> > > お得とされている無担保キャッシングとは本当にお得なの?

お得とされている無担保キャッシングとは本当にお得なの?

お得とされている無担保キャッシングとは本当にお得なの?

以前から、銀行やサラリーマン金融の無担保キャッシングが気になっています。広告などを見ると、お得な無担保キャッシングとは・・・という売り文句が書かれていたりするのですが、無担保キャッシングというだけでそこまでお得なのでしょうか?

また、平均的なキャッシングでは担保がいると見ていいのでしょうか?今まで、カードローンとキャッシングではカードローンのみで利用をしていたので、キャッシングについてよくわかっていないのです。また、キャッシングは金利が低いとされているのですが、銀行やサラリーマン金融で比較をしても差が見当たりませんでした。結局のところ、キャッシングに関してはどこでお金を借りても一緒と見ていいように感じているのですが、こちらについてもあっているか教えてください。
(⇒金融業者同士の比較

基本は無担保でローンできるようになっています

無担保キャッシングについてですが、ほぼ質問者様の考えているとおりで間違いはありません。つまり、無担保キャッシングというのは売り文句が多いだけで、そこまで特殊なローンではないのです。次に無担保キャッシングのような無担保というのは、キャッシングでは平均的となっているのか?についてですが、そうではなかったりします。昔からつい最近までは、ずっと担保ありでないと審査に通らないようになっていたからです。

しかし、現代ではそれだとキャッシング契約者が増えませんので、妥協案のような形でキャッシングにも無担保のものが増えてきました。つまり、お得とされている無担保キャッシングとは多くの人で借りやすい担保なしのキャッシングというだけです。次に金利についてですが、基本的にカードローンとキャッシングではキャッシングのほうが金利が低く設定されています。カードローンは借入額が大きくないと、14.0~18.0%で金利が設定されます。

14.0%というのは銀行の金利で、18.0%はサラリーマン金融の金利だと思っておいてください。しかし、キャッシングでは「支払回数が低い場合には低金利を採用する」という独自の金利設定が確立しています。その場合の金利は6.0%~となっていますので他の借金よりも金利が安いというのは本当です。ですが、自動車といった高額商品をローンされた場合は、どうしても12回払い以上になってしまうので、それだと金利が低くて固定に近いオートローンなどを組んだほうがいいとなります。あくまでも、少額の商品を購入する際にカードローンとキャッシングではキャッシングが金利的に有利というだけです。
(⇒少しでも低い金利で融資を受けるには

無担保キャッシングの仕組みと他のローンの違いとは

無担保キャッシングとは、担保を預ける事なしに、お金を借りる事が出来るサービスです。通常、金融機関からお金を借りる際には、有担保での借入れが大半で、この担保を預ける事で一定の金額が貸し出されることになるのです。この担保を預けることで、約束通りの返済ができなかった場合に、この担保を金融機関に差し出す事になります。それ故に、金融機関からお金を借りる際には、この担保という存在が保険のような役割を担うことになるのです。この借入は融資限度額が高額な住宅ローンなどの場合は一般的なものです。

しかし、キャッシングはこれらのローンとは異なり、無担保での貸し出しに応じてもらう事が出来る金融商品です。この個人への小口融資は、申込者の信用が担保となり貸しだしが行われるものです。そのため、審査に通過したら、個々に割り当てられる融資限度額の範囲内で借り入れが行えるようになります。このキャッシングの利便性が、他の有担保ローンとは大きく異なる点で、融資されたお金も自由に使えるために、大変使い勝手の良いサービスとなっているのです。

このキャッシングは無担保での貸し出しであるために、他の担保を用意する事が必要なローンとは異なり、融資限度額の面で金額に制限がつき、金融業者も貸し出しの際に比較的大きめな金利負担がつけることが大半となります。これは担保という保険無しでも融資が提供されるためで、サービスを利用する側には、一定の金利負担が必要になるのです。

このように有担保ローンの場合は、より高額な融資を提供してもらう事が出来ますが、申し込みには長期的な時間が必要となり、多種多様な手続きを得る事で、高額な融資が提供される事になります。そのため、急な入用でお金が必要な場合には、この担保が必要なローンは不向きなサービスで、即日で現金が必要な場合は、審査時間が短く、短時間で融資を提供してくれる無担保キャッシングが適しているのです

【参考ページ】
融資に申し込むならどんな物が必要になるのかを確認しておこう

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY