> > > キャッシングはパート、アルバイトでもOK?

キャッシングはパート、アルバイトでもOK?

キャッシングはパート、アルバイトでもOK?

パートを始めたばかりです。まだ給料をもらっていません。パート、アルバイトでもキャッシングできると聞きましたが収入証明がなくてもキャッシングできるでしょうか?

パートやアルバイトでもキャッシングできる会社はありますよ

キャッシングやカードローンの審査では、まず提出書類として身分証明になる免許所などが必要です。そして収入証明ですが借り入れ希望金額が低いと必要ないこともあります。提出書類は、インターネットで画像をメールで送ればいい場合もあります。おそらく、パートで審査に通っても借り入れ限度額は低いので、収入証明は必要ないかもしれません。審査の過程で、勤務先への在籍確認のために電話がある事はあります。 確かにカードローンやキャッシングの審査に通っても初めは利用限度額が低いでしょう。

その後の返済が遅延なく、信用を損なわないように返していれば、利用限度枠を増やしてくれることもあります。会社によっては、増枠の案内があるところもあります。借り入れ金額が多いと、金利は低くなりますが、パートですと正社員に比べ、安定継続した収入という面ではそれほど多くは借りられないでしょう。それで他の会社に新たに借り入れの申込みをする人もあります。借り入れの申込みしていたり、他社ですでに借り入れしている情報は信用機関に登録されていますので、他社も知ることができるわけですが、複数借り入れているとその後の借り入れがし難い、審査に通りにくくなりますので気をつけましょう。

キャッシングの今は返済方法が返済日一括払いだけではなく、リボ払いなど返済の仕方も増えました。カードローンと同じような借り方、返し方ができますね。ただ誰でも利息は少なくしたいのではないでしょうか。返済法方はいろいろあれど利息だけを考えるのであれば返済期間は短いに越したことはありません。毎日毎日利息は付いていくので支払い期間が短い方がよく、支払い期間が短いということは、当然毎月の返済額が高くなります。無理があってはいけませんので、そのためにまたカードローンなどでお金を借りては意味がありません。

返済日を待たず、一括返済ができれば利息も少なくて済みます。それがなかなかできませんので、支払いの方法としてくキャッシングのリボルビング払いという返済方法があります。クレジットカードのリブルビング払いとは違いますよ。キャッシングやカードローンではよくこの方法で返済されるのですが、簡単に言うと、残高によって最小の返済額が設定され、残高が高いうちはその最小返済額も高くなります。残高が少なくなると、最小返済額も少なくなるのです。

キャッシングの利用はアルバイトでもパートでもOK

キャッシングとは、消費者の信用を担保として小口融資をするサービスの事です。元々小口融資や証書貸し付けといった名称があったのですが、呼びにくく、顧客受けが悪かったことから、消費者金融業界が改めて、キャッシングという造語を作りました。現金を意味するキャッシュからできたと言われています。

そんなキャッシングを行っているのが、消費者金融です。消費者金融がかつては、サラ金と呼ばれていたことからも分かるように、利用者の大半がサラリーマンでした。しかし最近はサラリーマン以外の利用者も増えています。自営業者やOL、主婦なども利用者もいます。(参考ページはこちら→主婦ってお金を借りられたの?

もちろん正社員でなくても、アルバイトやパートでもOKです。20才以上から65歳ぐらいまでの安定した収入のある人であれば利用できます。主婦の方であっても、パートなどで安定した収入を得ていれば、利用できます。

2007年に総量規制というルールができました。これによって年収の3分の1以上の貸し付けが禁止されました。ですから、収入が全くない人であると、キャッシングの利用は難しいかもしれません。しかし収入があれば、年収の3分の1までは利用できます。

キャッシングは、銀行のカードローンと比べると、比較的審査が通りやすいと評判です。ですから銀行のカードローンの審査が通るかどうか心配な方にもおすすめです。また即日融資が基本ですから、申し込んだその日に現金を手にすることができます。ですから、急に現金が必要となった場合に便利です。

また利息もカードローンが30日毎の月割り計算、月利で金利計算をするのに対して、消費者金融では1日毎に日割り計算となっています。ですから給料日2日前に利用して、給料がでたらすぐに返済すれば、たった2日分の利息を支払うだけで済みます。ちなみにカードローンの場合は、2日後に返済しても1か月分の利息を支払う必要がでてきます。

利用するときは、まずはお試し診断からはじめることをおすすめします。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY