> > > キャッシングで複数審査にかけるとブラックになるって

キャッシングで複数審査にかけるとブラックになるって

キャッシングで複数審査にかけるとブラックになるって

5枚ぐらいキャッシングの審査にかけると、ブラックリストに名前が載るってホント?(参考ページはこちら→たくさんの申し込みも危険?

確かにブラックになるかもね

あまりキャッシングの申請ばかりしない方がいいわよ。インターネットで借り審査のサイトがあるわよね。まず最初にそれを利用した方が良いんじゃないかしら。いくら素早く現金を貸してくれるキャッシングでも、5枚も申請しようと審査にかけてしまっては、「きっとこの人おカネに困っている人なのかしら。」と目を付けられてしまうわよ。(参考ページはこちら→融資審査で見られる細かな部分

「ブラックリストに名前が載る」。確かに。ブラックリストではないけれど、キャッシングのカードを発行するときに個人の信用情報っていうのがあるから、審査の申請をしたりすると記録が残ってしまうらしい。そこに一度でも審査落ちをした記録が残っていると、審査落ちをした理由にもよるんだろうけどこの情報を他社も参考にするから、内容によってすべてカードの審査が通らなくなる可能性があるわよ。

カードを複数まとめて申請するとき、総量規制のことも考えなきゃね。年収とのバランスをみるんだけど。あまりにも借入れ希望額が大きいとこれも却下。返済を考えていないのではと思われていしまう。融資だけ受けといて逃げるってのはダメね。キャッシングで返済に苦しくなって逃げても、追いかけはしないけど何かと居場所が突き止められてしまうわけ。逃げても生活はしなきゃいけないし、仕事に就くためには住所が必要でしょ。人によっては、逃げた場所でどうしてもカードを使いたくなってバレないと思って機械にカードを通してみたり。
(⇒やっぱり仕事で融資は大切です

とにかく、5枚もキャッシンングの申請すれば審査で厳しく見られてしまうわよ。普通の生活でいきなり何百万も必要ないからよ。どうしても車の購入や緊急な入院などで現金が必要になったときは、目的に応じた商品が多数あるからそういうローン商品を探すといいわね。消費者金融をあたると金利もやや高めになってしまうから、銀行を検討してみるといいわね。自営業者でどうしても資金繰りに困ったということであれば、消費者金融でもつなぎ融資に対応しているキャッシングもあるから利用するといいわよ。

因みに私の友だちで、何を考えたんだか5枚以上審査に出しちゃって、結局審査落ちのカードが出てしまったんだけど、返済もルーズなもんだからすべて借りれが出来なくなってしまったわけ。それでこのあと数年はキャッシングの審査が通らなかったわよ。しょうがいないわ。逆に借金地獄に陥らなくて済んだけど。こういうカネ遣いの下手な人って本当にイヤだわ。

キャッシングの複数審査を受けるとブラックになる

キャッシングでは事前に審査があります。審査では、きちんと返済をしてくれるかどうかという確認が行われ、返済能力が認められてた人のみが審査に通過でき、融資が決定します。言い換えれば審査に通過できなくては融資を受けることができないということです。(参考ページはこちら→複数の融資利用は控えよう

さて、それならば「数撃てば当たるのでは?」という考えから、一度に複数のキャッシング会社に申し込みを行い、複数審査を受ける方もいます。1社でも審査に通過できればいいわけですし、仮に全社通過できても、それはそれでOKでしょう。しかし実は、複数審査を受けると審査に通過できる可能性が高くなるどころか、逆に低くなってしまうというネックがあるので注意が必要です。

先述したように、審査では返済能力の確認を行います。返済能力とは、つまり返済に対する信用であり、数撃てば・・・と考えて申込む人に信用があると判断することはできません。むしろ、複数社に申し込む人ほど「お金に困っているのでは?」という見方をされてしまい、となると必然的に融資が厳しくなってしまうのです。

また、1か月の内に3社以上の審査に落ちると申込みブラックに登録されてしまうというネックがあります。申込みブラックとは、世間一般で言われるブラックリストの一つであり、正確には個人信用情報機関の事故情報のことです。キャッシングの申込み内容は個人信用情報機関を通して全ての金融会社に筒抜けですので、何時どこの会社に申し込みをしたのかということがリアルタイムで確認できます。そのため隠しておくことはできません。実際に申込みブラックに登録されてしまうと、そこから半年はキャッシングを含め、他のローンも組めなくなってしまうというリスクが生じるため、これではお金を借りたい時に借りることができません。

それを踏まえて、キャッシング申込みをする際には、できれば1社ずつに申し込みをし、最大でも一度の申し込みは2社にとどめておくことが勧められています。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY