> > > 年収によるキャッシング金額の上限の差はどのくらい?

年収によるキャッシング金額の上限の差はどのくらい?

年収によるキャッシング金額の上限の差はどのくらい?

生活費の足しにキャッシングをしようと思っています。調べてみるとかなりいろいろなところがキャッシングでお金を貸しているようですが、キャッシングしている会社によって上限金額は違ってきますか?

聞いたところによると年収でキャッシングの上限は決まっているそうですが、これはどこのキャッシングでも同じでしょうか?年収によるキャッシング金額はどれくらいなのか、そしてキャッシングする会社によって金額はどのくらい差があるのか、教えてほしいです。
(⇒融資で借りられる額はどう決まる?

「上限金額」と言ってもいろいろなものがあります

まずは、ご質問にもあったとおり、年収によってキャッシングでお金を借りることができる上限金額というものはあります。これは年収の三分の一。しかしこれはあくまでも消費者金融業者や信販会社からお金を借りた場合の合計の金額の最終的な上限であって、申込みをして最初で必ず借りることのできる金額というわけではありません。

また、この上限金額は銀行からの借り入れには適用されません。銀行のカードローンなどを利用してキャッシングを受ける場合には特に上限の定めは無いということになります。しかし、銀行からのキャッシングでも今は多くが消費者金融業者が保証していることを考えると、現実的には年収の三分の一という金額が目安になっていることは間違いないでしょう。
(⇒たくさんお金を借りたい場合におすすめの業者

注意しなければならないのはこの上限金額はあくまでも借り入れの合計金額の上限だということです。例えば、いくら年収の三分の一の金額が100万円だとしても、最初の申込みで確実に100万円の上限金額が設定されるというわけではありません。もちろん、上限金額が設定されることもありますが、あくまでもこれは目安と思っておいたほうが良いでしょう。

できるだけ大きな金額を借りたいのであれば、やはり年収を多くするのが最も確実な手段と言えます。あとは、自分の上限を把握したうえでその上限金額を申し込んでみるのが良いでしょう。特に年収の証明を必要とする金額を借りる時には正確な数字が重要になります。例えば、年収の証明書が299万円になっているのに「年収300万円」と記入し、100万円を借りようとしても借りることはできないでしょう。

申込書に記入する年収の金額は、書類と全く同額で記入するか、少なめに記入するか、です。間違っても多めに記入してはいけません。ましてや多めに記入して借入金額を増やそうとする行為はもってのほかであると思っておきましょう。せっかく年収が高かったとしても、ここで記入を間違えば借りれないということは無いにしても書類の修正など面倒な作業が必要になることもあります。

いくらまで借りれるの?年収によるキャッシング金額

キャッシングはお金が足りない時にはとても便利なものですよね。しかし、ご自分がいくらお金を借りれるのか、ということはあらかじめ把握しておく必要があります。というのは、消費者金融の場合には総量規制という法律が適用されるため、年収によるキャッシング金額の法的な制限があるのです。

総量規制とは借金の上限額を年収の3分の1以下に制限されるという法律です。ですから、専業主婦のようにもともと収入がない方はご自分名義でお金を借りることはできませんし、アルバイト収入、パート収入などがある方においてもその年収の3分の1以下の金額までしか借りることはできません。年収600万円の人なら200万円まで、年収100万円の人であれば33万円程度が限度ということになります。

消費者金融の場合には総量規制が適用されるので年収制限がありますが、では、それ以上にお金を借りたい場合や専業主婦のように収入のない方がお金を借りたい場合には、どうすればいいのでしょうか。そのためには、総量規制の対象外のキャッシングを利用するのが賢い方法です。

総量規制の対象外のキャッシングには、銀行系カードローンがあります。銀行によっては専業主婦への貸付を行っていない場合もありますが、専業主婦でも利用できるものもありますので、こちらがお勧めです。総量規制が適用されないわけですから、もちろん審査に通れば年収の3分の1以上のお金を借りることも可能になります。

また、銀行系カードローンの場合は金利も低めの設定になっているので、この点もおすすめです。ただし、審査については若干時間がかかる商品もありますので、この点には注意してください。即日融資を受けたい場合には、銀行内に設置されている専用ATMを利用するのが最も確実な方法です。これであれば、申し込み、審査、契約で1時間程度、契約が完了すればローンカードがその場で発行されるので、すぐにキャッシングの利用を開始できます。このような方法もありますので、是非ご検討ください。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY