> > > 現在無職ですがキャッシング利用をしたいのです

現在無職ですがキャッシング利用をしたいのです

現在無職ですがキャッシング利用をしたいのです

現在無職となっているのですが、自己都合でどうしてもキャッシングが必要になりました。また、カードローンやキャッシングについては、無収入であっても審査に通ることもあるというのをネットで見つけました。これって現在でも利用出来るようになっているのでしょうか?(参考ページはこちら→仕事が無くても融資ってOK?

また、キャッシングで必要な金額についてですが100万円を考えています。足にする自動車が欲しいのですが、現在、無職ではあるのですが家の仕事を手伝うような形で微妙な収入はある状態です。毎月、5万円までであれば返済も可能という状態なのですが、このような私でも現在無職のキャッシングは利用できるでしょうか?

利用できる可能性は高いと思っていいでしょう

状況は非常に良い部類かと存じます。また、現在無職のキャッシングについてですが、収入が微妙なりにあるというのは大事な要点とはなっていません。というのも、ネットで調べられたとおりで無収入であっても問題無いとなっているからです。ちなみに、収入があるかどうかについて聞かれることもないようになっていますし、店舗に設置されている無人機で契約をするわけでもありません。今では、ネットからで契約できるようになっています。
(⇒融資審査は意外と柔軟?

また、どうして現在無職のキャッシングのようなものがあるのか?というと、それは「生活保護受給」という方法でもローン返済は可能だからです。生活に困っている場合には、必要とあれば申請をすることで必要分の金額をいただけるようにもなっている制度で、これについてはカードローンやキャッシングであっても成立するようになっているのです。また、現在無職のキャッシングの場合には、100万円というのは担保がないと難しいでしょう。ただ、キャッシングであれば購入した自動車などを担保として、契約をするような対応も可能であったりしますので、そのように対応するのもありです。

今回のケースでは、5万円程度で返済することも可能となっているので、いっその事、「家を手伝っている」ではなく「家で仕事をしている」とされてはどうでしょうか?そのようにされると、自宅に電話がかかってくるだけで本人確認についても完了します。また、信販会社というのはハッキリしない相手を嫌ってもいます。なので、将来的に安定して返せる金額で契約をするのも大事です。好印象をもってもらうために、10万円でも可能です・・・のような記入についてはしないように注意しておきましょう。

現在無職でもキャッシングの審査に通過する方法とは

現在無職の方がキャッシングの申し込みを行う際には、審査に通過するためのポイントを把握しておく必要があります。この幾つかの要点を把握しておけば、現在無職の方でもキャッシングを利用する事が出来るようになるのです。

現在無職の方が金融機関から融資を受ける際に問題となる点として、勤務先がないために在宅確認ができないというポイントがあります。これは金融機関から融資を受ける際には、勤務先に電話連絡が行われる事が大半で、連絡のとれ無い方の場合は自宅の電話番号を申込書に記入しておくことで、この問題点を解消することができます。

また、現在無職の方のキャッシングの申込みで多いケースとしては、申し込み件数が多すぎるという問題があります。これは審査が通りづらい事が原因で、短期間に複数の業者に申し込みをしてしまう事が原因となり、逆に審査に通過する事が困難になってしまうケースです。このようなケースを回避するために、審査に通過しやすい業者を厳選し、二社程度に申し込みを行うことが必要になります。
(⇒申し込みが多すぎるのは審査でNG

また、無職の方の場合は、オンライン上での個人間の取引などを通じ自営業者として登録しておく事で、キャッシングに申し込みを行いやすくなります。この場合は、自宅を勤務先として登録し、在籍確認も自宅の電話番号を使用できるので、在籍確認にも対応することができます。

そして、現在無職の方の場合は、アルバイトをしていれば簡単に金融機関から融資を受ける事が出来るようになります。これは属性が無職ではなくなるためで、アルバイトやフリーターとして一定の基準を上回る収入を得る事で、審査に通過する事が簡単に出来るようになるのです。このような非正規の形態での就労でも、審査を受ける上では完全な無職ではなくなるので、一定の収入を得ていることを証明すれば、キャッシングの審査に通過することが出来るようになります。そのため、無職の方の場合は、これらのポイントを確認し、審査に通過しやすい状態をつくっておく事が重要になります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY