> > > 三井住友のカードキャッシングがあれば他は不要ですか?

三井住友のカードキャッシングがあれば他は不要ですか?

三井住友のカードキャッシングがあれば他は不要ですか?

三井住友っていうと、日本有数の大企業ですよね。大企業というと様々な分野のビジネスを展開していて当然な感じで、その中に金融業務があるのは珍しく無いですね。元々は家電とかを担当していたのにいつの間にか銀行をもっていた…なんて企業の例もありますので、三井住友ではむしろ当たり前すぎる流れのようにも感じます。

私は三井住友の銀行、及びクレジットカードを利用しているのですが、どちらも大手企業らしい上質なサービスを提供してくれていると思います。特にクレジットカードに関しては不正利用に対する補填や監視が最高クラスなので、お金に関わるこの一枚を安心して利用できています。そして、今度はカードキャッシングも作ろうと思っています。

このカードキャッシングは他の銀行とかも提供しているわけですが、正直言って三井住友のカードさえ作る事ができるのなら、他を比較検討したり使い分けたりする事は不要でしょうか?最高のサービスを提供してくれる事が何となく分かっている感じですので、無駄に比較検討したりすると時間の方が勿体ないというか…その辺はどうなっていますか?
(⇒金融業者の比較検討はしなくても良いの?

カード毎に特性があるので断言は難しいですね

三井住友さえあればそれで良い、確かにその考えは間違っているとは言いにくいね。だって金融業者を選ぶのに重要な点が『有名大手から使っていく』というものだから、最大手とも言えるクラスの三井住友を選んで後から後悔する…というのは、どうしても考えにくい。言い方は悪いけど、何も考えずに何となく選んだとしても、三井住友のカードキャッシングは融資としての力を存分に発揮してくれるだろうね。

ならばもう迷わずに三井住友にすれば良いだろうけど、実はそう断言するのは難しい。何故かと言うと、いくら三井住友のカードキャッシングが総合的に業界最高水準と言っても、部分的に見た場合、全てのカードキャッシングに勝っているとは断言できないだからなのさ。

分かりやすい例で言えば、限度額が良いだろうね。三井住友のキャッシングは限度額が豊富だしこれ以上必要無いという人は多いけれど、実は最大融資額だけで言えば三井住友よりも多い金融機関は存在している。そして低金利と言える三井住友よりも低い金利を提示していたりするところもあるし、自分がどこを重要視するかによって、最高のカードというのは異なってくる。無論、部分的に三井住友に勝っているカードキャッシングが他の面で三井住友に劣っている事はままある。
(⇒銀行カードローン同士でもかなりの差があります

なので、自分がどの要素を最も融資において重要視するか考えて、そこを起点に金融業者を選定していこう。三井住友が最有力候補だというのなら、それを基準に比較して、それでも三井住友のキャッシングが良いと思えばもう迷う必要は無いだろう。

【参考ページ】
特に審査の差は顕著です

三井住友銀行カードでのキャッシングについて

三井住友銀行のキャッシングは、総量規制の適用を受けない銀行のキャッシングサービスです。銀行に口座を持ってなくても申し込め、満20歳以上満65歳までの原則安定した収入のある方で、SMBCコンシューマーファイナンスの保証を受けられる方が対象となります。金利は4%~14.5%となり、100万円以下の場合は12.0%~14.5%、700万円~800万円の場合で4.0%~4.5%となります。利用限度額は最大800万円となり、三井住友銀行の住宅ローンをご利用中で返済に遅延のない方は金利が割引される可能性があります。

申し込みは、窓口、ローン申込機のほかに、パソコン、モバイル、電話、郵送でも可能です。申し込みの際の必要書類は、本人確認のための運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カード(写真付き)から1点、および300万円を超える申し込みの場合は年収が確認できる書類が必要となります。審査は、SMBCコンシューマーファイナンスが行いますので基本はプロミスと同じで最短30分です。無事に審査が通るとカードを発行してもらいます。郵送でも送ってもらえますが、急ぎの場合はローン申込機まで出向いて取得することになります。
(⇒ネット申し込みって難しくないの?

カードは、キャッシング専用か普通預金キャッシュカードか選択できます。普通預金キャッシュカードのほうを選択すると、所定の手続きをすることで自動融資(バックアップ)サービスを受けられ、返済用預金口座の残高不足により公共料金、各種クレジットの支払い、各種自動払いサービスの引き落としができない場合に、引き落とし金額をローン口座より自動融資します。この手続きは、三井住友銀行本支店窓口かローン申込機で行えます。ただし、キャッシングの返済額や投資信託の自動積み立てなど自動融資できないものもありますので注意が必要です。毎月の返済日については、毎月5日、15日、25日、月末のなかから選択できます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY