> > > 事業資金借り入れをキャッシングでできますか?起業準備中です

事業資金借り入れをキャッシングでできますか?起業準備中です

事業資金借り入れをキャッシングでできますか?起業準備中です

10年ほどサラリーマン暮らしをしました。毎日毎日あちこちに頭を下げて、上司の理不尽な要求にも耐える日々でした。無茶苦茶なノルマが達成できず、何度自腹を切ったか分かりません。事務のお局様には出張のお土産が気に入らないとイヤミを言われ、可愛いなと思った女の子には社外に彼氏がいて、サラリーマンとは本当に大変な生き物です。それがよく分かった10年間でした。

しかしこのたび、学生時代からの夢を遂に叶えることができるかもしれません。と言っても輸入代理店を自分で立ち上げるという、世界的な規模からすれば小さい話なのですが…。しかしノウハウや人脈を培うために耐えたサラリーマン時代10年間。絶対に成功させてみせますし、私にとっては大変重要な人生の転機です。幸いにも今の会社の上司も応援してくれるので独立には問題なさそうです。

問題は資金です。多少は蓄えがありますが、自営業を立ち上げるとなると少々心許ない金額です。公庫や銀行に相談してみるのも考えましたが、多少急がなければならないので、最初だけは消費者金融での借り入れを考えています。もしくは銀行でも審査の早い方面ですね。しかし事業資金をキャッシングするということは可能なのでしょうか?やはり個人への融資とは違い、何か制限があるのでしょうか?(参考ページはこちら→事業主がお金を借りるコツとは

事業資金も借りられる!今時のキャッシングは多芸多才!

もしかしてブラック企業だったんじゃないかな……と心配してしまうほどに無茶苦茶な会社の環境だったようですね。どこの会社にも理不尽な上司やイヤミなお局様はいるものですが、しかしあなたの場合はちょっと群を抜いて凄いものだなと……。でも独立を応援してくれているようなので、心までブラックというわけではなのでしょうか。起業がうまくいくようにお祈りしておきますね。

サラリーマンの強みは人脈やノウハウをこつこつと積み上げていける部分にもあると思います。社畜だ何だとよく言われてしまいがちな現代ですが、結局一番強いのはサラリーマンです。起業してもその強さを忘れないでいられれば良いですよね。資金の面ではこれからのこともありますから、じっくり考えていきまそう。

事業資金のキャッシングですが、結論から言ってしまうと可能です。この場合、おそらく消費者金融からの借り入れを考えているのかと思います。消費者金融では会社にもよりますが、事業資金の融資もキャッシング形態で行っています。金額は会社によってまちまちです。銀行と比べると最大融資額が少々低くなるきらいがありますが、よほど特殊な業種でなければ充分足りる金額だと思います。
(⇒キャッシングは借入先によって使い勝手が大きく変わる事に注意

消費者金融というと個人への融資だけしかやっていないのかという印象がありがちですが、最近はそうでもありません。特に大手の消費者金融であれば、事業資金への融資の門戸も徐々に開き始めている状況です。事業資金に関しては公式ホームページに明記してあることがほとんどですので、まずはそちらをチェックしてみるのも良いでしょう。

ただ、事業資金の借り入れと個人的借り入れに関してですが、事業性のある借り入れ金は個人の目的に使うことはできません。逆に個人的な借り入れに関しては、事業性のあることに使うことができません。

たまに自営業の人が、小さな額の借り入れを事業資金に回してしまうことがあります。すぐに回収できるからこその緊急避難的な利用法ですが、本来はNGです。銀行でも消費者金融でもこういった線引きはしっかりされていますので、利用する時には先に詳細を確認して、間違いのないようにして下さいね。
(⇒職業による融資の問題

事業資金借り入れが出来るキャッシングもあります

銀行系カードローンでも消費者金融でも、特に使い道に制限はないのですが、唯一制限されるのが事業性の資金です。必ず事業性の資金を除くとなっています。しかし自営業などの個人事業主では事業資金と、自分の生活費はあまりはっきりとは区別できていない場合が多く、それが自営業の人への融資が難しくなっている理由の一つでもあります。

では事業資金借り入れはキャッシングでは出来ないのでしょうか。通常のキャッシング、カードローンでは確かに出来ません。しかし可能な契約もあります。それは一部の消費者金融なので提供されている個人事業主向けのキャッシングの場合です。個人事業主への融資は消費者金融の総量規制の対象外となり、年収の1/3までである総量規制もはずれ、更に事業性の資金の利用することも認めるものがあります。

ただし審査は面倒です。普通のキャッシングと違って、収入証明書だけでなく事業計画が分かるような資料の提供を求められます。収入や売り上げ経費など全ての情報を求められることになります。しかしそれと引き換えに比較的自由な融資が利用できます。借入金額が大きいと言うことは金利が低いと言うことでもあり、大変魅力的な融資と言えるでしょう。もちろん事業資金の借入があるのは、事業主だけですから、一般の給与生活者には関係ないことですが。

扱っているのは消費者金融ですが、全ての消費者金融と言うわけではありません。やはり得意不得意があるようです。事業主向けのキャッシングを扱っている消費者金融ははっきりとそのことを宣伝していますので、そういう業者から選ぶのが良いでしょう。審査自身は面倒でも、特に厳しいわけではありません。ただし申告や帳簿がきっちりとしていることが重要になってきますので、まずそういうところを自分で点検して、問題ないと言えることを確認してから申し込んでみることをおすすめします。あまりに収入を少なく申告していると大きな金額は借り入れないので気をつけましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY