> > > 電話確認なしでカードが届くキャッシングってありますか?

電話確認なしでカードが届くキャッシングってありますか?

電話確認なしでカードが届くキャッシングってありますか?

一回もキャッシングを使っていて電話確認なしでローンカードが家に届けられるというようなカードローンや消費者金融っていうのはあるんでしょうか。キャッシングを使うことはやりたいと思うのですが、電話確認をされるのは極力避けたいと思っています。家もそうですし、会社でもそうです。
(⇒連絡無しで使える融資なんてあるの?

そのような電話確認なしのキャッシングで今もカードローンを使っているという人がいれば、教えて欲しいです。どういう業者を使えばそうなるんでしょうか?

電話確認なしのキャッシングでカードを送る業者はない!

電話確認なしで借入をしたい、キャッシングを使いたいという気持はたしかに良くわかりますし、共感する人も多いんじゃないでしょうか。わざわざそのような電話確認なしのキャッシングというのを作って、カードまで送ってくれるような業者がいればいいのですが、残念ながら現実にはそういった業者はまず存在しないと思ってください。電話確認は絶対に何処かではやらないといけないのです

最近は在籍確認の時に電話を使わないというところが増えてきてはいますが、これは在籍確認の時に会社に連絡をしない、ということであって、別に全く電話を使わないというわけではありません。現にすべての業者ではこの在籍確認をする前には必ず本人確認の電話を携帯電話なり自宅の電話なりにして、本人が申し込みをしたかどうかの確認をした後に在籍確認の段階に入っているのです。

この本人確認というものがほぼ電話なしで借り入れすることはできない理由の一つなのです。本当に本人が申し込みをしているかどうかを確認できないということは、それだけでいたずらをされる可能性が高くなります。誰かが嫌いな人の名前で申し込みをして、その人に借金をかぶせるということだって考えられるのです。だからこそ、本人確認の電話をしっかりとしないといけないし、身分証なども必要になるのです。

もしそういったことが嫌だというならば、なしに出来る方法がないこともないでしょう。中堅どころの業者の中には、電話でもダメで出来るだけ対面してから出ないと貸出をしないというところもあります。こういうところならば対面をしてその人が申し込みをするかどうかを確認していますから、あえて電話確認をすることはありません。

今はネットからの申し込みがほとんどですから、対面での借り入れをする以外には電話確認なしでキャッシングすることは難しいと思ってください。そんなに長い間話すわけでもないですし、心配しすぎなくても大丈夫ですよ。

電話確認なしでキャッシングしたい時はクレジットカードを利用

キャッシングをする時は、必ず勤務先に在籍確認のための電話が入ります。これを避けたいと思う人は多いのですが、電話確認をせずに借り入れすることは難しく、直談判が必要です。電話がかかってくることを考えると気が重くなったり、いつかかってくるのかとそわそわしてしまうこともありますので、できれば避ける方法を模索したいものです。

既にクレジットカードを持っている人は、キャッシング枠が使えるかもしれません。クレジットカードなら、電話確認なしでお金を引き出すことができます。クレジットカードにはあらかじめ利用限度額が設定されており、上限はショッピング枠とキャッシング枠を合算した額になります。限度額近くまでショッピングをしてしまったという人は借り入れすることができませが、まだ余裕があるなら利用できます。引き出す際には自分の貯金を下ろすようにATMを利用しますので、借り入れしているという感覚が薄くなりがちです。その点は注意が必要です。
(⇒クレジットカードから借りられる主な会社

大手銀行の中には、口座を持っていればWeb完結型の申し込みによって電話確認なしで手続きを済ませることができるところもあります。金利が安く、限度額が高いのが大きな特徴です。大手銀行を介しているということで、安心感もあります。今後借り入れする予定があるという場合には、前もって口座を作っておくというのも一つの方法です。(参考ページはこちら→普段使っている銀行から借りるのも賢い選択?

その他、電話確認なしを前面に出して宣伝している大手の消費者金融もあります。大手の消費者金融は健全な経営の方向に流れていますので、信頼度においては問題ありません。銀行系と比べると金利はやや高めですが、万が一銀行系が利用できない場合には、その次の選択肢として覚えておきたい方法です。

キャッシングの際の電話確認には、多くの人が不安やストレスを感じます。自分なりに色々と調べてみて、精神的な負担の少ない方法にすることも大切です。返済に関するシミュレーションをしておくことも忘れてはいけません。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY