> > > 年齢制限が高く高齢者でも使えるキャッシングって?

年齢制限が高く高齢者でも使えるキャッシングって?

年齢制限が高く高齢者でも使えるキャッシングって?

高齢者向けのキャッシングっていうのを見つけたいなと思っています。年齢制限が非常に厳しいところも多くて、たいていは60歳前後くらいで借りられなくなりますよね。キャッシングは結構いろいろな情報を見ましたけれども、70歳を超えて借りられるところなんてあるんでしょうか。

もっと年齢制限に寛容な所があればなと思っているんですが、年齢制限が厳しくないキャッシングってどこかにないでしょうか。あれば使いたいと思います。

キャッシングの中堅・中小業者なら年齢制限緩めだ

キャッシングで年齢制限が厳しいのはなぜなのかと言われると返済可能性の問題でと言われています。高齢者になればなるほど働いて返済することができないために、どうしても厳しくなりがちなのだそうです。若い人は体力があるので最悪返済できるだろうと考えられているとされています。実際に年齢制限緩めで高齢者でも使えるキャッシングとなると、やはり中堅・中小がいいかと思います。
(⇒融資に制限があるのは仕方ない事?

それこそ知っている人もあまりいない、CMもやっていないしホームページくらいしかないようなところを使うという方法は使えるでしょう。ほとんどの消費者金融や銀行系カードローンは、大手ならば60歳か65歳程度までに年齢制限はなっていると思います。ところが中堅や中小の業者の中には70歳まで、75歳まで果ては80歳未満まで貸出をするというところもあるのです。(参考ページはこちら→どんな会社からなら借りられるかを知ろう

もちろん返済をしてもらわないと困るわけですが、返済をしてもらうために年金の一部を担保に入れてもらうというようなところもあります。年金が入った時に自動的に返済に当てる、というようなことをするところもあるのです。こういった中堅業者や中小業者であれば、70歳を超えていても借り入れすることができるくらい年齢制限が緩くなっているところもあるのです。

厳しい業者もありますから、そこは避けて借り入れをすることになるかと思いますが、年齢制限が緩いということは何もボランティアで緩くしているわけではありません。年金からしっかりと金利を付けて返済してもらおうと考えているわけですし、最悪の場合は保険金であるとか息子・娘にまで払ってもらおうと考えている業者もたくさんいますので年齢制限が緩いところを利用するなら返済のことはより考えないといけません。

年齢制限がゆるいところを利用して、借入をすることができないかのように思えますが、キャッシング業者は何も大手だけではないのです。中小や中堅の業者にはまだまだ使えるところがあるのですから。

キャッシングを利用するには年齢制限がある

キャッシングは金融業者からお金を借りることができるサービスであるため、申し込んだ人に収入がなければ利用することはできません。そのため、年齢制限を設けている金融会社が非常に多いのです。

年齢制限として多いのが、20歳から65歳まで、というのが一般的です。しかし、キャッシング業者によっては70歳まで借り入れを行うことが可能な会社もありますし、未成年である18歳から利用できるという金融会社もあります。(参考ページはこちら→未成年の融資利用について

この年齢制限を設けている理由が、借入と返済が関係しています。基本的にキャッシングは、利用者の社会的な信用度と収入の有無を重視しています。お金を貸しても、契約人は返済日までに決められた金額をしっかりと返済できるか、という返済能力があるかどうかをみきわめなければなりません。そのため、20歳で成人してから65歳の定年まで働くことができているようになっている現在の日本では、この年齢層で働いている人に対してお金を貸しているのです。

しかし、近年では、年金の支給を開始する年齢を引き上げるなどの年金に関する問題が出てきています。定年を迎えても、定年後の再び働くことができる再雇用の制度も整いつつあります。定年後も若々しく働いたり、遊んでいる60代はたくさんいます。

このため、中にはキャッシングを利用できるように上限年齢を60歳以上に引き上げている金融業者も多くなっています。定年して65歳以上であっても、働いていたり、年金が支給されるのでキャッシングを利用しても支払ができる、借入と返済の実績がしっかりしていれば、借入を行うことが可能になっているケースも出てきています。

さらに、20歳未満であっても、アルバイトを長い間続けているなどの収入があれば利用できる、という金融会社もあります。この場合の利用には、保護者の同意書が必要です。

年齢制限は金融業者によって対応が異なるため、一概にどの金融業者であっても20歳から65歳までとなっていないのです。今後はさらに年金支給開始年齢が伸びることが予想されているため、さらに年齢制限は伸びる可能性もあります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY