> > > 横浜銀行でキャッシング、利率はどれくらい?お得なら使いたい

横浜銀行でキャッシング、利率はどれくらい?お得なら使いたい

横浜銀行でキャッシング、利率はどれくらい?お得なら使いたい

神奈川県に住んでます。何となく憧れられることが多い横浜です。…と言っても産まれながらの浜っ子(古い?)ではなくて、一昨年、新卒で横浜の支社に配属されただけなんですけど。でも人気の町だけあって住んでるのは楽しいです。静岡の実家方面と比べると、家賃や物価が高くて最初は驚きました。最近ようやく納得して、慣れた気分です。

でも薄給な上に住宅補助が出ない会社なので、毎月ギリギリのラインで何とかやり繰りしてます。貯金も全然できてません。これじゃ彼女ができても結婚資金も出せないんじゃないかと……って、それは彼女ができてから心配するから今はいいんですけど。目下の心配は今月の生活費なんです。と言うのも、いつもギリギリの所に、今月は結婚式が2軒もあったんです…。

これじゃ来月の給料日まで持ちそうにありません。いつもギリギリで貯金も全然ないので、キャッシングをするしかない状況です。会社の給与振り込みが横浜銀行の口座なので、できれば横浜銀行でキャッシングをしたいです。利率はどれくらいになりますか?返済計画を立てたいので知りたくて…。あと、あまりお得なら他のキャッシングもいいかな、と思ってるのも実は確かだったりしまして…。

利率は商品それぞれ!キャッシングなら最大14.6%です!

横浜って東京や大阪のような大都市とはまた違った魅力がありますよね。私の世代では横浜を舞台にした刑事ドラマが大ヒットして、仲間内で真似をしたり、横浜までドライブしたりとちょっとしたブームになったものです。でも静岡も良いところと聞きますし、どの土地にも色んな面があるものですよね。家賃や物価は……まあ、都市部の宿命というところで諦めるしかないですね……

しかし住宅補助が出ないというのは辛いですね!もっと年齢がいった人ならまだ我慢できるものの、去年入ったばかりの二年目の人のお給料で横浜に一人暮らしは辛いでしょう。やり繰りができるようであれば、厳しい時にはキャッシングで乗り切っていくようにしましょう。しかも今月は結婚式が二件ですか……考えるだけで気が遠くなります。

住んでいる土地にある銀行を使いたいと言う人は案外多いです。東京から地方へ転勤になった人が、そこの銀行の口座を作ったり、キャッシングを利用したりという話をよく聞きます。地元ならではの利点と、早く地元に馴染みたいという気持ちの表れなのかな、と思っています。

横浜銀行ですが、キャッシングと言うより、カードローンを取り扱っているようです。住宅ローン、車ローン、フリーローンと様々な商品があります。あなたの場合は用途を制限されない横浜銀行カードローンが良いでしょう。

このカードローンは審査が早く、最短で即日から利用できるという、銀行系のカードローンとしてはとてもスピーディな部類に入ります。申し込みも直接の申し込みの他、ネットでも受け付けているので、営業時間を気にせず申し込むことができます。この点は忙しい社会人でも便利に利用できるように配慮されているようです。

そして気がかりな利率ですが、3.5%~14.6%となっているようです。これは銀行ならではのお得な金利と言えるでしょう。カードローンの利用を考えているなら、横浜銀行のカードローンを避ける理由はありません。せっかく横浜にお住まいになっていることですし、住所があるうちに作ってしまってはいかがでしょう?限度額の幅も広く、長く使っていくにも良いカードだと思いますよ。

【参考ページ】
銀行融資に通ずる基本

横浜銀行のキャッシングの利率などのポイント

横浜銀行ではキャッシングの商品として横浜銀行カードローンという商品があります。この商品は幅広い人が利用しやすいローンとなっていて、借りたお金もさまざまな用途に使用できるのが利用しやすいポイントになっています。旅行に行くための資金や、新しい家電製品を買うための資金などにも利用できます。その他にもエステサロンにいくための費用や、結婚のためにかかる費用などにも利用できます。

横浜銀行カードローンは金利が手頃であることも借りやすいポイントになっています。このカードローンでは借り入れ限度額によって利率が異なるものに設定されています。
(⇒金利も審査結果によって変動する?

借り入れ限度額が100万円以下の場合には金利は1年あたり14.6パーセントとなっています。借り入れ限度額が100万円を超えて200万円以下の場合には年利が11.8パーセントとなります。200万円を超えて300万円以下の場合には8.8パーセントになります。300万円を超えて400万円以下の場合には年利は6.8パーセントに設定されています。借り入れ限度額が400万円超で500万円以下の場合には年利は4.8パーセントとなっています。500万円を超えて600万円以下の場合には年利が4.5パーセントとなります。600万円超から700万円以下の場合には年利が4.0パーセントとなっています。借り入れ限度額が700万円を超えて800万円以下の場合には年利が3.5パーセントに設定されています。
(⇒融資利率は借入額で変わる

このように横浜銀行カードローンは借り入れ限度額によって利率が大きく異なっていることが特徴になっています。なおこのカードローンの借り入れ限度額の上限は800万円までとなっています。横浜銀行カードローンを申し込む場合には借り入れ限度額が300万円以下の場合には原則的に収入証明書を提出する必要がないので、より気軽に借り入れの申込みができるようになっているのも利用しやすいポイントの一つです。手続きもより簡単になっています。(参考ページはこちら→簡単と言われる申し込み方法

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY