> > > レイクでのキャッシング可能な年齢上限は?

レイクでのキャッシング可能な年齢上限は?

レイクでのキャッシング可能な年齢上限は?

60代後半の男性です。年金生活者です。この度、母に介護が必要となり、同居する事にしました。母が暮らしやすいように、家をリフォームしたいと思います。そのための資金の一部を、借入したいと思っています。還暦を過ぎてしまっていますが、レイクでのキャッシングは出来るでしょうか?

レイクでのキャッシング可能な年齢の上限は、70歳です

満20歳以下70歳以上で、安定した収入のある方なら、利用する事が出来ます。レイクでは他の銀行や消費者金融に比べ、利用可能年齢の上限は高く設定されています。自営業・パート・アルバイト・専業主婦(夫)・学生の方でも、安定した収入があれば大丈夫です。勿論、収入が年金のみの場合でも、申込み可能です。100万円までなら身分証明書のみ、それを超える場合は収入証明書が必要になります。限度額は500万円です。申込みはインターネット、電話、自動契約機、郵送のいずれの方法でも可能です。

その他のレイクの特徴と言えば、初めて借入れる方は、全額が30日間無利息になるということでしょう。また、借入額のうち5万円は、180日間無利息になります。他の銀行や消費者金融ではあまり見られないお得な点と言えます。保証人や担保も必要ありません。新生フィナンシャル株式会社が保証してくれます。
(⇒期間限定の無利息サービスを使いこなす

返済はリボ払い形式で行います。残高スライドリボルディング方式と元利定額リボルディング方式です。どちらが良いかは、ご利用する方自身で選ぶ事が出来ます。通常のリボ払いでは、借入額が高額の場合、払われた返済金は、まずは利息分の支払いに充てられるため、元金はなかなか減らず、返済期間が長くなってしまいます。これらの返済法は、そんな事態に対応したものですので、安心して返済していただけます。

新生銀行カードローン、レイクキャッシング可能な年齢上限

いざという時あると便利なのがカードローンです。カードさえあれば、提携のATMやキャッシュディスペンサーなどから借り入れができるのです。そんなカードローン、今では色々な企業で取り扱われています。そんな一つが新生銀行カードローン、レイクです。こちらは銀行系のカードローンのため総量規制の対象外。そのため、高額な借り入れをしたい人におすすめの金融商品の1つです。そんなレイクですが、キャッシング可能な年齢上限はあるのでしょうか。
(⇒銀行系カードローンは色んな利点があります

もちろんあります。というのはレイクはボランティアでお金を貸しているわけではありません。貸したお金は利息とともに返してもらって、はじめて営業できるのです。そのためには、融資をするのはお金を返してくれそうな信頼性の高い人だけになります。返済能力の有無を測るのが審査なのですが、審査の前の申し込み条件によってまずは絞り込むのです。その条件に申込時の年齢が満20歳から65歳までとなっているのです。

下限があるのはわかりますが、なぜ65歳という上限があるのでしょうか。それは返済能力の有無に関係します。通常日本では60歳が定年退職です。今は65歳としている企業も増えていますが、まだまだ60歳が大半をしめます。つまり、60歳を過ぎると収入源がなくなるのです。また、それくらいの年齢になると、体にガタがきて病気やけがをしやすくなります。つまり、例え65歳で働いて定期的な収入があったとしても、病気やけがのリスクが若い人よりは高まるので、働けなくなり返済ができなくなる可能性が高いからなのです。

こういったことからキャッシング可能な年齢上限65歳と設定されているわけです。それでは65歳を過ぎて、キャッシングを利用したい場合はどうしたらいいのでしょうか。残念ながらレイクでは無理ですが、消費者金融の中では上限年齢を69歳としている企業もあります。そういった企業を探して審査に申し込んでみるといいでしょう。もしかすると審査に通ってキャッシングができるかもしれません。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY