> > > ローンについて学生はキャッシングするべきかどうかで悩んでいる

ローンについて学生はキャッシングするべきかどうかで悩んでいる

ローンについて学生はキャッシングするべきかどうかで悩んでいる

ローンについて悩んでいます。学生はキャッシングするべきかどうかについてですが、基本的に学生というのはキャッシング利用されている人が多いものなのでしょうか?今では、カードローン審査が甘いと言われているのでカードローンにしようか迷っているのです。

また、カードローンやキャッシングというのは違いがあるのでしょうか?以前に金利について一覧となっている表を見たことがありますが、どう見てもキャッシングのほうが金利が安かったのです。このような仕組みになっている理由についても、教えていただけると助かります。

学生はキャッシングの方が返済が楽です

学生はキャッシングするべきかどうかについては、しても問題ないとされておりますので特に利用については問題ないとなります。また、キャッシングについてですが、カードローンよりは金利面では確かに楽です。一般的なキャッシングは12回払いであっても12%付近となっておりますので、基本的にキャッシングを利用していてカードローンより損をするようなことはないでしょう。ですが、カードローンのほうがキャッシングより有利なケースもあります。

例えば、カードローンなどを使って自由にお金を使いたい場合がそうです。人と言うのは、生活をされている間にちょっとした欲望に突き動かさられることもあります。具体的には、飲食をちょっと高いものにしたいという欲望もありますし、ちょっとだけ高い品物として服や靴を購入したいという人もいるでしょう。しかし、これらをキャッシングで行ってしまうと、「管理が非常に面倒」となってしまうのです。毎月の支払を6回払いで終わらせる場合であっても、完済するまで支払の内訳書に残ったままとなりますので、管理するのは簡単ではないでしょう。
(⇒自由なお金の使い道を考える

また、キャッシングをしている場合にはカードローンと違って、今どれだけの金額を使っているのかがわかりにくいデメリットがあります。このデメリットについては、相当な時間を用いてようやく使い慣れるようになるので大変でしょう。ただ、キャッシングについては金利面ではカードローンより優位になっているのは確かです。キャッシングは回数が少ない場合、特に6回払いより短い場合に金利が8%未満となります。しかし、カードローンは借入可能額が審査で決定した際に、どのような使い方をしても固定の金利で利息計算されるようになっています。カードローンは平均すると14.0%のものが多いので、毎月で6%分は金利差が発生すると思っておいたほうがいいでしょう。

学生はキャッシングするべきか。使い道と計画性しだいです

学生はキャッシングするべきか、これは中々難しい問題です。学生ですから、基本的に収入はないはずですよね。収入のない人はキャッシングは利用できません。ですから学生は利用できないはずですが、実際には利用できます。

それは学生でもバイトなどである程度安定した収入があれば、その範囲でキャッシングが利用できるからです。収入の範囲でしか利用できないのですから、学生であっても利用して、返済できずに破綻してしまうと言うことはないはずですし、利用してはいけないと言うことはないと言えるでしょう。しかしまだちゃんと就職もしていないのに、借金をすると言うのは良く思わない人もいるでしょう。

確かにそうとも言えます。しかしキャッシングに限らず借入と言うのは、利子と言うコストを負担して何を手に入れるのかといえば、時間です。就職後安定した職を得て、安定した収入を得る代わりに得るのは忙しい毎日です。就職後なくしてしまうであろう時間がある学生のうちに利子を支払ってもしておくことがあるとはっきり感じられるのなら、それは無駄なことではないといえるでしょう。

例えば勉強のための費用や、免許を取るための費用はキャッシングを利用しても無駄ではないかもしれません。またそうではなく、旅行費用と言うような遊びのお金も卒業後には旅行自身が難しくなるかもしれないと考えると、決して無駄なことではないかもしれません。確かにまだ学生なのにキャッシングを利用するのは違和感があり、抵抗を感じる人も多いでしょうが、学生だからこそ出来ることに計画的に利用する資金なら、それは決して悪い利用のしかたではないと言えます。

キャッシングは学生でなくてもタイミングを失えば手に入らないものを手に入れるのに利用するのが一番賢い利用の仕方でしょう。そう考えると、学生のときにこそうまく利用して、タイミングを失わないで貴重な経験を手にするために上手に利用するべき道具と言えるでしょう。

【参考ページ】
さすがに無職の学生では借りる事もできません

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY