> > > 消費者金融でキャッシング出来る年齢の上限は?

消費者金融でキャッシング出来る年齢の上限は?

消費者金融でキャッシング出来る年齢の上限は?

消費者金融でキャッシング出来る年齢の上限はいくつ位なのでしょうか?というのも、時々使っている会社の上限が60歳までだと知りました。私は、55歳なのであと5年ほどあるにはあるのですが、今までの生活を考えると、5年なんてあっという間なような気がします。

そこで疑問なのですが、いくつくらいまで、消費者金融に頼ることが出来るのでしょうか?定年で退職した後も、ちまちまと稼ぎ続けていけたらいいとは思っていますが。生きている間中、稼ぎ続けていられるとは思えないので…。実際問題、いくつくらいまで、キャッシングは使えるのでしょうか?
(⇒仕事があるうちは融資を受ける事はできる?

稼ぎ続けている限り、お金を借りることは出来るわよ

キャッシングを使うならば、あなたが稼いでいるのがまず第一条件よ。お金を借りようと思うという事は、返せるというのが、会社にとってもとても大切な事なのね。それでも年齢の上限が引っ掛かってしまったならば、見事にお断りを食らうわ。

もちろん、審査に通るコツは、若い世代とさほど変わりはないわ。他社借り入れがない、あるいは有っても少ないこと。そして、今まで返し遅れなどを起こしていない事ね。あとは、安定した収入があること。安定した収入=年金だと断られてしまう事もあるわ。(参考ページはこちら→融資審査に落ちるのは理に適っている?

以上の点を満たした上で、シニア世代は年齢に気を付ける必要があるわ。一度申し込むと、借金を申し込んだという履歴が残って、不利になってしまう事もあり得るし、年齢がギリギリだと、新しい申し込みは出来ないところもあるから、申し込む際には一度、お問い合わせした方が良いわよ。

シニア世代の人たちには、シニア向けと謳っている商品を使っていただく形が、審査に通りやすくて安心だと思うわ。銀行や信用金庫では、シニアローンという商品を扱っているから、そういう商品を使ってみるというのもいいと思うわ。でも、さすがに稼いでいるとしても、75歳くらいまでとなっているのが殆どだから、気を付ける必要なあるかもしれないわ。

あと、1ヶ所の消費者金融では79歳までお金を貸してくれる会社もあるみたいだけれども。その他の会社も、70歳くらいまでならば貸してくれる会社もあるから、探してみるといいわ。ただ、大手だと言われている所は、残念ながら全て60代よ。

つまるところ、もし借金生活を続けるならば、70代までだという事ね。80代まで、充実した人生を送りたいと願うならば、無借金で生きていく術を身に付ける必要があるわね。

これだけ知っておくと便利な消費者金融のキャッシング年齢上限

高齢者になると、病気になることも多いので、入院費や治療費など、たくさん費用が必要になってしまいます。家も古くなってくると、壊れてくることが多いので、リフォームの費用などで、まとまったお金が必要になります。しかし、高齢者になると収入がないので、まとまったお金が用意できないことも多いです

日ごろからしっかり蓄えをしていれば問題ないですが、あまり蓄えをしていないという人は、親戚などからお金を借りるしかありません。親戚などにお金を借りるのがイヤだという人は、金融機関からキャッシングするのがいいでしょう。金融機関からキャッシングできるカードを一枚持っているだけで、いざという時も安心できます。

キャッシングの申し込みは、安定した収入があれば、主婦やアルバイトでも申し込めますが、年齢制限があるので、気をつけなければいけません。金融機関によっては、年齢上限が違ってくるので、しっかり確かめてから申し込むようにしましょう。金融機関の中でも銀行の年齢上限は65歳までという所が多く、消費者金融の年齢上限は69歳までという所が多いです。

どうして年齢上限を設けているかというと、高齢になると病気になったり怪我をする危険性がとても高くなり、お金を貸したまま死んでしまうと、金融機関側としたら回収できなくなり、大きな損失を負うことになるからです。高齢者になると年収も現役で働いていた頃に比べ、かなり低くなるので返済能力についても不安になります。

高齢者の人は、年金受給者が多いですが、年金を安定した収入とみなして、キャッシングできる金融機関もありますが、年金だけではお金を貸してくれない業者もあり、そういう業者では年金の他に収入があることが条件になります。、年金受給者は、50万円までなど制限を設けている所もあるので、あらかじめ確認してから申し込むようにしましょう。銀行よりも比較的年齢上限の高い消費者金融の方が、高齢者はキャッシングしやすいです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY