> > > 会社を設立したが事業者向けのキャッシングが使えるか?

会社を設立したが事業者向けのキャッシングが使えるか?

会社を設立したが事業者向けのキャッシングが使えるか?

観光地でお土産やを経営しているのですが、この度、風景の良いこの辺りをドライブしてもらおうとレンタカーを扱う会社として新たに起業しました。レンタカーも夏の観光シーズンにピッタリのオープンタイプや家族でゆったり乗れる大きな車も取り揃えました。お土産を販売してレンタカー会社を経営するというのは、おもったより人気がありまして、まだシーズン前ですが、今の所出だしは好調なんです。

しかし、小さな物を販売したり大きな車を貸したりと手間がかかりますし、人手も必要です。何かと資金も調達しなければなりません。取引銀行で事業者向けのキャッシングがあるようですが利点などはなんでしょうか?

個人ローンより金利が低くて借入金額も大きくなります

観光地のお土産屋さんでしたら、シーズン中は大変忙しいでしょうね。毎月平均して忙しいのなら、売上も安定するでしょうから資金繰りに奔走しなくてもすむでしょう。観光地の辛いところですね。レンタカーの営業を始めたそうですから、車の整備にもお金や手間もかかります。いっそう運転資金が必要となるでしょう。会社を設立するにあたり、銀行から事業者向けのキャッシングを利用できるなら、ぜひ効率よく利用したらいいと思います。

金融会社によってビジネスローンといったり商工ローンといったりさまざまですが、おおよその共通点は基本的に無担保、保証人なしですが、法人の場合は代表者が連帯保証人になります。金融会社によってかなり違いがありますが、通常個人が申し込めるカードローンに比べて、借入金額が100万円から300万円ぐらいまで可能ですし、金利も12%前後になる事が多いようです。カードローンでしたらよほど収入が多くない限り、上限限度額が50万円以下ですし、金利も15%以上がほとんどですから、やはり事業者向けのキャッシングは経営者にとってとても利用しやすくなっているのです。

手続きに必要な書類には個人事業主と法人で違いがあります。身分証明書に免許証や印鑑証明証などがいります。法人には決算書、個人事業主には確定申告書などです。その他にも必要な書類があるかもしれませんので、取引銀行に直接聞いてみてください。事業の経営状態によって契約内容にも差が出ます。申し込みをして手続きが完了するまでの時間は、カードローンみたいに即日とはいきませんし即日融資にもなりませんから、早めに申し込む事をお勧めします。観光地の仕事はお客様に夢を与える仕事ですね。健康にも気を付けて頑張ってください。
(⇒職業で変わる融資審査

【参考ページ】
事業者が使うべき融資方法

事業者向けキャッシングとしておすすめできるものはアイフルです

自営業や個人事業者など個人で事業を運営している人の場合には、資金繰りが苦しくなることも考えられると思います。一般的な金融機関からの融資が受けられなかったり、受けられる融資金額に限りがあって足りないときには、消費者金融業者が行っているキャッシングを利用する方法も良い手だと言えるのではないでしょうか。

消費者金融業者が行っているキャッシングを使って借り入れを行うときには、事業者が借り入れ可能な金融業者を選択する必要があります。多くの消費者金融業者が行っているキャッシングでは事業性のある資金として利用できない業者もありますので、個人事業主などが借り入れ可能な金融業者から借りなければなりません。

事業者が利用できるおすすめのキャッシング会社には、アイフルがあります。アイフルには事業者向けの融資サービスが用意されていますので、一般の銀行と同じ程度の低い金利で融資を受けることが可能です。アイフルのキャッシングローンの申し込みは、年齢条件が満20歳以上から70歳未満の人が利用できますので、若い人から高齢者の人まで幅広く行うことができます。

事業者向けのローンの場合には、総量規制の適用対象外のサービスということになりますので、年収3分の1を超える金額になっても借り入れ可能な点も大きな利点と言えます。アイフルであれば審査スピードが速いですので、申込みをしてからすぐに審査結果が出されることで即日融資を受けられる場合もあります。

アイフルの事業サポートプランはインターネットからの申し込みにも対応していますので、パソコンやスマートフォンを利用できる環境にある人であれば、いつでも好きなときに申し込みをすることができます。個人事業主の場合には利用できる限度額は、1万円から250万円までとなっていますので、大きな金額の融資を受けられて便利です。
(⇒ネット経由でお金を借りる

借り入れ契約には運転免許証などの本人確認書類や確定申告書、事業の内容が確認できるアイフル所定の書類の提出が必要になりますので、事前に準備しておくことで手続きをスムーズに進めることができます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY