> > > キャッシングを再開するなら源泉徴収票などは必要か?

キャッシングを再開するなら源泉徴収票などは必要か?

キャッシングを再開するなら源泉徴収票などは必要か?

その昔キャッシングを使っていた業者があります。その業者を使わないようになったのは利用しなくてもいいくらいになっていたからなんで、もう休眠状態だったのは間違いありません。その間連絡などもほとんどなかったわけですが、訳あってもう一度利用させていただきたいなと思うようになりました。

そこで再開するときにはキャッシング業者に改めて源泉徴収票などの年収がわかるものを持っていったほうがいいのでしょうか。数年前からかなり収入も変わっていますし、その点を強調すれば枠を大きくしてもらえたりするのではないかと思っています。どうでしょうか。
(⇒年収と融資について考える

キャッシング業者に聞いてから源泉徴収票を提出しよう

今まで使っていた消費者金融をもう一度利用しようと改めて借入をする、ということですけれども再開をするときには確かにその時とは状況が変わっている人のほうが多いでしょう。であれば、やはり状況が変わっているということは説明した方がいいので、まずはキャッシング業者に連絡をして「年収証明などを提出したい」ということを話してから、源泉徴収票などを提出するといいと思います。

質問者の言うように、それによって源泉徴収票などを提出すれば、枠が大きくなったり有利な取引をすることが出来るようになったりするかと思います。そうなれば、借り入れをするのはかなり楽になるでしょう。金利が低くなったりすることもありますから、もし再開するときに年収が大幅に違っているであるとか、公務員になったというようなことがあればそれは必ず伝えるべきです。

ただし数年前から違っている点だけは気をつけたほうがいいのですが、実は法律改正によって多くの会社がなくなってしまいました。法律改正で過払い金を支払わないといけないであるとかたくさんの貸付をしてはいけないというようなルールが出来ました。そのため、それによって中小の業者だけではなく大手の業者まで倒産したのです。ですから使っていた業者がない可能性もあるのです。

その時には再開することは出来ま戦士、まずは自分が使っていた業者がどこに言っているのかを確かめないと借りることもできないでしょう。そうなってしまっている場合でわけがわからないというのであれば、もうそれは諦めてしまって他の業者から新規の借り入れをした方がいいかもしれません。信用はまた最初からですが今の時代、倒産した会社を追うのは難しいですから。

いろいろな事情から再開したいというのもわかりますが、数年前であればもう源泉徴収票を新しい業者に提出したほうが手っ取り早いかもしれませんね。

【参考ページ】
融資における収入証明方法

キャッシングを再開させるために源泉徴収票を求められた

キャッシングは他の借り入れなどがある場合に利用限度額がまだ余裕があっても利用が停止されることがあります。これは総量規制に抵触する可能性があるからです。

総量規制は主に消費者金融向けの現金の貸出制限です。法律で定められており、収入の3分の1を超える現金を貸してはならないと定められています。適用範囲は消費者金融が直接貸し出している現金、金融機関が消費者金融のサービスを代理でサービスしている場合、金融機関が消費者金融の保証を利用して貸し出している場合などです。特に金融機関が融資していると思っていたら、消費者金融が保証会社として入っていた場合にも総量規制の対称となるので注意が必要です。

総量規制があるため、各消費者金融や金融機関では貸出、返済の各情報を共有しており、リアルタイムに利用しています。そのため、別なカード会社でキャッシングした場合でも利用限度額にかかわらず利用が停止されるのです。キャッシングが利用停止になったとしても契約は残っていますので返済が行われれば再開となることが多いのですが、長い期間停止されたままだと再開時に所得の確認を行う消費者金融が多くなってきまいた。
(⇒融資審査ではこうした情報も細かくチェックします

また、利用期間にかかわらず利用額が多い方は1年毎に源泉徴収票や市町村が発行する所得証明書の提出を求められるようです。キャッシングの再開は自動的に行われることが多いですが、もし、他の借り入れが多く長い間キャッシングが出来ないようであれば源泉徴収票や所得証明が求められるかもしれないと考えておくと良いです。(参考ページはこちら→融資申し込みで必要な物とチェック

サービスが停止になるのは支払いが滞っている場合が多いですが、総量規制で停止となっている場合はペナルティとしてカウントされませんので返済を続けていればいずれ再開されますし、停止期間が長かったからといって他のローンの審査には影響しないのでその点は安心してよいですが、実際に総量規制に適用するほどお金を借りているという自覚は持っておくことをおすすめします。(参考ページはこちら→借り過ぎは予期せぬ事態を招きます

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY