> > > キャッシング枠を増枠するならしておいたほうがいいことって何?

キャッシング枠を増枠するならしておいたほうがいいことって何?

キャッシング枠を増枠するならしておいたほうがいいことって何?

キャッシングカードを作ったんだけど、上限金額が思うほど高くなく、ちょっとがっかりしてます。なのでいつかは増枠してもらいたいなと思うんですが、増枠も結構難しいって聞いたんで、やっておいた方がいいことがあればしておきたいです。やっておいた方がいいことって何かありますか?

良客である実績を作っておくと良い

増枠は良客でないと認められません。金融会社にとっての良客とはそこそこの金額を借入れてくれ、遅延なく、きちんと返済してくれる客のことです。最初の申し込み時には金融会社側からしてあなたは未知の存在です。収入や勤め先はわかっても、【この人はきちんと返済してくれる人か?】【お金を借りてくれる人か?】などと言う人間性にかかわる部分はわかりませんので信用はないのです。しかし、きちんと返済してくれる良客となれば、そのころとは比べ物にならないほどの信用が付いてくるのは確実です。将来的に増枠をするということが視野に入っているのであれば、その良客になれるように努力しておくのがベストでしょう。
(⇒融資で大事な信用情報

ではどうやったら良客になれるのか?まずは、キャッシングをしっかりと利用しましょう。1度や2度でなく、頻繁に利用するのです。額もある程度の金額を借りると良いでしょう。そして、遅延なく完済をするのです。なんども借り入れ&完済を繰り返していくうちに利用実績ができます。その利用実績こそが信用の証。そのうち、こちらから増枠を申し込まなくても、金融会社側からインビテーションが来る可能性だってあります。インビテーションとは増枠のお誘いのことです。金融会社は、超お得意様!と判断した客にはこのインビテーションを送ってきます。しかし、最近ではなかなかインビテーションを送らなくなってきているので、インビテーションは来たらラッキー♪くらいに思っておくのが良いかもしれません。来たら本当に楽なんですけどね。

増枠を申し込んで申請が通る可能性が出てくるのは最短でも半年以上経過してからです。できれば1年はほしいところですね。利用実績を積みながら時間がたつのを待ちましょう。

注意点としては、いくら増枠を望んでも、総量規制の範囲内までしか借入できないということ。銀行や銀行系は別なのですが、基本、キャッシングの増枠は年収の3分の1までしかできないと覚えておきましょう。これは金融会社がどうこうではなく、法律で決まってしまっていることなので仕方がないことです。銀行や銀行系の消費者金融の場合は総量規制は関係ありませんが、キャッシング上限金額が設定されていますのでその金額までしか増枠はできません。

キャッシング増額するなら静かに機を待つべし

カードローン、とっても便利ですよね。カードがあればコンビニのATMなどから簡単にキャッシングできるので、一度くらいは利用経験がある方は意外と多いのではないでしょうか。そんなキャッシング、頻繁に利用をしていると増額したくなりますよね。キャッシング増額するならどうしたいいのでしょうか

そもそもキャッシングというと響きが可愛らしいのですが、簡単に言うと借金です。借金なので期日までに借りたお金に利息を添えて返さなければなりません。そこで消費者金融などは返済能力のある人だけに融資するのです。その能力はどこでわかるかというと、審査です。氏名、年齢、住まいの形態、勤め先、勤続年数など様々な項目を総合的に判断して、返済能力の有り無しを測るのです。

ここでキャッシングの増額に話を戻します。通常、新規の申し込みでは上限金額が低く設定されます。それはまだ実績がないため、返済能力があるかはっきりわからないからです。つまり、返済能力があると判断されれば増額してもらえる可能性が高まるのです。そのためにはどうしたらいいか、もうおわかりでしょう。借りては返すという実績を作ればいいのです。具体的には少なくとも半年は借りては返すという実績が欲しいところです。そうすれば消費者金融の方も、この人は返済能力があると判断、増額してもらえるかもしれないのです。
(⇒どんな消費者金融ならたくさん借りられるのか

ただし、半年実績を作れば必ずしも増額できるとは限りません。金額にもよるでしょうし、返済が滞っていたりすると悪い実績が残っているので審査には通りにくくなってしまいます。それではどうしたらいいのかというと、本当にあなたが返済能力のある信頼できる人という評価になったら、こちらから言わずとも企業から増額しませんかという案内が来るはずです。その時が狙い目です。相手から言ってきているのですから、通る可能性が高いのです。絶対に通るとは言えませんが、こちらから申し出るよりは可能性が高いのです。このようにキャッシング増額するなら、静かに機を待つのが一番なのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY