> > > 複数のキャッシング会社を掛け持ちできるのか

複数のキャッシング会社を掛け持ちできるのか

複数のキャッシング会社を掛け持ちできるのか

今、一か所から借り入れしてるんですが、ここ以外にもう一か所別のところでも借り入れしたいなと思っています。複数の金融会社から借り入れすることは可能なのでしょうか?

複数社から借り入れることは可能です

多重債務と言う言葉があるように、複数の会社から借り入れすることは可能です。実際に、利息やサービスなどを考慮して、2~3社を使い分けている人だっていますのでそんなに珍しいことでもありませんし、目的に応じて借入先を変えることは一般的なことです。

ただ、ここで気を付けないといけないのは、総量規制と言う法律です。銀行や銀行系であれば、この限りではないのですが、一般の消費者金融には、法律で貸してもいい額と言うものが決まっていて、それは、複数社合算した額となっていますので、仮にA社でその額いっぱいいっぱい借りていたとすれば、他の会社では借入できません。上限金額は借り入れる人の年収の3分の1です。
(⇒消費者金融なら注意すべきルール

わかりやすい例を挙げてみましょう。年収が120万円の人は借り入れ上限は40万円です。実際にはその年収では40万円まるっと借り入れることはできないでしょうが、あえて、このまま計算していきます。A社で10万円借り入れ、B社で20万円借り入れたとします。すると、残り10万円分だけはh化の金融会社から借り入れることが可能になるのです。これが総量規制の仕組みです。この総量規制にひっかからなければ、借り入れは可能です。(返済能力がある場合に限る)

審査で、他の消費者金融から借り入れしていないとうそをつくのは無駄です。信用情報を調べればどの会社でいくら借入金があるのか一目瞭然ですので、必ずばれます。うそは心証を悪くするだけですので最初っから素直に他の消費者金融での借入金額を伝えておきましょう。

余談ですが、キャッシング枠を持っている場合、実際に借り入れしていなくても、その枠も借入金額として考えられることがあります。ですので、余計な借入枠は持たないようにし、必要のないキャッシングカードなどはきちんと窓口で解約手続きをしておくようにしましょう。手続きをしていないと、いつまでもそのキャッシング枠が生き続けることになりますよ。

最後に一つだけ。多重債務自体は悪いことではありません。しかし、複数社に借り入れがあるのはどうしても世間的に良くは見られないでしょう。また、返済に無理がきて遅延が続いてしまうことだってありますし、返済自体が面倒になったりもしてきます。あまりいろんなところから借り入れせずに、1~2社程度に抑えておくのが無難ではないでしょうか?(参考ページはこちら→絞り込むならどんな業者?

キャッシング掛け持ちできるの、そんな疑問は

現金が必要だけど、持ち合わせがない、お金に余裕がないという時などに便利なのが、キャッシングです。業者の審査を受け、それに通り、契約が終わった状態であれば、コンビニATM等から、いつでも必要な現金を借りる事ができて、お金がないからと悩む事がなくなります。

ただ、そんな便利なキャッシングは、無限に借入できる訳ではありません。審査の申し込みの際に、限度額が設定され、その範囲内で、借入をしていく事になります。この限度額は、消費者金融の場合、総量規制の対象になる為、年収の1/3まで、総量規制の対象にならない銀行の場合、銀行が定めた上限までとなりますが、すぐにその上限まで利用出来る訳ではありません。(参考ページはこちら→消費者金融での借入額限界について

審査の段階では、その人に一定の年収があっても、本当に返済能力があるか等の判断は難しく、最初は少額の限度額から始まり、必要に応じて増額の審査を受けていく事になるのですが、増額審査は、最初の審査に比べて、厳しく、審査に続けて落ちた場合、限度額を引き下げられたり、一時的に借入停止になってしまう可能性があります。

こうしたデメリットを避けたい場合、同じ業者で増額を考えるよりも、他の業者で新たに審査を受ける事が有効です。キャッシング掛け持ちできるの?と考えてしまう人もいるでしょう。ですが、キャッシングを利用する人の中には、掛け持ちをする人は珍しくありません。

ただ、この時に気にしておきたいのが、借入可能な上限の金額です。消費者金融の場合、総量規制の対象となります。この総量規制は、1つの業者で年収の1/3まで、ではなく、複数の業者を利用した場合、その合計が年収の1/3までとなります。

掛け持ちをする際、年収の1/3にあたる金額に達していない、まだ余裕があるという場合は問題ありませんが、複数の業者を掛け持ちしていて、年収の1/3に近い金額を借入れている場合等、利用できない可能性があります。ですから、掛け持ちをする際は、現在の借入額等を考えて審査を受ける必要があります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY