> > > バイトが決まった後じゃないとキャッシングできませんか?

バイトが決まった後じゃないとキャッシングできませんか?

バイトが決まった後じゃないとキャッシングできませんか?

無職です。バイトの採用が決まったばかりです。キャッシングしたいのですが、勤め先があるのでできますか?(参考ページはこちら→内定のみで融資を受ける事は可能?

20歳以上で、安定した収入がある人がキャッシング申込み可能

カードローンやキャッシングの審査基準は会社によって違いますので、一概には言えませんが、大方どこも審査対象としてうたってあるのが、20歳以上で安定して継続的な収入がある人です。とはいえ、専業主婦も配偶者の収入があれば審査に通ったり、年金生活者や学生でもアルバイトをしていたりすればキャッシングできる時代です。あなたの場合、20歳以上で学生ではなく、無職から仕事が決まったばかりの状況でしょうか。

正社員でなくても確かにアルバイトでもキャッシングはできます。ただ借入限度額では、正社員の人と比べ低額になるでしょう。申込書にも書くように、審査の時に申込者の職業勤続年数、年収などの収入面をみていますので、アルバイトは安定継続した収入があるかという面では、返済能力が低いと見られがちです。借入額が少ないと、金利も高くなります。利息分もありますので、あなたの場合、次回給料日に返済し始めるのでは1ヶ月以上先ですね。キャッシングの支払いの仕方も一括払いいじゃいにもありますが、返済シュミレーションをしてみると計画がたてやすいですよ。

審査に時に、身分証明書は必要ですが、借入金額や会社によっては収入証明できる書類が必要です。例えば給与明細や源泉徴収証などです。まだ働き始めていなければないかもしれないですね。そして勤務先への在籍確認があるかもしれません。確認不要のところもあります。確認電話が来るのは、審査が進んで借り入れできそうなのかもしれませんよ。在籍確認の電話は銀行や消費者金融の名前でかかってくるのではなく、個人名でかかってきますので、他の人が電話に出てもキャッシングを申し込んでいることはわかりにくくなってます。

自分がどうしても電話に出たければ、自分のいる日時に電話をしてほしいことを、申込先企業に相談してみたらいかがでしょう。こういった確認電話も借り入れするために貸し手側の信用を得る方法の一つです。審査に通ればあとは、毎回の返済を遅延しないようにきれいに返済していくことです。毎回の返済が遅延もなくきちんとできていれば、借入限度額の増枠の案内の連絡があるかもしれません。そのほか審査時に信用を損ねないためには、申込書に虚偽を書かないことです。意図的ではなくても、記入ミスでも、事実と違うことが書かれていると信用を損ねますから、丁寧に作成しましょう。

バイト決まったらからキャッシングサービスを申し込む

キャッシングサービスは消費者金融特有のサービスでしたが、現在ではほとんどの金融機関でもサービスが行われています。また、これまで借りづらいと言われてきた方にも利用が広まっているのも特徴です。

キャッシングサービスが広く利用されるようになった理由は主に2点です。ひとつは職業による審査がなくなったこと、もうひとつは所得の審査が年収でも可能になったということです。

1つめの職業による審査についてはアルバイトやパートなど、不定期の仕事をしている方でも利用できるようになったのがポイントです。これまではサラリーマンなどのように定期収入がないとキャッシングサービスは利用できないと言われてきてました。しかし、審査方法を見直したことで職業による差別はなくなっており、無職でもバイト決まった方や年金生活者、主婦、学生など多くの方が利用できるようになりました。特にアルバイトやパートの方が利用できるようになったことで趣味や旅行など、これまで以上に自由な生活を送れると大変好評です。

2つ目の収入についてはサラリーマンなどの月収制ではない方は基本的にキャッシングサービスが利用できないことが多かったのですが、年収による審査に切り替わってきたこともあって利用できる方が一気に増えました。年収による審査もアルバイトやパートの方にとても有利になります。月収は不安定だが、年収で一定額あるという方がとても多いことや、複数の所得をまとめればかなりの所得だという方にも年収による審査は有利に働きます。
(⇒今現在の融資審査に関する年齢との関係

このようにキャッシングサービスは借りられなかった人たちに借りるチャンスが増えたと言えます。気をつけ無くてはならないポイントとしては、総量規制と呼ばれる法律での貸出制限があるということです。貸出制限は所得の3分の1を超える現金は貸してはならないという制限ですので、収入と借り入れの状況に合わせて借入希望額を設定すると審査がスムーズに行くと言われています

【参考ページ】
今現在の融資審査は緩くなっている?

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY