBCローン契約機から操作すれば誰にも知られずにこっそりと申し込むことができます。約30分ほどで手続きは終わりますので、大手銀行の中でも早い方です。契約が完了すれば、その場で借り入れすることができます。

具体的な方法としては、必要書類を持参してSMBCローン契約機のあるところに行きます。そして、タッチパネルの指示に従って操作を行います。土日祝日でも申し込み可能です。すぐに審査が行われ、契約可能額が提示されます。カードが発行されれば、すぐにキャッシングすることができます。三井住友銀行のATM、プロミスATM、提携ATMで操作することができるカードです。

持参する本人確認書類は免許証でOKですが、ない場合には健康保険証やパスポートを持って行きます。希望借入額が50万円を超える場合または希望借り入れ額と他社からの借り入れ残高が合計100万円を超える場合には、これらに加えて収入を証明するものが必要です。収入を証明するものとしては、源泉徴収票・確定申告書・給与明細書(直近の2ヶ月分+1年分の賞与明細書)のいずれかを用意します。(参考ページはこちら→きちんと申し込み条件を確認しよう

三井住友銀行のキャッシングは、限度額が高くて低金利という良い条件であり、即日融資にも対応しています。安定した収入があれば誰でも申し込むことが可能であり、パートやアルバイト勤務であってもOKです。ATM利用も無料で行えるところが複数あります。

三井住友銀行の口座を持っていないと使用できないサービスもありますので、口座を持っている人向きのキャッシングです。提携しているATMがとても多いので、色々なシーンで利用できて便利です。ローン限度額は10万円から800万円で、かなり高めに設定されています。まとまった額のお金が必要になった時に利用したいサービスであり、銀行が運営するカードローンということで総量規制の対象にならないところも大きなメリットです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY