> > > 返済期日忘れでキャッシングはブラックになってしまうの?

返済期日忘れでキャッシングはブラックになってしまうの?

返済期日忘れでキャッシングはブラックになってしまうの?

人間誰しも一度は忘れ物とかってしたことがあると思うんです。忘れ物とか遅刻とか社会にでると厳しく言われるんですけれどもどうしようもないときだってありますよね。キャッシングだって忘れてしまう時がって返済できなかったという時もあると思うんです。

私は幸いまだ使っている機関が短いっていうこともあって、そういう忘れはないんですけれども、期日忘れでキャッシングってすぐにブラック扱いになってしまうんですか?もしそうだとしたら私きっと近々すぐに期日忘れをしてしまいそうなんですよね。どうしたらいいでしょう…

返済期日忘れですぐにブラックになることはないので安心を

キャッシングで返済期日忘れてしまって、そのまま過ごしてしまうなんていうことは別に珍しいことではありません。質問されている方がおっしゃっているように、やっぱり人間ですからそういうことって忘れたりすることがよくあるんですよね。だから忘れてしまった時にはそれなりのペナルティはあるんですけれども、いきなりブラックになってしまうということはないので安心してください。(参考ページはこちら→ブラックリストの基本条件

おおよそ多くの人が返済期日忘れをキャッシングでやってしまうというのであれば、1日2日くらいのものでしょう。長くても1週間程度で返済をすることができると思うのですが、このくらいであればブラックにはなりません。ブラックにならない代わりに遅延損害金というものが最大で20%かかってきます。金利を二倍払わないといけないようなものと思ってもらったらいいと思います。

遅延損害金も合わせて返済をするので元金が減りにくくなってしまうわけですが、遅延してしまっているのでこれはもう仕方ないと思って受け入れるしかないでしょう。ちゃんと支払いができれば、今後もしっかりと付き合っていけますし、借り入れできないということはないので安心してください。

ただし何度もこういう細かい遅れというのをしてしまう場合や、期日忘れをしてずっと放置してしまう場合などはブラックになってしまうでしょう。最悪の場合は一括ですぐに返済してほしいと言われてしまうこともあるし、取引停止になってしまうこともあります。そして裁判を起こされてしまうことだってあるので何度も起こさないこと、返済はすぐに行うことが肝心です。
(⇒返済を放置していると後々も辛いです

結局ブラックになるためにはかなり長い間返済をしないなど、悪質な人たちが指定されるので、ちょっとした普通の人でもよくある返済期日忘れくらいではブラックにならないのです。でも忘れないように引き落としにするなど、自分なりの工夫は必要でしょうね。

キャッシングの期日忘れをするとすぐにブラックになるのか

キャッシングを複数の会社で利用しているとそれぞれで返済期日が異なるため、お金に余裕があっても返済を忘れてしまう危険性があります。この期日忘れをしてしまう個人信用情報機関のブラックリストに登録されると言われています。しかし、遅延を起こすとすぐに登録されるものではなく、猶予期間が設けられています。

ブラックリストには61日以上、または3か月連続で返済が滞った場合に登録されるため、それよりも早く返済を行えば個人信用情報機関に登録されず、他社からは把握できません。基準は金融機関によって異なるため、61日以上の遅延を起こさないようにすると安全です。

ただし、これよりも早く返済した場合でも問題はあります。遅延を起こしてしまうと遅延損害金として20%を上限とする利息が加算されるため、返済の負担になります。そのため、遅延に気付いたらすぐに返済を行った方が良いです。

また、当然のことながら利用している金融機関へ悪印象を持たれることになります。キャッシングの利用限度額を増額しようとしても審査に通らなくなったり、遅延を繰り返していると返済能力が不足していると判断されて限度額を引き下げられてしまうこともあります。(参考ページはこちら→こうした対応も会社によって違う?

すぐに金融機関に連絡を入れることも忘れてはいけません。支払うお金の余裕がないのか、単に期日を忘れてしまっただけなのか説明を行います。自分で連絡を入れず、金融機関からの連絡も無視するのはやってはいけません。勤務先へ督促の連絡が来たり、契約を解除されることもあります。

金融機関の中には返済期日の数日前や当日、期日を過ぎたときにメールで通知するサービスを行っているところもあるため、これを利用すると期日忘れを回避しやすくなります。期日を把握していても都合が悪く、返済できない場合は無断で返済を遅らせるのではなく、電話で連絡を入れて返済日の調整を行います。ただし、これで返済日をずらしても遅延損害金は発生してしまうため、できるだけ早い期日にします。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY